40~50代で初めて入れ歯を作る場合、気を付けた方がいいことは

「歯を失うと食事の楽しみが半減する」と皆さん後悔されています。

歯を失って何らかの入れ歯を使わざるおえない状況にも関わらず、入れ歯について詳しく知っている人は少ないのです。合わない入れ歯は生活の質を左右します。

初めて入れ歯を作るとき、大きく分かれるのは費用をかけるか、かけないかだと思います。

入れ歯は、健康保険のきく安価なものから、自由診療の少し高価なものまで幅広くいろいろとあります。

 
(さらに…)

まわりの人に入れ歯であることをバレたくないのですが 見た目が目立たない入れ歯はありますか?

 

永井歯科で行っている「ドイツ式入れ歯」はまさに見た目が目立たない、入れ歯だと気づかれにくい入れ歯です。

人は自分の歯を失った時、入れ歯またはインプラントを選択肢にします。

入れ歯によって噛めなかった歯が、噛めるようになった。

食事が楽しくなった。人前で思いっきり笑えた。滑舌が良くなった。

治療後は多くの喜びの声があります。

 

ではなぜ入れ歯だとバレたくないのでしょうか?

入れ歯=年齢を感じさせるものだからでしょうか。

(さらに…)

部分入れ歯を支えている自分の歯が揺れてくるのはなぜですか?

 

このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。

せっかく治療して快適に過ごしていた歯が、日に日にダメになっていき、また作り直しになるなんて。

そんなのもう嫌ですよね。ではなぜなのでしょうか。

永井歯科で実際に健康保険の入れ歯を装着して6年後の変化

  (さらに…)