抜歯即時インプラント

治療はスピードも大事

歯が抜けてしまった方を、また噛めるようにする方法として、インプラントはとても良い治療法です。自分の歯のように噛むことができ、入れ歯のように取り外す必要もありません。
ただ、従来のインプラントには欠点もありました。そのひとつは治療期間が長くかかることです(当院比)。

従来のインプラント治療では、歯を抜いたら、抜いたところが治るまで3カ月から半年ほど待って手術をします。さらにインプラントと歯がくっつくのに2~3カ月かかります。つまり抜歯してから歯が入るまでに、半年から1年近く待たなくてはならないケースが多いのです。歯がない状態で過ごす期間が長いですよね。
また、人によっては「顎の骨の厚みが足りないから、インプラント手術の前に、まず骨を作る手術が必要」と言われるケースもあるようです。そうなると治療期間はさらに伸びてしまいます。

そうした負担を減らせるのが「抜歯即時インプラント」です。
「抜歯即時インプラント」は、手術したその日に仮歯を入れることができる治療法です。
言葉どおり、歯を抜いたその日にインプラントを入れます。
歯を抜いたところが治る期間と、インプラントを入れて骨とくっつくまでの期間とをまとめてしまうことで、時間を短縮できるのです。

歯を抜いて、半年たってからインプラントを入れる場合、インプラントを入れるために改めてメスを入れる必要があります。抜歯即時インプラントなら、歯を抜いたら、その穴にそのままインプラントを埋めることができます。埋めるというより、もっと簡単に「置いてくる」ようなイメージです。
「抜歯即時インプラント」は、ケースにもよりますが、全治療が3か月ほどで終わります。体への負担が比較的軽いインプラント治療になります。
抜歯とインプラント埋入が同じ日にできるので、ドキドキする日も1日ですみます。

歯を抜いたその場で、インプラントと仮歯まで入れてお帰りになれるので、遠方の患者さんもいらっしゃいます。この方法ならインプラントにしたい、と決断される方は多いです。

インプラントを諦めていた方にも

「抜歯即時インプラント」は、顎の骨が薄く、従来型のインプラントが難しいと言われた方に応用することもできます。抜歯即時インプラントでは、インプラントを埋め込むときに、同時に骨を作る処置をすることができるのです。
骨が薄いからインプラントは難しい、インプラント手術とは別に骨を作るための手術もしなきゃだめと言われた方が、抜歯即時インプラントだったら問題なく、しかも早くできるケースは多いです。そもそも、歯を抜くと、それを支えていた骨は12週間で吸収されます。

抜歯即時インプラントでは、将来歯が吸収するであろう場所にインプラントを位置付けると同時に、骨が完全には吸収しないように働く骨材料をインプラントと抜歯した穴との間に敷き詰めます。ですから本来は、歯を抜いたら早く、できればその日にインプラントを入れたほうがいいのです。
骨や噛み合わせなど患者さんの状態にも条件がありますし、技術的にも難易度は高いのでまだまだ普及していないのですが、当院ではこの方法をメインに行っています。
1回の手術ですむので、ご高齢の方や、持病があるなど体力に不安のある方にも選んでいただいています。

※自由診療です。

■費用:1本45万円(税別)~

■リスクと副作用
抜歯即時埋入は多くの症例で出来ますが、即日の仮歯は条件により出来ないことがあります。条件とは骨の質(特に柔らかさ)と咬み合わせです。