もしかしてその体の不調は噛み合わせが原因かも・・

2018年11月5日 (月)
体の不調がなかなか良くならない、という場合、その原因が噛み合わせから来ていることがあります。普通に問題なく食事もできているし、噛み合わせなんて問題ないだろう、と思う方もいるかもしれませんが、実は全く無関係でないとは言い切れないのです。また、噛み合わせというものは不変ではなく、歳をとるにつれ変わってくることもあるため、現在噛み合わせに問題がない、という人でも無関係な話ではありません。今回は、噛み合わせが原因で起こりうる症状や体の不調について見ていきましょう。

歯の並びが一見良くても噛み合わせがいいとは限らない

歯の並びが一見良くても噛み合わせがいいとは限らない

歯並びと噛み合わせというのは混同されることがありますが、違うものです。歯並びが良いという場合、それは単にきれいに並んでいるという状態です。きれいに並んでいても上下の噛み合わせが良くないことというのはあります。噛み合わせというのは上下の歯を合わせた際に接触する状態のことを言い、噛む時に使う筋肉や顎関節に異常な負担がかからず、全体でバランスよく噛める状態であれば、良い噛み合わせであると言われます。

歯並びというのは自分でもある程度いいのかどうか、というのは見た目でわかりますが、普段自分の噛み合わせがいいかどうか、意識する人は少ないと思います。歯並びが悪ければ、見た目を気にして矯正治療を受けよう、と思う人も多いですが、噛み合わせに関しては、自分ではよくわかりにくいというのもあり、噛み合わせが悪くても放置されがちです。しかし、噛み合わせが良くないと、顎の筋肉や顎関節に負担がかかって、それが全身に影響を及ぼす場合もあるのです。

噛み合わせが悪いと起こりうる症状・体の不調

噛み合わせが悪い場合に起こりうる症状や体の不調としては、次のようなものが挙げられます。

■虫歯

歯の並び、噛み合わせが悪いと、歯ブラシで磨きにくい部分が出てきてしまい、その部分から虫歯にかかりやすくなります。また、噛む力が集中する歯に細かい亀裂が入り、その部分から虫歯の細菌が内部に入り込みやすくなります。

■歯周病

歯ブラシが当たりにくい部分から歯周病が起こりやすくなります。また、噛み合わせが悪く、噛み合わせの力が異常な状態でかかり続けると、その部分の歯周病が進行しやすくなります。

■口臭

歯並びが悪く、歯ブラシが当たりにくいところは、汚れが溜まりっぱなしとなり、その部分から口臭が発生します。また、虫歯や歯周病にもかかりやすくなるのと、噛み合わせが悪く口が閉じられない場合には特に、口が乾いて口臭が発生しやすくなります。

■歯の破折

噛み合わせが集中してかかる歯があると、その歯が欠けたり、割れてしまうことがあります。最悪、抜歯になることもあります。

■顎関節症

噛み合わせが悪いと、顎の筋肉や関節に異常な力がかかったり、アンバランスになることにより、顎の周囲が痛くなったり、口が開きづらくなる「顎関節症(がくかんせつしょう)」を引き起こすリスクが高くなります。

■頭痛、肩こり、首の痛み

噛み合わせが悪く、顎の筋肉が緊張しすぎてしまうと、それとつながる周囲の筋肉にもその影響が及び、慢性的な頭痛や肩こり、首の痛みとなることがあります。

■腰痛

噛む筋肉の不調和から周囲の筋肉にもその影響が及び、そのバランスの悪さを補正しようと腰の歪みにもつながって腰痛を起こすことがあります。

■いびき・睡眠時無呼吸症候群

歯並び、噛み合わせの悪さから、舌が喉の方に落ち込んでしまう「低位舌」の状態となり、眠っている間にいびきをかいたり、ひどい場合には睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあります。それが原因でなかなか疲れが取れない場合もありますし、大きな病気につながることもあります。

■耳鳴り、めまい、目のかすみ・・など

噛み合わせの悪さは自律神経の乱れにもつながり、耳鳴りやめまい、目のかすみ、生理不順などを起こすことがあるとも言われています。

■精神的な影響

噛み合わせが悪いと、口の中が窮屈に感じたり、体の不調を感じやすいことで精神的にもイライラしやすくなることがあります。

噛み合わせはだんだんと変わってくる

噛み合わせはだんだんと変わってくる

噛み合わせは永久歯が生えそろった時点で決まると思われがちですが、実は不変のもので、一旦歯が並んだ後も変化し続けます。歯並びを悪くしてしまう原因になるものとして、歯ぎしり、虫歯を放置する、治療途中で放置する、歯を抜いた後に放置する、片方だけで噛む、頬杖、歯周病、というような様々なものが挙げられます。そのため、現在噛み合わせが良い人でも油断しないようにしましょう。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪い、という人は正しく噛むということができず、放置しておくことで様々な不快症状が出てくる可能性があるため、可能であればできるだけ早いうちに矯正治療を受けておくことをおすすめします。

もしすでに、先ほど挙げたような体の不調があってなかなか治らない、というような場合、ひょっとするとそれは噛み合わせの悪さから来ている場合も考えられます。心当たりのある人は一度歯科で噛み合わせを診てもらうと良いでしょう。