「えっ あれ? どうやって取り外しするの?」
出来上がった入れ歯を見たYさんの第一声です。

完成したコンパクトな取り外せるブリッジ
右はカギを開けて ブリッジを外せるようにしたところ
左は外したところ 右は装着したところ

Yさんは50代女性。10年来当院に通われている患者様です。
当院に来院される前から右下(写真に向かって左下の部分)に一般的な外せないブリッジが入っていました。

〇が壊れて外れてしまったブリッジ。矢印では歯が折れて、歯を支える骨が溶けしまっています。

このような長い橋渡し設計の一般的なブリッジは長期的には持たないことが殆どです。
以前から違和感はお持ちでしたが2年前にこのブリッジは壊れてしまいました。
奥から2番目の歯は折れて被せものと分離しており噛みしめる力を支えてはいません。
結局奥から2番目の歯は抜くことになりました。また一番奥の歯も掃除がしにくい設計です。銀歯を外してみると黒い虫歯が出来て虫歯の穴も開いていました。幸い虫歯を取り除いてその歯を再び活用することが出来ました。

奥から2番目の歯。歯とブリッジは外れて、くっついていません。
銀歯を外してみた状態。黒いところが虫歯で、矢印は虫歯の穴
インプラントが適さない骨質だった
虫歯は取り除かれ、歯を抜いたあとの穴は塞がってきました

こういったケースの場合インプラントが最もシンプルでスモールな処置となることが多いです。しかしながら、予算に問題ない方であったとしてもインプラントが出来ないケースはよくあります。Yさんの骨質はインプラントをしないほうが良いケースでした。
一般にはインプラントが出来なければ留め金式の部分入れ歯か長いブリッジを選択することになりますが、いずれもあまり良い方法だとは私は考えていません。
部分入れ歯だと針金に食べかすが挟まり噛むとぐにゃぐにゃとして異物感が残る。また留め金をかけた歯にダメージが加わり、歯が揺れてきて、次々に抜歯になるなど、なかなか長い時間軸で満足にお使いいただけない経験を沢山してきました。

実は日本でよく見かける部分入れ歯は、歯にダメージを加えるものとして、ドイツの大学では推奨されていません。ドイツではその代わりとして歯に優しいテレスコープ義歯(ドッペルクローネ)が教育されています。

またブリッジを作るという選択もありますが、傾斜した歯に再び長い距離のブリッジをかけるのは、力学的に歯に負担が大き過ぎて、ブリッジが外れたりあるいは歯が折れたり、掃除がしにくくて虫歯が出来たりと、多くのトラブルに遭遇しがちです。
ですので、こういったインプラントが出来ない患者さんに対して私が考える最適な答えは、ドイツ式入れ歯になります。

ドイツ式入れ歯の中でもリーゲルテレスコープという、いわば取り外せるブリッジです。
ちょうどさかさまにした紙コップを2つ重ねたような二重冠構造になっており、外れないようにレバー型のカギをかけて固定します。このリーゲルテレスコープでは2本の歯を繋いで1次固定した上に、更にその上から全ての歯を繋いで2次固定しています。
更に手前の2つの歯にかかる廻転沈下する力はシュレーダーゲシーベを装着することで、歯が大きく横に揺らされたり、一つの歯だけが廻転の支点にならないように工夫されています。

これは一番奥の歯が万一壊れたときに手前の歯2本を守るものとして効果を発揮します。また一般的なブリッジのように歯だけで力を受け止めるのではなく、歯と粘膜両方で力を受けとめている点も、歯への負担の軽減につながっています。
なるべく神経を抜かないで治療することも歯を長持ちさせるためのポイントで、これも古くからドイツで実践されてきた考え方です。掃除に関しては外冠を外してしまえばスリムでシンプルな形をしているので、歯ブラシが隅々まで簡単にできてしまいます。

つまりドイツ式のリーゲルテレスコープ義歯は丈夫で長持ち、そしてしっかりと機能し、装着感が良くて掃除が簡単です。
こうして考えると、改めてドイツの歯科医学は凄いと私は感心せざるを得ません。

矢印がシュレーダーゲシーベ。歯が大きく横に揺らされたり、一つの歯だけが廻転の支点にならないように工夫されている
力点は支点から遠い方が歯には負担がかからない
片側の奥歯を補うリーゲルテレスコープ義歯の構造

ここからは治療の手順です。
残すことが出来ない歯を抜いて、歯を抜いた穴が治るのを待ちます。
Yさんの場合は10カ月ほど待ちました。
その後支えになる歯の形を整えて型どりを2回、仮合わせを2回、装着を1回、合計5回の来院で治療を終えることが出来ました。

治療前→治療後  留め金がないので、自然な見た目です
治療前→治療後
治療後 入れ歯を外している状態
治療後 入れ歯を装着した状態 留め金は見えない

この写真は入れ歯をつけたところです。留め金がないので、入れ歯だと人に気付かれれません。

日常の入れ歯の着脱について

Yさんはどちらかというと器用ではないそうです。初めの1、2回は少し手間取った様子でした。舌で触りレバーが前の方にあることが分かると、簡単に着脱できるようになりました。装着感は非常によいそうです。

【動画】着脱しやすい、お手入れも簡単なドイツ式入れ歯

以前は左ばかりで噛んでの食事でしたが、今では両方の歯でしっかりと噛めるようになり、硬いお肉ももちろん大丈夫と満足されています。
Yさん自身、以前はインプラントや入れ歯ブリッジしかないと思っていたそうです。
今後同じ状況の方がいたら「選択肢との一つとして、私はこんな入れ歯型のものをしている、普通に不自由なく使えるということを伝えられる」とおっしゃっていました。
これから長く持たせるためにも私がしっかりお手入れしなければとも、笑顔でお話してくださいました。
こうした患者様の笑顔は、私が治療に向き合う上でとても励みになっています。

■治療期間と費用
・治療期間:
・費用はドイツ式入れ歯のページをご参照ください

■リスクと副作用
留め金式の入れ歯よりも全体でしっかり噛める入れ歯ですが、異物感を極度に感じる方は入れ歯治療を受け入れられない場合があります。

70代前半の男性Dさんのケースです。

上は総義歯(ドイツ式のシュトラック総入れ歯)、
下はズレない入れ歯(インプラントを2本応用したドイツ式のシュトラック総入れ歯)
で治療しました。

治療後のDさん

来院時、Dさんは上アゴに歯は残っていましたが、歯周病でほとんど全ての歯がグラグラし今にも抜けそうでした。
下は4年前に総義歯にされたそうですが、全く咬むことが出来ていません。衰弱して、とても元気のない様子で当院にお見えになりました。

毎日、一日中イライラし、夜も寝付けず、家のなかでもジッとしていられずウロウロしているとのこと。 
お話したところ、「物が噛めなくて食事が怖い」とおっしゃっていました。

自分の歯が健康だった時と同じように、硬いものが噛めるようになりたい、というのがご希望でした。

元気が失われているとはいえ、70代前半はまだまだ若い年代です。
しっかり噛めるようになって、元気になってもらいたいと思いました。

治療前のDさん

治療の相談にはDさんの奥様も同席されました。
奥様は当院での治療には否定的な印象をお持ちのようでした。

治療法として選択肢はいろいろとありましたが、
・上は歯周病の歯を全て抜きドイツのシュトラック総義歯に、
・下はドイツのシュトラック義歯とインプラントとを繋いで「ズレない入れ歯」(2本のインプラントと総義歯をスナップで繋いだ入れ歯)にすることをご提案いたしました。

手術に不安をお持ちでしたので、手術中は歯科麻酔医に同席してもらい、点滴でうたた寝の状態を作り治療する計画にしました。

最後に奥様から「その治療であれば主人はしっかり噛めるのですか?」と聞かれました。
私は「噛めるようになりますよ」とお答えしました。
すると、いままで難色を示されていた奥様が、
「では治療をお願いします。」とおっしゃったのです。
これで治療案がまとまりました。
Dさんも奥様の決断の速さにはとても驚かれているご様子でした。

初めに、痛みのあった左上のぐらぐらの歯を抜きました。

次に2本のインプラントを下に入れ、手術時間は1時間です。
歯科麻酔医が同席し、点滴麻酔の「循環と呼吸の安全管理」を行います。
Dさんは治療中、全く怖くなかったそうです。

インプラントを入れたその日から、下の入れ歯は全くズレなくなりました。

その次に上の残せない歯を抜きます。歯を抜いたその日に、上はリハビリ用の総入れ歯を装着しました。このリハビリ用の総入れ歯はDさんが歯を全て抜くことにより生活に支障が出ないよう、事前にお作りしておいたものです。

抜歯した穴がなくなるのに5カ月待ちました。
穴がなくなるのはとても早かったです。
この頃になるとDさんは、診療台にも長時間座れるようになり、倒すことが出来なかった診療台も水平位まで倒せるようになっていました。

食事もできるようになり、私に対して「快適ですよ、入れ歯の名人、名人頼むよー」と笑っておっしゃるようになっていました。

いよいよ最終の入れ歯の製作です。

「上下同時印象法」を使って総義歯をお作りしました。
この上下同時印象法は、お口のなかのボリュームをそのまま採ることで、異物感が生じない入れ歯が作れます。

「型どり2回→仮合わせ→完成」
合計4回で治療は終わりです。

最終の上下アゴ同時印象を終え、ドイツ製の咬合器に装着したところ
完成した入れ歯。人工歯もピンクの部分も厳選したヨーロッパの材料を使用しています
この人工歯は10年、20年と使用してもすり減りが驚くほど少なく、ピンクの部分は薄いのに強度があり、精度、装着感、耐久性の高さが特徴です

治療を終えて次の来院時には、「誰の口やねん!っていうくらい食える!」とお褒めの言葉を頂きました。

治療前後のレントゲン。下の義歯は2本のインプラントと専用のスナップでくっつけます

【動画】噛める喜び! 治療後のDさん①

治療前の食生活は、奥様がいつもDさんの食べられるものを選んで料理していました。
今は何でも食べられるようになったそうです。
奥様よりも食べるのが遅かったDさんですが、今では奥様より1.5倍早く食べられるようになり、しっかり噛めているそうです。

咀嚼判定のグミのテストでは治療前の3が7まで回復しています。

パンも食パンの柔らかいところだけなく、食パンの耳や、硬いフランスパンも食べられるようになりました。
ラッキョウが好きで毎日召し上がっており、パリパリ音がしてこれがいい音がするんです、とのこと。お肉も、特にステーキが好物で「肉の時のお酒は芋焼酎!、、、ロック!」「量はそんなに飲まないけど一緒に食べるのが最高!」と喜んでいます。

【動画】噛める喜び! 治療後のDさん②

Dさんはたくさん食べるようになりました。でも太ってはいません。生活も規則正しくなったせいか体重は1キロだけ増えただけです。
以前あった味覚の異常はなくなり、気分も優れ、一日中イライラして家の中をウロウロすることもなくなったそうです。
横になったらすぐに眠れるようにもなりました。

以前は杖をついて永井歯科に来院されていましたが、今では杖がなくても歩けるようになりました。

咬み合わせが正しくなると、頭位が正しい位置に定まります。
頭は5~6キロ、ちょうどボーリングの玉くらいの重さがあります。頭位が定まると姿勢が良くなり、歩行が安定します。

【動画】入れ歯の着脱の様子

しっかりと噛めるようになり、食事を楽しみ、生活を快適に楽しんでいらっしゃるDさん。

保険自費に限らず入れ歯はどこの医院でも作られています。いろいろ渡り歩いて入れ歯をたくさん作ってもしっかり噛めて満足している方は中々お見掛けしません。
私は入れ歯でもしっかり噛める、丈夫で長持ちする入れ歯を作りたいと常に探求しています。永井に任せたら間違いないねと言っていただけるように、一つ一つ丁寧にお作りしています。
口から始まる健康を手に入れ、今後の人生を奥様と二人で存分に楽しんでいただきたいと思います。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。

■治療期間 
6カ月(抜歯やリハビリ入れ歯の期間を含む)

■費用 
200万円~。自由診療です。

Aさんは8年以上前から当院に通っていました。40代の男性です。

治療後:現在の入れ歯(ドイツ式)の口もと
治療前:保険の入れ歯の頃

来院当初のAさんは右下の奥歯が痛いということでした。歯周病です。
歯が痛いので日常の食生活においてAさんは苦労をされていました。昼は例えばうどんや サンドウィッチなどの柔らかいものを選んで食事し、夜は家族とは別メニューでAさんが食べ易い様に工夫した料理を奥様が作っていました。

歯周病の検査をするとポケットも深く、出血もありシビアな歯周病でしたので、歯周病の対応を行ってきました。時折あちこちに激しい痛みや動揺が生じ、その都度痛んだ部分の対応を行っておりました。
咬み合わせにも問題はありました。前歯の重要な役割として奥歯を守る役割があるのですが、Aさんにはその役割を担える咬み合わせがありませんでした。咬み合わせが悪いと歯周病は悪化します。
歯周病で失われた骨を回復するには、歯周病治療だけではなく歯周再生療法と咬み合わせの大幅な改善が必要になります。
人工の骨や当時は輸入薬を使った歯周再生療法になります。輸入薬による歯周再生療法も、今回必要となる咬み合わせの改善も健康保険では認められません。
これらの再生療法と咬み合わせの治療のご提案をしました。Aさんとは時間をとっていろいろ話し合いました。相談の結果、当時はそれらの治療は行わずに、まずは健康保険でできる対応を都度行うという選択に至りました。
昔入れたブリッジがぐらぐらになって抜けると、次はそこに健康保険の入れ歯を入れました。しかし治療をしているにもかかわらず歯列の崩壊は徐々に進行しました。保険診療の部分入れ歯は留め金をかけて固定します。すると今度は留め金をかけた歯がぐらぐらになって抜けていきました。

随所で歯を支えている骨が失われていました
保険診療で対応していた頃
健康診療の入れ歯 留め金をかけられた歯から抜けがち
現在のAさん

ある日、Aさんから、「硬いものとまでは言わないけれど、痛くなる前のように噛みたい」、そして「食事で苦労せずに過ごすための治療の選択肢を全て聞かせてほしい」との言葉を頂きました。
これまで歯周病治療と健康保険の部分入れ歯で対応していましたが、次々と歯が抜けていくのを止めることは出来ず、歯は痛み、満足に噛むことができない状態でした。

そこで考えた治療法はこうです。
・予後の悪い歯はまとめて抜いて長く残る歯だけを残す決断をする。
・そして噛むための選択肢として
① 総インプラントに準じたブリッジ
② インプラントを使ったズレない入れ歯
③ ドイツ式入れ歯
の3つをご提案させていただきました。
共通する目標設定はもちろん噛めること。しかも「長持ちする噛める歯」にすることです。

Aさんとは、内容と費用について何度かお話し、上はドイツ式の総入れ歯、下はドイツ式のレジリエンツテレスコープ入れ歯をお作りすることにまとまりました。レジリエンツテレスコープ入れ歯は、少数の歯しか残っていないときに、残った歯に優しく丈夫で長く使えるドイツ発祥の入れ歯です。

治療はリハビリ入れ歯の期間を含めて約12か月で終了しました。

初めは抜歯を行い、リハビリ用の入れ歯を使っていただきました。
この入れ歯で抜いた穴が治り傷口が平坦になって安定するまでを待ちました。
たまに入れ歯がすれて痛むこともありました。痛んだら急患対応で数回調整に来て頂きました。リハビリ用の入れ歯では入れ歯安定材を使っていたので、最終の入れ歯は入れ歯安定材なしで食べられるのか不安をお持ちだったようです。最終の入歯は安定材なしで使える旨をお伝えしておきました。治療中も、リハビリ用の入れ歯を使いながら、痛まずに食事ができるようになっていました。

予後の悪い歯は抜歯し、上は総入れ歯にした。
治療途中のレントゲン 神経を残すからこそ歯が長持ちします 
治療後のレントゲン 

粘膜が安定した10か月目に最終の入れ歯の製作にかかりました。
4回の来院で入れ歯は完成します。

上はドイツ式の総入れ歯
適切に作った大きな入れ歯は 異物感も少なく しっかりと咬みしめても痛みが出ない
下の入れ歯は、残っている歯を守れるレジリエンツテレスコープ

最終の入れ歯を入れた感じは、入れ歯は落ちないし、ビシッととまってズレません。
入れ歯安定材も必要ありません。
はめるときよりも、外すのにかなり力がいるようです。ですが外す際に痛みもないし、かつての留め金式入れ歯のように歯が抜けてしまう心配も一切ありません。
治療を終えて、食べ物を選ばずに何でも食べれるようになり、おせんべいも食べれるし、焼肉も普通に咬めて楽しんでいらっしゃいます。ご家族と別メニューではなく同じメニューになりました。

銀色の内冠は 入れ歯を装着すると見えません。 
現在の入れ歯を装着したところ。留め金がないので 人に気づかれません

治療に際して、予後の悪い歯は抜く選択をしました。
後でお話しいただいたのですが、歯をまとめて抜いた時には、「えーーっ」とショックを受け、これで本当に咬めるようになるか不安になったそうです。
しかし今は痛いところもなく、お刺身のイカも食べれるし、何でも咬めるし、問題はないそうです。

【動画】ズレない、外れない入れ歯(負荷をかけて実験)

また、見た目については、入れ歯だと人にわからないようにしたいという希望がありました。保険診療の入れ歯のときは、入れ歯だとバレているんじゃないか?と不安があったからです。しかし今の入れ歯では、バレているんじゃないか?といった心配は無いようです。人から入れ歯だと指摘を受けたこともないそうです。

最終の完成した入れ歯を見て、歯が綺麗になっているので、ご家族から「歯が白くなっているやん」と笑いが出たということでした。

滑舌(しゃべりやすさ)についての不安もありました。とくにリハビリ入れ歯が入ったときは不安があり、仕事上で迷惑がかからないか気になったようですが、次第に慣れてクリアできました。
今は全く問題なく発音されています。

■治療期間と費用
・治療期間 12か月
・治療費 今回のようなケースでは、上80万円~ 下160万円~ 相談に応じます。 

■リスクと副作用 
抜歯は外科処置であり、薬剤アレルギーや外科処置の一般的な偶発症のリスクがあります。
入れ歯ははじめ少し痛みが出ることがありますが、調整で対応します。
特にリハビリ期間中の入れ歯は完成義歯よりも安定が劣ります。
入れ歯の人工歯は経年的にすり減りますが、すり減り方は一般的な義歯よりも遙かに少なく丈夫です。

「部分入れ歯が噛みにくい、磨きにくい、口の中がどうも調子が悪い」というご相談は多いです。こうなってしまう原因は、咬み合わせのバランスと、お口の掃除のしづらさにあると考えています。

ある70代の女性は、留め金式の部分入れ歯を使っていて、入れ歯の留め金を引っ掛けていた歯の歯茎が歯周病と虫歯になっていました。あちこちの歯が弱っていて、残せそうな歯は4~5本しかない状態で、歯磨きもしづらくなっている様子でした。「とにかく何とかしてほしい、しっかり噛みたい」というご希望がありました。

多くの歯が弱っていて、残せない状態でした。
丈夫な歯5本を残しました。

歯が数本残った場合、留め金式の入れ歯をすることが一般的です。留め金式の入れ歯を使うと歯が一本づつグラグラしてきて次々に抜けてくる。また残った歯を支点にして入れ歯が沈むのでいまいち嚙めない。このような経験でお困りの方は思いのほか多いです。

インプラントはしたくないとのご希望でしたので、残せる歯は残しながら、掃除もしやすく、全体でしっかり噛めるようにする方法を考えました。採用したのは、下には自由診療のドイツ式入れ歯、上には自由診療の総入れ歯を入れ、金属床で補強しました。

ドイツ式入れ歯では、残っている少ない歯を、その歯に負担を掛けることなく活用できます。2~3本でも自分の歯が残っていると、その歯を支えとして、入れ歯の横揺れを防止できるのです。動きが少なく安定感が増すので、通常の入れ歯よりも噛み心地が格段にアップします。留め金式の入れ歯のように、歯に負担をかけることもないので、次々に歯が抜けてくることもありません。

この方は、初めに今の義歯を改造し治療の間の入れ歯としました。その次に残っていた歯を生かしながら新義歯を作り初め、約1年ですべての治療を終え、今も当院にメンテナンスで来院し、なんでも噛んで食事を楽しんでいます。

私はいつも治療を始めるにあたって、まず「いまこの状態になっている原因は何か」を重点的に考えます。年齢的に掃除がしにくくなっている様子であり、銀歯やほかの金属の歯があり、歯も磨きにくく粘膜が腫れていました。そこで金属は金合金の一種類だけにまとめ、掃除し易いシンプルな設計を心がけました。また、歯周病菌の悪玉菌も基準値以上検出されたので、歯種病治療を行い悪玉菌を減らしてゆきました。

ドイツ式入れ歯はごくシンプルな構造ですが、咬み合わせだけは徹底的にこだることが、良い咬み心地につながります。

入れ歯の完成時、きれいな歯が装着されてお帰り頂きました。
ところがその翌日、入れ歯がすごく痛いと連絡があり、すぐにお口の中をみました。その日は応急処置でなんとか対応しまいたが、結局私の製作時に採取した咬み合わせが、使いやすい咬み合わせとは異なることが分かりました。
この咬み合わせのリカバーをどうするか散々悩みました。結局上の入れ歯を作り直すことが、入歯の質、患者さんへの負担の点において良いと考え、作り変えました。

作り直すと、その日からしっかり噛めるようになられました。
作り直しは決して良いことでありません。しかし人が行う上で作り直しはゼロにはなりません。大事なのは問題が起こった時に、その原因を適切見極め、きちんとリカバーし、次の治療につなげることだと思っています。
入れ歯治療に限らず歯科治療は咬み合わせに始まり咬み合わせに終わるといっても過言ではありません。改めて、咬み合せの大切さを痛感したケースとなりました。

出来上がった上の総入れ歯、下のドイツ式入歯
入れ歯を装着した様子。上は総義歯、下はドイツ式入れ歯。
金の内冠がちょうど茶筒の役目をし互いの歯を守りながら、入れ歯のズレを防ぎます。

■治療期間と費用
・治療期間:1年
・費用や治療法はドイツ式入れ歯のページを参照ください

■リスクと副作用 
残せない歯の抜歯は外科処置です。一般的な外科処置の偶発症が起こる可能性があります。留め金式の入れ歯よりも全体でしっかり噛める入れ歯ですが、異物感を極度に感じる方は入れ歯治療を受け入れられない場合があります。

歯を失ってしまったときの選択肢には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。噛み心地、強度などの点ではインプラントがもっとも天然の歯に近いと言われていますが、ケースによって入れ歯をご提案することもあります。

ある60代の女性は、奥歯が3本ない状態で当院に相談に見えました。
残っている歯は多いものの、歯並びがでこぼこしていて、「うまく噛めない」とお悩みでした。歯がないのは片側だけだったので、最初はシンプルにインプラントを入れようと考えました。

ただ、その方は骨粗しょう症とリウマチをお持ちでした。
どちらも骨の病気なので、念のため、インプラントを入れても大丈夫かどうか、主治医の先生に確認を取ることにしました。
確認したところ、先生からはOKが出たのですが、患者さんご自身が、手術をするには体力が心配ということでしたので、インプラントはやめて、ドイツ式入れ歯をご提案しました。

ドイツ式入れ歯は、つけたまま寝られますし、外れたり、ずれたりもしづらいので、インプラントができない方にとって最善の選択肢だと思います。

この方の場合、歯並びがでこぼこしていて、横を向いた歯が隣の歯にぶつかって、ボディブローのようにじわじわと痛めていたので、咬み合わせも徹底して調整しました。
もともと歯を失った原因である咬み合わせを治さないと、入れ歯を作ってもまた壊れてしまうことが多いからです。
歯がなくなっているのは奥歯だけでしたが、前歯の部分にも被せ物を作り、お口全体でしっかり噛めるようにしました。

一般的な部分入れ歯と比べて、ドイツ式入れ歯のいいところは、残っている歯を痛めないところです。前歯にもきれいな被せ物をしたので、見た目もよくなり、喜んでいただいています。

■治療期間と費用
・治療期間:10か月
・費用や治療法はドイツ式入れ歯のページを参照ください