83歳女性Cさんは、詰め物・被せものの歯がよく外れる生活を送っていました。
食事の際も食べることに集中できず、食事をきちんととることが出来ていません。

「右下が取れて、取れて、取れて、とにかく取れないようにしたい」

Cさんの切なる思いがありました。

※治療後。奥歯に歯が入り全体の咬み合わせが良くなりました。

当時通院されていた歯科医院が都合で休診中となっていたため、
知り合いの方の紹介で永井歯科に応急対応を求めてお見えになったのです。

永井歯科では応急処置として、外れた詰め物と被せものを歯専用の接着材で装着しました。
ただし、下地の歯はかなり傷んでおり、もう残らない歯の応急処置です。
かかりつけの歯医者さんがあるとのことでしたので、
現状を見直し、何かしらの治療を行ってもらった方が良い旨をお伝えし、お帰りいただきました。

やはり右奥7番から5番にかけてのブリッジはかなり外れやすいものでした。
また取れていたそうです。

Cさんからは、抜本的な治療を当院で受けたいとのリクエストを頂いたので、
その場しのぎの治療ではなく、ずっと長持ちする全体治療を考えました。

模型をつくり、お口の写真撮影、レントゲン撮影、CT撮影、歯周病検査を行いました。
その上でドイツ式入れ歯やインプラントを含めた治療を数パターン提案いたしました。

それぞれの治療の利点欠点、Cさんの好みや年齢やお体のことを考え
一緒に相談した上で、方針が決まりました。
治療方針、治療の手順、費用、治療期間はこうして決まります。


【治療内容】
右下はインプラントを2本
左上は残せない歯を抜いて、両隣の歯を使ったブリッジ
詰め物被せものが外れたり、歯が大きく欠けてきている歯には被せものを
咬み合わせのズレがあるので全体の咬み合わせの調整

●上の歯

※治療前

※治療後

●下の歯

※治療前

※治療後

今回、インプラント手術が初めてだったCさんは
手術に対して、怖い、不安 という思いは全くなかったようです。
1~2本のインプラント手術そのものは30分ほどで終わります。

※治療前→治療後

治療途中は仮の歯でリハビリを行うので食事ができます。
とはいえ治療途中に仮の歯が3回ほど外れました。
外れると食事に不自由されていたとのことで、ご迷惑をおかけしました。
外れた個所には、外れないような工夫をし、対応しました。

治療を終え、歯はきれいになり、左右で均等に咬んで食事ができるようになりました。
お手入れも、かつて天然の歯が全てあった時とほぼ同様の対応で大丈夫です。

歯ブラシは普通の歯ブラシと歯間ブラシを使用します。
普通の歯ブラシは全体に、歯間ブラシはブリッジ周囲とインプラント周囲に使用します。

治療後にCさんから感謝状が届きました。

Cさんから感謝状 

Cさんは宝塚にお住まいですがバスと電車を乗り継いで当院にお見えになっていました。
現在永井歯科にはCさんのように通院に1時間程度かかる方も多くお見えになります。

当院では遠方の方でなくとも計画的な治療を行います。
1回の治療時間は1~3時間とすることで、治療回数と治療期間とを減らすよう配慮しています。

ただし保険診療では短期間で集中した治療は行っておりません。保険診療で短期間にたくさん診療していると、呼び出しと指導の対象に繋がります。

終わりの見えにくいその場その場の簡単な治療ではなく、一度にスケジュール通りに行われるしっかりした治療を求める方が当院に多くいらしています。

Cさんは、良いお医者さんを選ぶこと。
良いお医者さん見つけたら、早くに治療した方が良いということ。

まだまだ先は長いのだから、 「こんな年やから、いいわ」と抜けたまま放っておかず、
ちゃんと治療し、おいしいお食事をできる方がいい。というお話をなさっていました。


全ては患者さんのために。  永井康照


■治療期間
7か月

■費用
インプラント1本45万円~、セラミックの被せもの1本10~20万円。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

80代女性 Qさんの症例です。

「凄く綺麗にしていただいてありがとうございます!救っていただいて感謝しています。」
治療後にいただいたQさんからの嬉しい一言です。

治療後

Qさんが初めて永井歯科に来られた時、80代とは思えないハツラツとした女性で、年齢をお伺いした際にはとても驚いたのを覚えています。
私自身、Qさんが最後まで人生を駆け抜けていけるような治療をしようと感じたものです。

65歳くらいになると「もう年だらか」「あと10年若ければ」「治療は簡単に部分だけで」、「年金暮らしなので保険の効くものだけで」と高齢を理由にしっかりした歯科治療を諦める方もいます。費用もあり仕方がない一面もあります。しかしある研究によると現在60歳の日本人女性の4人に1人は100歳を迎えるそうです。80歳からであっても残された余生は想像以上に長くなります。「今後お口の状況はどのようにありたいのか?」「その余生をどのようにお過ごしになりたいのか?」といったことを踏まえた上で、「今どのような治療を選択するのか?」を考えねねばなりません。

超高齢になると通院にも介助者が必要となり通院そのものが制限されます。身体的な制限も増え、治療を受けたいのに思うように受けられなくなります。治療を受けることが出来ず食べられなくなると脳や全身の健康に一気に影響を及ぼします。

簡単に部分だけで治療すると入れ歯の作り替えや再治療の必要が頻発します。歯を残すことにこだわるあまりグラグラで噛めない歯をたくさん残しても仕方ないと言えましょう。重要なのは「最期までしっかり噛める歯であるのかどうか?」です。

60歳を超えたら、1カ所がダメになったら致命的な状況に陥るような歯では不十分でしょう。元気な間に先々まで見越した歯の治療を短期間でしっかり施すことこそが、私にできる役割だと考えています。いわばお口の終活です。

Qさんの話に戻ります。
Qさんが永井歯科を知るまでには、いろんな偶然があったそうです。
もともと10年以上通われた歯科がありましたが、ある理由があって当院にいらっしゃいました。

Qさんは他院で通院中から、右上4番がずっと気持ちが悪いという違和感をお持ちでした。
右上の1番前の前歯も残せない虫歯の状態です。

最初、残せる歯は残したいという思いから上顎左右3番から7番までの歯周病治療を試み、右上1番は虫歯になっているため、インプラントでの対応をお考えでした。

治療前

しかし全体の噛み合わせを考えた時、上の前歯が出っ歯になっています。これは上の歯列が弱り、噛み合わせが低くなってしまった結果です。

治療途中。奥歯だけでの対応を模索

上顎左右3番から7番の歯周病治療とそこだけの治療でなんとか噛み合わせのバランスを得ようと試みました。しかし適切な噛み合わせは作れず、有害な噛み合わせがどうしても残りました。

治療前のレントゲン

このように低くなった歯列に対しては、『フルアーチ』という上顎の歯列全体を考えて治療するのが有効です。

治療後

こと難症例に関しては、虫歯治療だけ、差し歯だけ、神経の治療だけ、歯周病治療だけ、インプラントだけ、噛み合わせだけ、メンテナンスだけ、など一つのことばかりにこだわると上手く治りません。
しかも予算も考えねばなりません。

部分だけ見るのではなく、全体で考えることがとても重要です。

今回の症例については、上の奥歯は左右に2本ずつインプラントを入れ、被せもので噛めるようにしました。
前歯は右上1番をインプラントにしないことで予算を浮かせることが出来ます。
浮いた予算を前歯のブリッジに回したのです。

こうすることにより、費用を抑えて全体によい歯列を作ることが出来ました。

治療前→治療後

弱っていた上の歯列がしっかりして、違和感もなくなりました。

治療前→治療後

当初に比べ、随分しっかりと噛めるようになりました。

以前は、永井歯科でも「短時間でたくさんの患者さんを診る」そして「部分的で全体をあまり意識できていない簡単な治療」をたくさんしてきました。

ですが国内外を問わず、多くの研修に足を運び、たくさんの学びの中で多くの知識を吸収してきたことを、歯で悩んでいる患者さんに一人でも多く届けたいと思うようになりました。

今では、難症例に対しても一人一人にしっかりと向き合い、きちんと治せる自信があります。
いい治療は大量生産できません。1日に診ることが出来る患者さんの数には限りがあります。
当院は「本当にきちんと治したいと思っている方に、しっかりとした治療をお届けしたい」と考えております。

全ては患者さんのために。

■治療期間
1年

■費用
インプラント1本45万円、セラミックの被せもの1本10~20万円。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

「せっかく綺麗になったのに…ずっと唇が痛い!」

治療前→治療後 嚙み合わせがズレなくなり、快適になりました。

以前から永井歯科に通われていたBさん。
虫歯治療から、歯のないところにインプラント、前歯の被せ物と様々な治療をちょこちょこと行っていました。

奥歯の詰め物がはずれたことで再び来院され、
その際の問診で、「実は前歯で唇を噛み、ずっと痛い、、、」とお話があったのです。

治療前のレントゲン写真

Bさんは女性の歯科医師を希望されていたので、永井歯科の女性の先生が担当してきました。
原因である前歯の被せ物は永井歯科で5年前に入れたもので、ずっと唇を噛み痛い思いをされていたのです。
申し訳なさと、責任を感じました。

治療前 前歯で唇を噛んでしまい痛むそうです

ここ数年の様々な研修の中で噛み合わせの大切さを学んできました。
多くの知識を持ち合わせていましたので、すぐに噛み合わせの診断が必要と判断しました。

型どり→嚙み合わせ→咬合器に装着→診断
という手順です。

咬合器に装着された模型。奥歯の噛み合わせが不安定

診断結果は
噛み合わせが不安定で定まっておらず、あるところから左右にグッとズレてることが分かりました。
やはり噛み合わせがズレたところで被せ物を作っていたのです。
これでは噛むたびにアゴがズレて噛んでしまいます。また、ズレるたびに不必要に首や肩の筋肉を使うので、肩こり・首のこり・姿勢など様々な悪影響が出てきます。
唇を噛み痛い思いをした原因もこの嚙み合わせのズレにありました。

嚙み合わせの基準は関節です。
まず関節の位置と動きから調べ、Bさんの正しい噛み合わせがどこなのか?を見極めました。

そこで得られた噛み合わせで、正しく噛める歯列を模型上にデザインしました。

診断に基づいて考えた噛み合わせのデザイン

Bさんにデザインを見ていただき、この位置で噛み合わせるのが理想であることを説明しました。
実際に治療を行うにはたくさんの歯を新しい被せもの(セラミック)に作り替える必要があります。

ですが、「すべての被せものを外して歯を削り、あたらしい形の被せ物を作ります。でも唇を噛むのは治りませんでした」では治療になりません。

そこで、まずは治療を進めても元に戻すことができる形でのテストをすることにしました。

このデザインを薄い材料で歯に貼り付けて、口の中にこの噛み合わせを再現してみました。これは『オーバーレイ』と呼ばれる、後戻りできる仮歯でのテストです。しかも外せば元通りに戻すことができ、治療をしないで中止することも可能です。

オーバーレイ(テストの歯)を装着しているところ

Bさんにはこの状態でしばらく生活して頂きました。
噛み合わせが体に調和するのか?唇を噛まなくなるか?といったテストです。
セラミックの治療をこのまま進めるか、判断していただく機会を事前に作ったわけです。

テストのオーバーレイの時点で
まず
・唇の痛みはなくなりました
その他にも
・食事の際に顎がカック、カックとなり噛むことがものすごくしんどい
・顎の痛みもあり、ひどいときには半日も痛みが続く

といったこれまでの悩みは解消されています。

「噛むってこんなに簡単なの?というくらい楽!」との声もききました。

費用的にも少し悩まれたそうですが、説明と結果が伴い、治療をすることを決断されました。これまでのお付き合いと当院の治療のやり直しでもあることから一部値引きしております。

リハビリの仮歯。被せ物を外して新しい仮歯に

Bさんは治療するなら、ただ治すだけではなく見た目も綺麗にしてほしいと思われていましたので、セラミックの被せ物で、見た目にも綺麗に仕上げました。

治療後のセラミック 噛み合わせが良くなりました
治療前→治療後

今回の治療で、肩こりや顎の痛み、唇の痛みなど、生活に支障が出るまでの悩みも解消され、見た目も美しくなり、Bさんはとても満足されているご様子でした。

■治療期間 
6ヶ月

■費用
セラミックの被せもの1本10~20万円。
本ケースでは上記費用よりも値引きをしています。

■リスクと副作用
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

70代女性Oさんはもともと右上に1本歯が失われており、下には奥歯を中心に5本の銀のかぶせ物が入っていました。

治療前。咬み合わせが不安定。上下の歯は一部しか当たらず力が各歯に分散されていません。
治療前。 なので奥歯からグラグラになっています。

歯が悪くなっていく原因の一つとして、歯列不正があります。

虫歯や歯周病は、歯が失われる原因としてとても有名です。しかし実は歯列不正つまり咬み合わせも非常に重要になります。部分的にその場その場でそこの部分だけの治療をしているうちに咬み合わせの狂いが蓄積し、深刻な状況に陥ることもあります。

Oさんの歯列は下アゴのアーチが上のアーチよりも大きく、上下がアンバランスになっており上手くかみ合っていません。咬み合わせのバランスが悪いと歯は徐々にグラグラになり抜けてくることがあります。

当院においては下の前歯が抜けてきた際、最初は部分入れ歯で対応してみました。

しかし次に上の奥歯も1本グラグラになり、抜けてきました。ほかにも今にも抜けそうな歯が複数ある状況です。

奥歯の本数も減り、残った歯には負担がかかり、下の歯は全体として前方に倒れてきています。

咬み合わせとは、前歯が奥歯を守り、奥歯が前歯を守ります。しかしOさんはその働きが上手く機能しておらず、お互いの歯を守る働きが出来ていません。悪循環に陥っています。

また、部分入れ歯の銀の留め金が目立つのも気にされていました。

奥歯が壊れつつある状況でしたので、嚙み合わせで起こる歯の負担を減らす治療が必要であります。

Oさんへは、現在の歯の状況、今後の歯の状況、失われた歯を補う必要性について、図などを用いてしっかりと説明し、今後の治療について話し合いをしました。

治療説明にも用いたOさん矯正シュミレーション(上から)
治療説明にも用いたOさん矯正シュミレーション(左側面)

その結果
・全体でバランスよく噛める歯列をつくる
・正しい噛み合わせをかぶせ物でつくる
・前歯をきれいにする
・歯の失われたところはインプラントで補う
・歯が大きく傾いている部分に関してはマウスピース矯正で傾きを正す
これらの組み合わせで治療を行うことにしました。

治療内容
インプラントを奥歯上下に3本ずつ入れ、奥歯の噛み合わせを整えました。

治療前と治療後。すべての歯がしっかりと噛み合わさり、各歯に均等に力が分散
治療前と治療後のレントゲン。 グラグラで咬めない歯はインプラントで咬める歯に入れ替わりました。

次に、マウスピース矯正にて前のめりに倒れた前歯を本来方向に戻し、噛み合わせを整えました。

インビザラインとは、透明なマウスピースを用いた矯正です。

見た目はもちろんですが、虫歯になりにくく、唇の口内炎が起こりにくいなど、様々なメリットがあります。
Oさんも矯正していることを忘れるくらい、苦労など感じなかったそうです。
ただし、一度娘さんとお孫さんの家に出かけた際、食事中に外した透明のマウスピースをそのまま忘れて帰ってきたというミスがあったそうです。その他は目立ったトラブルもありませんでした。

奥歯をきちんと支えることによって、きちんとした噛み合わせとなり、歯列はずいぶん安定しました。

治療前→治療後 

また、Oさんはずっと歯をきれいにしたいという想いをお持ちでした。
かぶせ物は見た目を更に美しく仕上げることが出来ましたし、われわれも理想の安定した咬み合わせを作ることが出来ました。

治療後 キレイで咬み合わせも安定しました

お孫さんから「ばあば、歯がきれいになったねー」と言われ
治療して一番良かったと感じているようです。
治療途中だったにもかかわらず、友人からもきれいになったと気づいてもらえ嬉しかったそうです。
Oさんは歯がきれいになってから顔の印象が今までと全然違うと感じられたそうです。

また、治療中印象に残っていた話を伺ったところ、手術前のスタッフや理事長の親切な対応が印象深かったそうです。やはり手術前は緊張していたそうですが、理事長のプライベートな話を聞くうちに気持ちもほぐれたそうです。治療中の通院も気さくな対応がよく、通いやすかったとのことでした。

最後に、同じように歯で困っている患者さんから相談されたらどうしますか?とお尋ねしたところ、
Oさんは自分が治療をして良かったと思うから薦めますと言ってくださいました。ただ費用は決して安くはないので、するかしないかは本人次第だともおっしゃっています。
同じような悩みを抱えている方は、ぜひ一度永井歯科に相談に来ていただけたら幸いです。

治療を終えて

永井歯科ではチームワークで患者様一人一人に親身になって向きあっています。
ひとりでも多くの患者様に来て良かったと思っていただける歯医者であり続けたいと思います。

■治療期間
2年(うち矯正期間4ヶ月。怪我で休んできた期間半年)


■費用
インプラント1本45万円、セラミックの被せもの1本10~15万円。部分矯正30万円~。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

Tさん 40代男性の症例です。
治療の概要
・治療期間1年
・咬み合わせのリハビリを行い、正しい咬み合わせを定める
・部分矯正を行い(2ヶ月のマウスピース矯正)
・インプラントを2本だけ入れる
・他院で入れた各種インプラントは全て活用
・必要な部分に虫歯治療と被せものを行う

治療後のTさん

治療を終えて、前歯の見た目、バランスが美しくなり印象がガラリと変わりました。
Tさん自身も、見た目も滑舌もよくなり口臭もなくなったと実感されています。以前はお子様にお口が臭いと指摘され、自分でも気にされていましたが、今はもう臭いません。
心身ともに大変満足されているご様子でした。

永井歯科へは「右に歯がないので噛めなくて、治療途中の続きをしたい」とのご要望で来院されました。

当院で診査し、まず以下のことを把握しました。
・右下では咬める状態にない。
・右下には残せない虫歯の歯と、インプラントが残っている。
・左上奥歯は虫歯によって上顎洞の大きな炎症所見も見受けられる。
・昔に入れた被せものが欠けたり、老朽化している。

治療前
治療前

その他にも視野を広げるといくつか問題があり、こちらの方がより重要なポイントだと感じました。
・前歯には異常なすり減りがある。
・歯が短くなって噛み合わせが深くなっている。
・上の歯の一部に歯の位置と方向の異常がある。
・他院で入れた多種のインプラントが既に入っている。
・咬み合わせが定まらずいろんなところで噛んでしまう状態。

治療前

右下だけの治療を行ったり、左上の虫歯を治療だけすることはとても簡単です。
ですがTさんは全体的に噛み合わせが悪く咬み合わせが悪く、下の歯は短く、低く深い咬み合わせです。咬み合わせの悪さから、咬み合わさる位置も定まってせん。
このまま単発的な治療をしたのでは、将来的に困難な事態を招くことが予測されます。
低い歯で深い咬み合わせのまま治療を行いつづけた結果、外れる壊れるを頻繁に繰り返し、対応が立ちいかなくなるケースです。その場合、積み重ねてきた治療がたくさんやり直しになってしまいます。
口の中全体を考えた設計で治療するほうが、Tさんにとって無駄はなく、Tさんの生涯の治療費は安くなります。

Tさんのお仕事には転勤があります。部分で済ませる案と、全体を考えた治療をする案をご提案しました。部分だと4ヶ月で、全体ではざっと1年で仕上げられそうなので詳細のスケジュールもお伝えしました。
1回の治療時間は1~3時間で、月に2回程度です。
Tさんは万一移動があっても遠方から通うとのことで、全体的に治療することを決断されました。 

治療の中で一番難しかったのは
デザインと咬み合わせでした。咬み合わせが定まらなくなっていたので、リハビリの仮歯で注意深く評価を行い、正しい咬み合わせを定めました。
リハビリに使うたくさんの仮歯や被せものは全て、当院の技工士が院内でお作りしています。

治療前に考えた咬み合わせのデザイン
この段階で矯正をすべきと判断できました
治療中に使うリハビリ用の仮の歯。院内で製作しています。
セラミックは全て当院の歯科技工士が色まで製作

マウスピース矯正治療の期間は
新しいマウスピースに変わる度に、初め痛みをわずかに感じたようです。使うとすぐに痛くなくなり抵抗なく矯正されていました。生活面では、マウスピースへの色素沈着が気になったので常時水を持ち歩きコーヒーを飲む回数は控えていたそうです。職場では食事の前後に洗面でさっと脱着をされていたそうです。

他院で入れたインプラント

対応を行う場面は引き継ぎだけなく、トラブルのやり直しも含め昨今は急増してきました。責任の問題もありいろいろと難しい面があります。そのなかでそのインプラントの位置と方向、強度を見極め、また患者さんの経済性や肉体的あるいは精神的な負担を総合的に考えてどうすべきかを判断してゆきます。ハード面ではスクリューやドライバー、型どりのツールなどの部品や道具はメーカによってまちまちで、同じメーカでもモデルやサイズによっても異なることもあります。メーカー、モデル名、種類、特徴、操作などインプラントを専門的に熟知していることが求めれられます。

治療中の様子。上にはマウスピースの矯正装置、下にはリハビリの仮歯
矯正の治療計画 右が矯正後
右が矯正後 2ヶ月間で計画通り歯が動いたところ
治療後
治療前→治療後
治療前→治療後

時間をかけて全体を見渡し、しっかり治すという当院の姿勢に共感されたTさん。

治療前→治療後
治療前→治療後 歯の高さも回復し咬み合わせも浅くなりました


お仕事の移動までに治療は間に合いました。最後の日にちょうど内示が届いたそうです。ホッとしました。

全ては患者様の笑顔のために。永井康照

■治療期間
12ヶ月。うち部分矯正をした期間も含みます。

■費用
インプラント1本45万円~、セラミックの被せもの1本10~20万円、部分矯正33万円~

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証保障の範囲で対応します。