ドクターブログ

Dawson academy Japan 2018 core5

2018年06月29日 (金)

のまきたパーク歯科の院長山本、永井歯科の西海が、6月もMAXIS Inplant institute主催のDawson academy Japanセミナーを受講してきました。

5か月間に及ぶこのセミナーも、今回を含め、あと2回となりました。

はじめは、理解するにも難解で、見よう見まねであったセミナーも、回を追うごとに理解が深まり、苦手な英語も、不思議なもので、なんとなく聞き取れるようになっていきます。

今回のセミナー内容は、Dr.Glenn Dupontによる「咬合調整」についてでした。

実際に講師のDrが治療された患者の模型を、咬合器上で調整していきます。

長く口腔内の健康を維持していく為には「安定した顎関節と咬合」が不可欠です。

咬合調整は、上下の歯で、有害な接触をしている部分を、少し調整するのみで咬合安定を得られる方法です。咬合調整のみで安定を得られるケースは限られますが、最小限の切削で最大限の効果が得られる手法だと思われます。

今回受講したことを臨床で生かし、患者さまの一生涯のプラスになる治療を追求していきたいと思います。

永井歯科・矯正歯科 歯科医師西海

ドーソンセミナーの講義

2018年06月26日 (火)

今日の永井塾は、ドーソンセミナーの講義でした。その後、実践しました。
西海先生の顎と格闘する私。。。

あまり力は要らないと言ってましたが、私は思っているよりも力がいるなぁと思いました。力のかけ方が違うのかな??これからも要練習です。早くCRバイトがとれるようになって、的確な分析と診断が出来るようになりたいです。
次回はCRバイトを元に咬合調整をしていきます。次回も楽しみです。

永井歯科・矯正歯科 歯科医師岡谷

大阪大学歯学部同窓会若手支援復帰セミナー

2018年06月18日 (月)

今日は大阪大学歯学部同窓会若手支援復帰セミナーに参加してきました。
個々にこのようなマイボックスが与えられました。

全6回あるうちの1回目は、CR充填でした。

普段の診療でもCR充填をする機会は多いのですが、今まで使ったことない、見たこともない器具を使って充填しました。より精度の高い充填を行うには、器具の使い分けが大切なのだと思いました。
これからメタルフリーの需要が高まり、ますますCRの用途は広がると思うので、精度の高い充填が出来るようになりたいと思いました。

永井歯科医院 歯科医師岡谷

ドクター勉強会 ~エンド~

2018年06月5日 (火)

今日の勉強会はエンドでした。エンドはすんなりいくときと、なかなかうまくいかない時があります。根の形態を解剖学に理解するだけではなく、手指の感覚も重要で、本当に奥が深いです。これからも勉強と練習を繰り返し、診療の精度を高めていこうと思いました。

永井歯科医院 歯科医師岡谷

歯周内科治療ベーシックセミナーに参加してきました!

2018年06月4日 (月)

こんにちは。のまきたパーク歯科の宮脇です。
先月27日(日)に新大阪丸ビル別館にて開催された歯周内科治療ベーシックセミナーに参加してきました。

歯周病は現在虫歯を抑えて歯を失う原因の1位になっており、一度罹患すると完治することは難しい感染症です。
歯周病を起こす菌に対してヒトの免疫反応が働くことによって起きるので、細菌か免疫反応に働きかけて治す方法が研究されてきました。
その中で歯周内科治療は、薬で菌を減らすことによって歯周病を治療する近年開発された治療方法です。

実際の歯周内科治療は、
①PCR検査(最近のDNA検査)で歯周病菌の種類と量調べる
②検出された菌に対して効果を発揮する薬剤を内服
③一度に歯垢歯石を除去(onestage full mouth disinfection)
④その結果どの種類の菌がどれだけ減ったかをPCR検査で確認

ブロックごとに回数を分けたり、抗生剤を使わない従来の歯周治療よりも、効果が出易く、しかも効果が持続される特徴があります。

セミナーを受けて、歯周内科治療についてさらに学び、今後当法人でも積極的に取り入れて患者様によい良い治療を提供できたらと思います!

のまきたパーク歯科 歯科医師宮脇