はずせるブリッジ

歯を失ったときの選択肢

歯を失ってしまったときの選択肢は、大きく分けて、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。さらに入れ歯やブリッジは、保険診療と自由診療に分かれます。
選択肢が複数あって、迷う方も多いと思います。しかし、当院の考え方はシンプルです。どうしたらその方がちゃんと噛めるようになって、将来も噛める状態が続くか。とにかくそこを第一に考えます。

患者さんによって、おすすめする治療法は変わります。たとえば歯だけ見たらインプラントがよくても、その方の生活、健康状態などを考慮し、あえて入れ歯やブリッジを採用することもあります。患者さんのご希望も伺いながら、最善の方法を考えます。
そのためにたくさん選択肢をご用意しています。そのひとつが「はずせるブリッジ」です。
症例数は決して多くありませんが、患者さんの状況によって、この選択肢があってよかった、と思う治療法です。

はずせるブリッジ「AGCブリッジ」。

はずせるブリッジとは

わかりやすいよう「はずせるブリッジ」とご紹介していますが、正式にはAGCブリッジといいます。インプラントを利用した治療法です。通常のインプラント治療では、インプラントを歯の土台としてそこに接着剤やネジで固定します。AGCブリッジは、インプラントを土台とするところまでは同じですが、接着剤やネジではなく、茶筒型の装置をはめることで歯を固定します。しっかり固定されるので、普段、食べたり喋ったりしていて外れる心配はありませんが、歯医者さんに行かなくても、専用の器具を使って歯を外すことができます。
インプラントにしたいけれど、外せないのは困る、という方に選ばれる治療法です。将来、介護生活になったとき、介助者の方に外してケアしてもらえるのも、この治療法の利点です。

上がAGCブリッジ
治療後。 前歯の位置と方向、見せ方は徹底してこだわっている
右はAGCブリッジを外したところ
治療後

※自由診療です。

■費用:300万円(税別)~

■リスクと副作用
インプラントですので外来での手術が必要です。一般的な外科治療の偶発症のリスクがあります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こります。