「せっかく綺麗になったのに…ずっと唇が痛い!」

治療前→治療後 嚙み合わせがズレなくなり、快適になりました。

以前から永井歯科に通われていたBさん。
虫歯治療から、歯のないところにインプラント、前歯の被せ物と様々な治療をちょこちょこと行っていました。

奥歯の詰め物がはずれたことで再び来院され、
その際の問診で、「実は前歯で唇を噛み、ずっと痛い、、、」とお話があったのです。

治療前のレントゲン写真

Bさんは女性の歯科医師を希望されていたので、永井歯科の女性の先生が担当してきました。
原因である前歯の被せ物は永井歯科で5年前に入れたもので、ずっと唇を噛み痛い思いをされていたのです。
申し訳なさと、責任を感じました。

治療前 前歯で唇を噛んでしまい痛むそうです

ここ数年の様々な研修の中で噛み合わせの大切さを学んできました。
多くの知識を持ち合わせていましたので、すぐに噛み合わせの診断が必要と判断しました。

型どり→嚙み合わせ→咬合器に装着→診断
という手順です。

咬合器に装着された模型。奥歯の噛み合わせが不安定

診断結果は
噛み合わせが不安定で定まっておらず、あるところから左右にグッとズレてることが分かりました。
やはり噛み合わせがズレたところで被せ物を作っていたのです。
これでは噛むたびにアゴがズレて噛んでしまいます。また、ズレるたびに不必要に首や肩の筋肉を使うので、肩こり・首のこり・姿勢など様々な悪影響が出てきます。
唇を噛み痛い思いをした原因もこの嚙み合わせのズレにありました。

嚙み合わせの基準は関節です。
まず関節の位置と動きから調べ、Bさんの正しい噛み合わせがどこなのか?を見極めました。

そこで得られた噛み合わせで、正しく噛める歯列を模型上にデザインしました。

診断に基づいて考えた噛み合わせのデザイン

Bさんにデザインを見ていただき、この位置で噛み合わせるのが理想であることを説明しました。
実際に治療を行うにはたくさんの歯を新しい被せもの(セラミック)に作り替える必要があります。

ですが、「すべての被せものを外して歯を削り、あたらしい形の被せ物を作ります。でも唇を噛むのは治りませんでした」では治療になりません。

そこで、まずは治療を進めても元に戻すことができる形でのテストをすることにしました。

このデザインを薄い材料で歯に貼り付けて、口の中にこの噛み合わせを再現してみました。これは『オーバーレイ』と呼ばれる、後戻りできる仮歯でのテストです。しかも外せば元通りに戻すことができ、治療をしないで中止することも可能です。

オーバーレイ(テストの歯)を装着しているところ

Bさんにはこの状態でしばらく生活して頂きました。
噛み合わせが体に調和するのか?唇を噛まなくなるか?といったテストです。
セラミックの治療をこのまま進めるか、判断していただく機会を事前に作ったわけです。

テストのオーバーレイの時点で
まず
・唇の痛みはなくなりました
その他にも
・食事の際に顎がカック、カックとなり噛むことがものすごくしんどい
・顎の痛みもあり、ひどいときには半日も痛みが続く

といったこれまでの悩みは解消されています。

「噛むってこんなに簡単なの?というくらい楽!」との声もききました。

費用的にも少し悩まれたそうですが、説明と結果が伴い、治療をすることを決断されました。これまでのお付き合いと当院の治療のやり直しでもあることから一部値引きしております。

リハビリの仮歯。被せ物を外して新しい仮歯に

Bさんは治療するなら、ただ治すだけではなく見た目も綺麗にしてほしいと思われていましたので、セラミックの被せ物で、見た目にも綺麗に仕上げました。

治療後のセラミック 噛み合わせが良くなりました
治療前→治療後

今回の治療で、肩こりや顎の痛み、唇の痛みなど、生活に支障が出るまでの悩みも解消され、見た目も美しくなり、Bさんはとても満足されているご様子でした。

■治療期間 
6ヶ月

■費用
セラミックの被せもの1本10~20万円。
本ケースでは上記費用よりも値引きをしています。

■リスクと副作用
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

73歳 女性 Bさんの症例です。

Bさんが永井歯科に来られたきっかけは、入れ歯の留め金が掛けられている歯が抜けたためです。

当時は残った歯にまた留め金をかけて部分入れ歯を作りました。するとまた歯が壊れ…どんどん歯の本数が少なくなっていきました。

来院1年目のBさんのレントゲン写真
来院5年目のBさんのレントゲン写真

このままではこの先もずっとこの繰り返しになることを説明し、総インプラントの提案をさせて頂きました。

治療内容の説明を聞き、Bさんは
「費用も決して安いものではなかったので、費用面は気になってはいたけれど、やってみないと分からない!以前から通院して信頼している先生だし、やってみよう」と思い、決断に至ったそうです。

インプラントは、ネジ止め式(固定式)が主流です。
ネジ止め式のインプラントは掃除がしにくくなると心配をされるケースもあることから、
Bさんの場合はネジ止め式(固定式)ではなく、上下ともに取り外しが可能なブリッジにしました。

取り外しができることにより、手入れがしやすく点検もしやすい。
万が一介護生活になったとしても、介護者がベッド脇でブリッジを取り外して掃除が簡単にできるという利点があります。

上は、バーの上にブリッジを装着するハイブリッドシステム。

下は、バイコンインプラントの独自のテレスコープシステムFO4。

上下ともに、トリニアと呼ばれるバイコン社の新素材とヨーロッパのセラミックで作ります。

バイコンインプラント社は米国ボストンにあります。日本に入ってくる情報は少ないながらも多少は得ていたのですが、しっかりと見極めるべく、ボストンまで行き、実際に話を聞きトレーニングを受けました。その上でバイコンインプラントの導入を決断しています。

バイコンインプラント社CEOモーガン氏と 
バイコン本社 米国ボストン


太くて短いたった4本のバイコンインプラントでブリッジを固定します。
近年、歯科用インプラントは太くて短いインプラントに特に注目が集まっています。

バイコン本社にて


実はバイコン社は太くて短いインプラントのパイオニアです。太くて短いインプラントを世に送り出したのが1985年ですので、短いインプラントで35年以上の歴史と豊富な臨床実績を誇ります。

治療前→治療後 Bさんのレントゲン写真

治療後、Bさんは初めて永井歯科に来院された時よりも、ハツラツとして、お元気そうに感じました。
元気が取り柄だと伺っていましたが、更にパワーアップしているように感じます。

歯が変わると、顔の感じも変わってきます。
噛み合わせが整ったことにより、体の軸が変わり、見た目にも変化が出ていました。

治療前→治療後のBさん 上下のブリッジは自分で簡単に外せます
治療後のBさん ブリッジを外したところ。外せばとても歯磨きしやすい
治療前と治療後の噛み合わせ

また、「噛めるようになりたい!」とずっと思われていたBさん。
治療直前には固いものを食べる時、手で割って食べるようになっていたそうです。

治療後の一番良かった点は、固いものでもそのまま食べられる事。
お肉も問題なく食べられると喜んでいらっしゃいます。
鳥肉よりも牛肉が好みだそうです。
治療中の仮歯で既に何でも食べれるようになっていました。
料理が得意なBさんは、歯が治ったことで作る楽しみも増えたそうです。

Bさんから「おかげさまで ありがとうございました。」と、嬉しいお言葉を頂きました。

皆さんの健康を支えていくのが当院の役目でもあります。
歯から健康になり、健康寿命を延ばす。
不自由することなく食事をとって、満足いく人生を送れる時間をできるだけ長くお手伝い出来たら幸いです。

■治療期間
1年

■費用
片顎200万円~。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。
セラミックは割れることがあります。通常の使用で割れた際は保証の範囲で対応します。

歯を失ってしまったときの選択肢には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。噛み心地、強度などの点ではインプラントがもっとも天然の歯に近いと言われていますが、ケースによって入れ歯をご提案することもあります。

ある60代の女性は、奥歯が3本ない状態で当院に相談に見えました。
残っている歯は多いものの、歯並びがでこぼこしていて、「うまく噛めない」とお悩みでした。歯がないのは片側だけだったので、最初はシンプルにインプラントを入れようと考えました。

ただ、その方は骨粗しょう症とリウマチをお持ちでした。
どちらも骨の病気なので、念のため、インプラントを入れても大丈夫かどうか、主治医の先生に確認を取ることにしました。
確認したところ、先生からはOKが出たのですが、患者さんご自身が、手術をするには体力が心配ということでしたので、インプラントはやめて、ドイツ式入れ歯をご提案しました。

ドイツ式入れ歯は、つけたまま寝られますし、外れたり、ずれたりもしづらいので、インプラントができない方にとって最善の選択肢だと思います。

この方の場合、歯並びがでこぼこしていて、横を向いた歯が隣の歯にぶつかって、ボディブローのようにじわじわと痛めていたので、咬み合わせも徹底して調整しました。
もともと歯を失った原因である咬み合わせを治さないと、入れ歯を作ってもまた壊れてしまうことが多いからです。
歯がなくなっているのは奥歯だけでしたが、前歯の部分にも被せ物を作り、お口全体でしっかり噛めるようにしました。

一般的な部分入れ歯と比べて、ドイツ式入れ歯のいいところは、残っている歯を痛めないところです。前歯にもきれいな被せ物をしたので、見た目もよくなり、喜んでいただいています。

■治療期間と費用
・治療期間:10ヶ月
・費用や治療法はドイツ式入れ歯のページを参照ください

当院には、昔の治療をやり直したいというご相談が多く、インプラントのご相談も一定数あります。
みなさんインプラントは一生ものだと考えて手術されると思います。もちろん、正しく入れてあり、その後もメンテナンスをきちんとしていれば、インプラントは安心して長く使っていただけます。しかし、インプラントが正しく入っていない場合や、メンテナンスができていない場合には、再治療が必要になるケースもあります。

治療前の前歯の様子

50代男性の症例です。
その方は、前歯の見た目が悪いとお困りで、きれいに治したいとのことでした。見てみるとセラミックが4本入っていますが、色と形、歯肉のラインも不揃いで、そのうち1本の歯はインプラントでした。前歯の治療に際して、全体の咬み合わせの検査を行いました。本来は奥歯にも問題があるものの、今回は前歯を治療してゆくこととなりました。患者さんは非常に多忙で治療期間をできるだけ短くしたいということも、ご要望のひとつでした。

患者さんとお話したことは以下の4点です。
1. 色合いの観点から複数本まとめて治療する方が色と形が揃う。
2. 咬み合わせの観点から前歯は奥歯を守る咬み合わせが必要です。特に犬歯がすり減っており、前歯が奥歯を守れておらず、将来奥歯を守る意味から犬歯を含めて前歯6本を治療すべきである。
3. インプラントの歯が長くなっていましたが、インプラントを正しい位置に入れなおさない限り歯茎は長いままで、歯肉のラインは揃わない。
4. 現在のインプラントには珍しく、横ネジがついており、その対応を模索するのに少し時間が欲しい。

入れたインプラントの周りの歯ぐきが下がってきて、周囲の歯の歯茎も下がってきておりとくに目立つ場所ということでお困りでした。


インプラントを入れた歯医者さんには相談されていませんでした。10年以上前に、当時お勤めだった職場の近くで入れたということで、関西のクリニックではなく、医院名も忘れてしまったとのことでした

インプラントを入れるときに重要なポイントは3つあります。入れる位置、方向、深さです。
この男性もそうでしたが、歯が長く見える角度と位置に入ってしまっているケースは多いです。
実際、このようなケースではインプラントを抜いて入れ直すことは多いです。しかし、ご本人の希望ではインプラントは抜かずに治療をしたいとのことでしたので、歯肉ラインの改善はできないことを了承のうえで、現在のインプラントを生かし、人工歯だけ外してきれいに入れ直すように治療計画を立てました。

建築と同じで、どのようなデザインにするのか、始めにきちんと設計を考えてから治療を開始します。

ところが、そこからが苦戦だったのです。

インプラントと人工歯はネジで固定されています。そして、そのネジをはずすドライバーはメーカーによって違います。そのメーカーが、どこのものか分からなかったのです。
インプラントのメーカーは、世界に数百社あると言われています。しかも10年以上昔のインプラントです。全国の歯科医師仲間、メーカーの方、あらゆる伝手をたどりましたが、なかなか確信が持てません。
結局、「このメーカーの、このタイプのネジであろう」と確信を持てるまでに1カ月かかりました。幸い、その時代のそのメーカーのネジを外せるドライバーがうちにはありました。
開院以来各社のメーカーのインプラントを使用し、他院で入れたインプラントにも携わってきたので、当院には器具がたくさん揃っています。それが役に立ちました。

しかし、いざ外す段になったら、もうひとつ壁がありました。なんとネジ山が壊れかけていたのです。力をかけすぎたらネジが壊れて、もうネジを外せなくなってしまうかもしれない。そうなったら結局インプラントを壊して抜くことになるかもしれません。
そのインプラントのネジは直径約1.5㎜程です。その小さなネジ山が壊れないよう、顕微鏡で確認しながら、そうっと慎重に手を動かし、なんとか外すことができました。

実際にネジを外したときの様子。ネジ穴がなめられていて、さらにネジの周囲に亀裂も入っていたため、壊れないよう慎重に手を動かしました。

無事にインプラントから古い歯を外すことができたので、インプラントを生かしてセラミックの歯を新しくしてゆきました。
まず、模型の上で機能面を考え歯のデザインを考えます。この形で患者さんも納得されたので、セラミックを外し、デザイン通りの仮歯に変えてゆきます。
この仮歯で使用していただき、機能と形を実際の口の中でテスト使用します。患者さんも問題なく使えていましたので、最終の歯に入れ替えてゆきました。
またセラミックの色調にも工夫が必要です。今回インプラントの歯にも、残りのご自身の歯にも金属の土台が入っていたので、金属の色で黒っぽくならないように、色が透けにくいセラミックを使用し仕上げることにしました。

下の歯の色を参考に、歯の色を決定。歯茎のピンク色で錯視しないよう、特殊なカメラで写真を撮影し確認しました。
型を取る直前の様子。歯の周囲に異なる太さの糸を2本入れ、1本は残したまま型を取ります。こうすることで技工士が被せ物を製作しやすい、きれいな型が取れます。この手間が被せ物の予後を大きく左右します。
完成した被せ物。
装着されたセラミック
セラミックが装着された口元

患者さんは過去に様々な治療をして来られています。とくに年齢を重ねると、お口の悩みも複雑になってくるケースが多いです。昔の治療に介入するのにも、情報収集と思考を駆使せねばなりません。「冷静に粘り強くあきらめない」こんな気持ちでいつも治療に臨んでいます。

■治療期間と費用
・治療期間:3ヶ月
・費用や治療法はインプラントのページをご参照ください

■リスクと副作用 
ごくまれに被せものセラミックの土台の歯が折れることがあります。ごくまれにセラミックが欠けたり割れることがあります。保証の範囲で対応します。

奥歯がないまま10年近く過ごし、お顔まで変わってしまっていた方のお話をします。

50代男性の症例です。この方は、左側の奥歯が、上下とも3本以上抜けてしまっていました。支える歯がないからブリッジは作れないということで、歯がない状態のまま10年近く過ごされていたそうです。
右側には歯が残っていて、ブリッジをされていたので、お食事はできていましたが、片噛みによる弊害が出ていました。

治療前
来院当初。左側の奥歯が上下とも抜けてしまっていました。

まず、歯がないと、あごの関節に直接力がかかるので、関節に不具合が生じてきます。噛むという動作をするたびに、関節が思い切り上に押し込まれ、ボディブローのように打撃を受け続けることになるのです。具体的には、口を動かしづらい、食べづらい、痛い、ポキポキ音がするといったトラブルが起こってきます。
また、その方は、パッとみて、お顔の見た感じが左右で違っていました。お口も曲がっていましたし、噛むときに右側しか使わないので、左側の頬っぺたは筋肉が落ち、たるんでいるように見えました。
そして、右側だけで噛んでいたので、右側の歯に負担がかかり、ついにブリッジが壊れてしまって当院に来られました。

一般的にみたら難症例だったと思います。しかし、私は難しい状態から道筋を考え、しっかり噛めるお口を作っていくことが好きです。
この方は、歯がなかったところにはインプラントを入れ、被せ物の歯は全部はずして被せ直し、噛みやすく、見た目もきれいに整えました。

治療計画。まだ50代の方でしたので、できるだけ歯を残せるプランを考えました。
1本1本の歯を評価し、どの歯が残せるか判断しました。
最終的な治療計画。

また、左右の顎の動きが長年の癖によってズレていて、左右均等に動かせなくなっていたので、そこをまっすぐにするのが最大の課題でした。
専用の装置で何度も顎の動きを測定し、それに合わせて仮歯を入れ替えて調整しながら、まっすぐにすることができました。
こうした調整もあったので、最終的な治療完了までは約1年かかりましたが、仮歯までは3ヶ月で進んだので、治療中もしっかりお食事していただけました。

顎位の審査のためにゴシックアーチを作成しました。
下顎の動きに左右のバラつきがありました。描かれた矢印を見ると、右の関節の動きが悪いことが分かります。
マニュピュレーション(右顎関節の整復)をしたり、顎関節の体操をしてもらいました。
矢印が真っすぐに描けるようになりました。左右の顎関節が左右で均等に動くようになってきました。

お口全体で左右均等に噛めるようになり、お顔も、とてもいいお顔になられています。

インプラント体を8本入れて、リハビリの仮歯を3セット装着し、最終のセラミックを20本被せました。

治療後。理想の咬み合わせを短期間に集中して仕上げた。
治療完了後。

■治療期間と費用
・治療期間:11ヶ月
・費用や治療法はインプラントのページを参照ください

■リスクと副作用
インプラントも日常の清掃やメインテナンスを怠ると、天然歯の歯周炎のようにインプラント周囲炎が起こります。
ごくまれに被せものの土台の歯が折れることがあります。ごくまれにセラミックが欠けたり割れることがあります。保証の範囲で対応します。