根の精密検査

地味だけれど大事な「根」

歯の治療というと、被せ物など見た目に目が向きがちですが、土台となる「根」は、地味ですがとても大事なところです。
歯の根、神経ともいいますが、神経は生きている組織です。神経があればそこには血がめぐっているので歯にも栄養が届き、歯が丈夫に保たれます。神経をとるということは、生きている組織がなくなることなので、できれば取らないほうがいい。根っこがなくなったら木が枯れてしまうのと同じで、神経を抜いた歯はカラカラになって弱ってしまいます。だから、できれば神経は取らないほうがいいと言われるのです。

ただ、どうしても神経の治療が必要になることはあります。小さい虫歯なら悪いところを削って詰める治療になります。虫歯で悪くなったところが神経まで達している場合に、根の治療が必要になります。根の治療というのは、具体的には、細い器具を根の中に入れて、虫歯菌に感染した神経、難しい言葉では歯髄と呼びます、その歯髄を取り除いていきます。
それですっかりきれいになったところで歯髄の代わりになる薬を詰めます。

根の治療が難しい理由

じつは根の治療というのは、専門にしている先生もいるくらいで奥が深いです。まず肉眼では見えないですし、根は1本まっすぐに生えているわけではなく、曲がっていたり、歯によって2つ、3つに分岐していたりするんです。歯の形によって攻略法も異なるので、顕微鏡で見ながら、かなり集中して行います。
ちなみに、保険診療だと時間の関係上どうしてもちょこちょこ数回かかってしまいがちです。そこで永井歯科では自由診療でじっくり時間をかけて、1日でやり切って欲しいという方が多いです。

お口の中にはいろいろな雑菌がいます。治療を何回かに分けると、治療と治療の間を仮の詰物で過ごすことになり、そこで雑菌が入りやすくなります。ですのでまとめて時間をとって、徹底して治したほうがいいのです。もちろん、できれば最初から虫歯にならないのが一番です。でも、虫歯になってしまって、根の治療が必要なら、それはやるしかないので、やるなら徹底的に、最善のことをしたいと思います。根の治療をしっかりしていれば、長期的に安心ですし、ご自分の歯をできるだけ長く残せます。

根の治療を大事にする理由

根の治療をしたところが悪くなってしまった、というご相談もあります。根の治療をやり直してよくなることもありますが、残念ながら抜歯になってしまうケースもあります。
根の治療はとても重要な治療です。もちろんどんな治療も大事なのですが、根の治療はとくに、失敗すると次に来るのは抜歯、歯を失うことにつながります。ですからとても重視しています。

ちなみに、レントゲンには根の治療をしたところがハッキリ写るので「あ、この歯はすごくきれいに根の治療をされているな」など、よく見入ってしまいます。
パッと見て明らかに違います。うまくいくと、シュッとした、力強いきれいな線になります。昔の、うまくいかなかったときの治療例は、比べるとヒョロヒョロと頼りなく見えます。

白い部分が根の治療をしたところ。うまくいった根の治療は、このように力強いきれいな線になります。

さて、根の治療は1日で一気にやり切るほかにも、いくつかポイントがあります。
まず大事なのは顕微鏡を使うことです。顕微鏡で細部まで見て、悪くなっている部分を残さずとることが大事になります。すごく細かいところなので顕微鏡がないと見えないんです。また、治療中に唾液の中の細菌が入らないように、防湿といって、治療する歯だけをゴムのシートで遮断することも重要です。ラバーダムといいますが、たとえるなら、床屋さんでケープをかぶって、頭だけ出しますよね。それと同じように、治療する歯だけをシートから出すんです。そうやって徹底的に、雑菌が入るのを防ぎます。

こうした治療は自由診療になりますが、根の治療の重要性をお伝えすると、自由診療を選ぶ方が多いです。たとえば前歯の被せものは、やっぱり見た目が気になるので自由診療を選ぶ方が多いですよね。根の治療は見えない部分なので、一見、重要度が低いように感じられるかもしれません。しかし、この先もご自分の歯が残せるかどうかが掛かっていますので、適切な治療を行っていただければと思います。


・顕微鏡やラバーダムを使った根の治療は、自由診療になります。
・再治療の場合は、1回ではなく2回の治療が必要です。

■費用(税別):
初回治療の場合、前歯5万円 小臼歯7万円 大臼歯9万円
再治療の場合、 前歯7万円 小臼歯9万円 大臼歯11万円

■リスクと副作用
根管治療をした歯は、根管治療をしていない歯に比べて割れるリスクが高くなります。条件的に破折リスク、再発リスクの高い歯の根管治療はお勧めできません。
根管治療後、経過が思わしくない場合、外科的な治療(外科的歯内療法)を行うことがあります。