見えない矯正

矯正=歯を並べることではない

矯正装置を装着したところ

矯正の目的は、歯を並べることではありません。矯正の目的は、歯が正しい機能を果たせる状態にすることです。大切なのは「きちんと噛める歯並びにすること」。歯を並べただけでは正しい咬み合わせにすることはできません。
永井歯科の矯正治療では、咬合器に患者さんの歯の模型をつけて、正しい咬み合わせを徹底的に追求します。矯正治療では歯を動かせる精度には限りがあります。矯正での限界を咬み合わせの調整や、修復物によってより細かな何十ミクロンの単位で調整しています。

咬み合わせは非常に重要です。噛む機能に関しても重要ですし、全身の健康にも関わります。なんでも噛める人と比べて、あまり噛めない人は認知症発症のリスクが1.5倍になるというデータや、転倒リスクが高くなるというデータもあります。

ところが、正しい咬み合わせでない方は非常に多いです。
正しい咬み合わせの条件は、歯が奥歯まで揃っていて、上下の調和がとれていること。奥歯が前歯を守るといった、それぞれの歯が本来の役割を発揮していることも大事です。
歯は1本1本それぞれ役割が違います。前歯は物をかみ切るときに使いますが、力はあまり強くありません。一方、奥歯は食いしばると60㎏もの力がかかると言われています。奥歯が常に当たっている状態だと、つねに強い力がかかることになり、さまざまな不具合が生じます。たとえば、歯がグラグラしてきて、抜けてしまう方もいます。お顔、とくに口元がゆがんでしまう方もいらっしゃいます。咬み合わせの不具合によって、頭痛、肩こりなど体の他の部分に影響が出る方も多いです。
そのため、永井歯科では、治療を始めるにあたって、まず咬み合わせを丁寧に確認します。咬み合わせに問題があった場合はもちろん調整を行います。歯を少し盛ったり、削ったりすることもありますし、矯正をご提案することも多いです。

大人も抵抗なくできる、見えない矯正

当院では、40代、50代以上の方が矯正治療を決断されるケースが多いです。
従来のワイヤーによる矯正に抵抗がある方でも、「これならできる」と選ばれるのが、透明なマウスピースを使った矯正です。
透明で目立ちにくいので、ほとんど気づかれずに矯正ができます。また、取り外しができるのでお手入れもしやすいです。

永井歯科の矯正ではワイヤーは使いません

「見えない矯正」の治療は3Dの治療計画を立てることから始まります。治療計画をもとにマウスピースを作成し、毎日、できるだけ長時間、装着していただきます。数週間に1度通院し、経過を確認しながら、新しいマウスピースに変えていきます。

※自由診療です。

■費用
・部分の矯正35万円(税別)から
・全体の矯正95万円(税別)から
お口の状態に合わせてご提案します

■リスクと副作用
歯根の吸収が起こることがあります。食事習慣が頻回であったり清掃を怠ると虫歯ができることがあります。