70代女性Oさんはもともと右上に1本歯が失われており、下には奥歯を中心に5本の銀のかぶせ物が入っていました。

治療前。咬み合わせが不安定。上下の歯は一部しか当たらず力が各歯に分散されていません。
治療前。 なので奥歯からグラグラになっています。

歯が悪くなっていく原因の一つとして、歯列不正があります。

虫歯や歯周病は、歯が失われる原因としてとても有名です。しかし実は歯列不正つまり咬み合わせも非常に重要になります。部分的にその場その場でそこの部分だけの治療をしているうちに咬み合わせの狂いが蓄積し、深刻な状況に陥ることもあります。

Oさんの歯列は下アゴのアーチが上のアーチよりも大きく、上下がアンバランスになっており上手くかみ合っていません。咬み合わせのバランスが悪いと歯は徐々にグラグラになり抜けてくることがあります。

当院においては下の前歯が抜けてきた際、最初は部分入れ歯で対応してみました。

しかし次に上の奥歯も1本グラグラになり、抜けてきました。ほかにも今にも抜けそうな歯が複数ある状況です。

奥歯の本数も減り、残った歯には負担がかかり、下の歯は全体として前方に倒れてきています。

咬み合わせとは、前歯が奥歯を守り、奥歯が前歯を守ります。しかしOさんはその働きが上手く機能しておらず、お互いの歯を守る働きが出来ていません。悪循環に陥っています。

また、部分入れ歯の銀の留め金が目立つのも気にされていました。

奥歯が壊れつつある状況でしたので、嚙み合わせで起こる歯の負担を減らす治療が必要であります。

Oさんへは、現在の歯の状況、今後の歯の状況、失われた歯を補う必要性について、図などを用いてしっかりと説明し、今後の治療について話し合いをしました。

治療説明にも用いたOさん矯正シュミレーション(上から)
治療説明にも用いたOさん矯正シュミレーション(左側面)

その結果
・全体でバランスよく噛める歯列をつくる
・正しい噛み合わせをかぶせ物でつくる
・前歯をきれいにする
・歯の失われたところはインプラントで補う
・歯が大きく傾いている部分に関してはマウスピース矯正で傾きを正す
これらの組み合わせで治療を行うことにしました。

治療内容
インプラントを奥歯上下に3本ずつ入れ、奥歯の噛み合わせを整えました。

治療前と治療後。すべての歯がしっかりと噛み合わさり、各歯に均等に力が分散
治療前と治療後のレントゲン。 グラグラで咬めない歯はインプラントで咬める歯に入れ替わりました。

次に、マウスピース矯正にて前のめりに倒れた前歯を本来方向に戻し、噛み合わせを整えました。

インビザラインとは、透明なマウスピースを用いた矯正です。

見た目はもちろんですが、虫歯になりにくく、唇の口内炎が起こりにくいなど、様々なメリットがあります。
Oさんも矯正していることを忘れるくらい、苦労など感じなかったそうです。
ただし、一度娘さんとお孫さんの家に出かけた際、食事中に外した透明のマウスピースをそのまま忘れて帰ってきたというミスがあったそうです。その他は目立ったトラブルもありませんでした。

奥歯をきちんと支えることによって、きちんとした噛み合わせとなり、歯列はずいぶん安定しました。

治療前→治療後 

また、Oさんはずっと歯をきれいにしたいという想いをお持ちでした。
かぶせ物は見た目を更に美しく仕上げることが出来ましたし、われわれも理想の安定した咬み合わせを作ることが出来ました。

治療後 キレイで咬み合わせも安定しました

お孫さんから「ばあば、歯がきれいになったねー」と言われ
治療して一番良かったと感じているようです。
治療途中だったにもかかわらず、友人からもきれいになったと気づいてもらえ嬉しかったそうです。
Oさんは歯がきれいになってから顔の印象が今までと全然違うと感じられたそうです。

また、治療中印象に残っていた話を伺ったところ、手術前のスタッフや理事長の親切な対応が印象深かったそうです。やはり手術前は緊張していたそうですが、理事長のプライベートな話を聞くうちに気持ちもほぐれたそうです。治療中の通院も気さくな対応がよく、通いやすかったとのことでした。

最後に、同じように歯で困っている患者さんから相談されたらどうしますか?とお尋ねしたところ、
Oさんは自分が治療をして良かったと思うから薦めますと言ってくださいました。ただ費用は決して安くはないので、するかしないかは本人次第だともおっしゃっています。
同じような悩みを抱えている方は、ぜひ一度永井歯科に相談に来ていただけたら幸いです。

治療を終えて

永井歯科ではチームワークで患者様一人一人に親身になって向きあっています。
ひとりでも多くの患者様に来て良かったと思っていただける歯医者であり続けたいと思います。

■治療期間
2年(うち矯正期間4ヶ月。怪我で休んできた期間半年)


■費用
インプラント1本45万円、セラミックの被せもの1本10~15万円。部分矯正30万円~。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

Tさん 40代男性の症例です。
治療の概要
・治療期間1年
・咬み合わせのリハビリを行い、正しい咬み合わせを定める
・部分矯正を行い(2ヶ月のマウスピース矯正)
・インプラントを2本だけ入れる
・他院で入れた各種インプラントは全て活用
・必要な部分に虫歯治療と被せものを行う

治療後のTさん

治療を終えて、前歯の見た目、バランスが美しくなり印象がガラリと変わりました。
Tさん自身も、見た目も滑舌もよくなり口臭もなくなったと実感されています。以前はお子様にお口が臭いと指摘され、自分でも気にされていましたが、今はもう臭いません。
心身ともに大変満足されているご様子でした。

永井歯科へは「右に歯がないので噛めなくて、治療途中の続きをしたい」とのご要望で来院されました。

当院で診査し、まず以下のことを把握しました。
・右下では咬める状態にない。
・右下には残せない虫歯の歯と、インプラントが残っている。
・左上奥歯は虫歯によって上顎洞の大きな炎症所見も見受けられる。
・昔に入れた被せものが欠けたり、老朽化している。

治療前
治療前

その他にも視野を広げるといくつか問題があり、こちらの方がより重要なポイントだと感じました。
・前歯には異常なすり減りがある。
・歯が短くなって噛み合わせが深くなっている。
・上の歯の一部に歯の位置と方向の異常がある。
・他院で入れた多種のインプラントが既に入っている。
・咬み合わせが定まらずいろんなところで噛んでしまう状態。

治療前

右下だけの治療を行ったり、左上の虫歯を治療だけすることはとても簡単です。
ですがTさんは全体的に噛み合わせが悪く咬み合わせが悪く、下の歯は短く、低く深い咬み合わせです。咬み合わせの悪さから、咬み合わさる位置も定まってせん。
このまま単発的な治療をしたのでは、将来的に困難な事態を招くことが予測されます。
低い歯で深い咬み合わせのまま治療を行いつづけた結果、外れる壊れるを頻繁に繰り返し、対応が立ちいかなくなるケースです。その場合、積み重ねてきた治療がたくさんやり直しになってしまいます。
口の中全体を考えた設計で治療するほうが、Tさんにとって無駄はなく、Tさんの生涯の治療費は安くなります。

Tさんのお仕事には転勤があります。部分で済ませる案と、全体を考えた治療をする案をご提案しました。部分だと4ヶ月で、全体ではざっと1年で仕上げられそうなので詳細のスケジュールもお伝えしました。
1回の治療時間は1~3時間で、月に2回程度です。
Tさんは万一移動があっても遠方から通うとのことで、全体的に治療することを決断されました。 

治療の中で一番難しかったのは
デザインと咬み合わせでした。咬み合わせが定まらなくなっていたので、リハビリの仮歯で注意深く評価を行い、正しい咬み合わせを定めました。
リハビリに使うたくさんの仮歯や被せものは全て、当院の技工士が院内でお作りしています。

治療前に考えた咬み合わせのデザイン
この段階で矯正をすべきと判断できました
治療中に使うリハビリ用の仮の歯。院内で製作しています。
セラミックは全て当院の歯科技工士が色まで製作

マウスピース矯正治療の期間は
新しいマウスピースに変わる度に、初め痛みをわずかに感じたようです。使うとすぐに痛くなくなり抵抗なく矯正されていました。生活面では、マウスピースへの色素沈着が気になったので常時水を持ち歩きコーヒーを飲む回数は控えていたそうです。職場では食事の前後に洗面でさっと脱着をされていたそうです。

他院で入れたインプラント

対応を行う場面は引き継ぎだけなく、トラブルのやり直しも含め昨今は急増してきました。責任の問題もありいろいろと難しい面があります。そのなかでそのインプラントの位置と方向、強度を見極め、また患者さんの経済性や肉体的あるいは精神的な負担を総合的に考えてどうすべきかを判断してゆきます。ハード面ではスクリューやドライバー、型どりのツールなどの部品や道具はメーカによってまちまちで、同じメーカでもモデルやサイズによっても異なることもあります。メーカー、モデル名、種類、特徴、操作などインプラントを専門的に熟知していることが求めれられます。

治療中の様子。上にはマウスピースの矯正装置、下にはリハビリの仮歯
矯正の治療計画 右が矯正後
右が矯正後 2ヶ月間で計画通り歯が動いたところ
治療後
治療前→治療後
治療前→治療後

時間をかけて全体を見渡し、しっかり治すという当院の姿勢に共感されたTさん。

治療前→治療後
治療前→治療後 歯の高さも回復し咬み合わせも浅くなりました


お仕事の移動までに治療は間に合いました。最後の日にちょうど内示が届いたそうです。ホッとしました。

全ては患者様の笑顔のために。永井康照

■治療期間
12ヶ月。うち部分矯正をした期間も含みます。

■費用
インプラント1本45万円~、セラミックの被せもの1本10~20万円、部分矯正33万円~

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証保障の範囲で対応します。