「噛めるようになりたい……」
家族に反対されてもこの思いだけは譲れなかった70代の女性Mさん。

治療後の口元
治療前→治療後 平面が揃いました。

当院に受診する前のことです。
グラグラで残せない状況の歯を全て抜き、総入れ歯になりました。
その入れ歯が合わず、食事の際に動いて食べ物をうまく噛み切ることが出来なくなり、対処法として入れ歯安定剤の使用を薦められ、使っていましたが全く噛めなかったようです。

治療前

ここから約2年間、固いものを避け、
柔らかい「食べられるものを食べる」と言った食事が始まったのです。
インプラントも検討したことがあるそうですが、歯茎が弱いからインプラント治療は無理だと聞き、インプラントは断念していました。

とにかく噛めるようになりたい!

永井歯科に来院されたきっかけは、知り合いの方のご紹介でした。
あちこちで見かける永井歯科の大きな看板も背中を押したようです。
初めは半信半疑。とりあえず話だけも聞きたいと思い来院されました。

永井歯科ではまず、Mさんのお話をしっかりと伺い咀嚼検査、CT検査、咬合診査を行いました。

入れ歯が動く、ズレると悩まれている方は多くいらっしゃいます。
特に下顎の入れ歯は、上顎の入れ歯と比べて小さいためにぴったり吸着しづらく、舌にもぶつかるため、ズレやすくなります。

Mさんには、当院でドイツ式の総入れ歯を作り、
更に下の入れ歯にはインプラントを活用した「ズレない入れ歯」
【インプラントオーバーデンチャー】を提案しました。

通常の入れ歯は粘膜で固定しますが、
インプラントオーバーデンチャーは2~4本のインプラントを顎の骨に埋め込みます。
そのインプラントを支えにして、入れ歯をロケーターと言うスナップで連結します。
ドイツ式の総入れ歯だけでも動きは少なく安定をするようにお作りしていますが、更にインプラントで動きを少なくすることを期待しました。

治療法が決まり、次に入れ歯の製作と手術を行いました。

手術がとても不安だったMさんには、静脈内鎮静をしながら手術を行いました。
静脈内鎮静とは点滴の麻酔のことで、うたた寝をしているような状態で手術をうけることが出来ます。
Mさんの場合、手術時間は約1時間でした。

術後Mさんには、上顎に最終のドイツ式入れ歯、
下顎に傷口が治るまでのリハビリ用のドイツ式入れ歯で過ごしていただきました。
ドイツ式入れ歯は、型どりから完成まで4回、6週間の期間で製作しています。

手術後。当院で作ったドイツ式入れ歯
(左は下アゴ用リハビリ入れ歯)

契約から2ヶ月後のドイツ式入れ歯を装着した直後様子です。

「おかきが食べられる」
「おかきの味を忘れていた」

仮歯で「おせんべいが食べられる」と素直に喜んでいらっしゃるMさんの姿を拝見し、純粋にうれしいと感じました。

入れ歯でも、インプラントでも「しっかりと噛める歯を作る」という治療を
日々真剣に取り組んでいます。
きちんと患者様に向き合うため、毎日ちょこちょことした治療を大人数に行うのではなく、一人一人にしっかり向き合うことにしました。
そのため一人の患者様に充分な時間をとって診療しています。
一日に診ている患者数は1~4人程度です。

下のインプラントの傷口も治り粘膜が安定しました。
そこで下の最終のドイツ式入れ歯をお作りしました。
回数と期間は4回、4週間で完成装着しています。 調整は2回で治療終了です。

最終のドイツ式入れ歯
最終の上下ドイツ式入れ歯

義歯完成後1週間くらいは、慣れていないため何度か舌を噛み、口の中を噛んでいましたが、今では感覚をつかみしっかり違和感なくお使いになっています。

横顔 治療前→治療後
正面スマイル 治療前→治療後

自然な咬み合わせになりました。

以前お使いの入れ歯→当院の入れ歯

入れ歯は原理原則通りに作りました。
大きいのに異物感は非常に少なくなりました。

入れ歯の不満度の患者評価。
治療前50→治療後15と大幅に向上しました。
大好きなお寿司も、イカなど噛み応えのあるネタを主に選び食べているそうです。
毎日の食事をますます楽しんで欲しいものです。

そんなご様子を以前は反対されていたご家族も、
「よう 食べるなぁ~」とその食べっぷりに喜んでいらっしゃるようです。

全ては患者様のために

■リスクと副作用
インプラントは日帰りの手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。

■治療期間 
6ヶ月(リハビリの期間を含む)

■費用
インプラント1本とスナップは36.3万円×2本。入れ歯は片顎45万円~ご相談に応じます。自由診療です。

70代後半 男性 Mさんの症例です。

Mさんは長年近くの歯医者さんで、歯が悪くなるごとに様々な治療を受けてきました。
これまでの歯科治療で、前歯が傷み上の前歯を何本か抜いて差し歯にもしました。食事に不自由さは感じていませんでしたが、奥歯も前の差し歯の歯が次第に悪くなり食事が噛みにくくなっていました。そこで最近、抜本的な治療として残らない歯は抜いて上は総入れ歯、下は部分入れ歯を作ってもらうことにしました。
しかし作ってもらった入れ歯をはめると、噛むことも食べることもできなかったようです。

たこ焼きはタコを除かなくては食べられず、
キャベツ、レタスといった葉物は、噛み切れないので奥様がミキサーでジュースにされていました。
やせ細っていく旦那様を見て、何とか野菜を取らせたい。と奥様の愛情です。
前歯が使えなかったので、お肉も噛みちぎることができず、
とんかつは極力避け、食べるとしてもかなり細かく切って食べていたそうです。
食事は食べたいものを食べるのではなく、食べられるもの選ぶといった日々でした。
昼は外食が多いそうですが、どんぶりを食べるなら、噛まずに食べられる卵丼を選んでいました。カツ丼や牛丼は避けざるを得ませんでした。
歯科医師に相談しても、今の入れ歯はこれ以上のことはできない。入れ歯安定剤などで調整してくださいと言われていたそうです。
「どうしよう…このまま食べられなくなってしまうんだろうか…」と不安でしたが
治療はもうあきらめていたそうです。

ちょうど緊急事態宣言で仕事が休みになり、普段は聞かない時間にたまたま流れていたラジオ。
そのラジオから聞こえてきたのは、まさにMさんと同じ歯の悩みについての対処法を話す永井歯科の永井理事長の話でした。電話番号をすぐに控えたものの、遠方であることが気になっていましたが
Mさんは、「これは偶然ではない。何か縁がある」と思い、一か八かの思いで永井歯科に電話をかけてこられました。
ラジオが繋いだご縁です。

京都在住のMさん。
来院はいつも奥様とご一緒でした。
当院のスタッフの対応、歯科医師からの細やかな治療の説明を受け、ここでお願いしたいと確信されたそうです。

当院には遠方からお越しの患者様が数多くいらっしゃいます。

当院では専門的にきちんと噛める歯を作るために、1回あたりの治療時間が1時間から2時間、半日のうちに1~2人の患者様を診る体制をとっています。
特に遠方からの患者様にはまとめて治療ができるように時間の調整を行っています。

Mさんの治療

来院時のお口の中

最初に審査するために1~2回時間を頂き、模型を使い診断しました。
Mさんは下あごの歯が前に出ていて、上顎は両側の骨がトゲトゲと突出していました(骨隆起)。


片方だけにトゲトゲの骨が出ている場合は入れ歯を入れることはできます。
両方にトゲトゲがある場合そのままだと、両方のトゲトゲの裏側まで入れ歯を入れることが出来ないため、入れ歯をガサガサにしてトゲトゲを覆うか、入れ歯は浅いところまでしか覆わないかの二択になります。これだといずれにしても適合が甘く、動いて外れます。

上顎に出来た骨のトゲトゲ(骨隆起)
上アゴのトゲトゲ(骨隆起)

そこでMさんの場合は、まず入れ歯をお作りする前に、トゲトゲになっている骨(骨隆起)を取り除くプチ手術を行いました。
入れ歯を入れるための環境整備は、初めに行わねばなりません。

左はトゲトゲをとる前の模型、右はトゲトゲを除去した後の模型

また初診から2回目の来院時に模型上で歯を理想的に並べてみると、
下アゴの歯が基準点よりも大幅に前に出ていることが分かりました。
これだと普通に治療すると入れ歯が安定を得るのは難度が高くなります。できれば簡単に安定する局面にして入れ歯を作りたいものです。

関節位でドイツの咬合器にマウントしての療前診断
上の前歯を基準値に置いてみたところ。下の歯が基準値よりもかなり前にあることは大きな問題でした

そこで
下は歯を3本とも抜き、ご自身の歯よりももっと内側に歯を並べる設計にしました。
これであれば上下の歯を理想の位置に並べることが出来るので、入れ歯の安定は得やすくなります。
更に下の入れ歯はインプラントを2本入れることでズレない入れ歯(2IOD:2インプラントオーバーデンチャー)にしました。
上は総入れ歯(シュトラック)です。

下アゴにはインプラントのスナップが配置されています

治療後の様子

治療はほとんど当院のドイツ式入れ歯の作り方と一緒です。
お口の中のボリュームをきちんととるやり方で上下顎同時型どりを行いました。
人工歯はヨーロッパの人工歯を使用しています。この人工歯は長期間使ってもすり減りがとても少ないので長持ちします。また入れ歯のピンクの部分の材料は適合がよく、薄くしても強度がしっかり保たれるヨーロッパの材料を厳選して使用しています。

上下同時に型どりには、お口のボリュウームも咬み合わせも全ての情報が一つに集約されます。
診断から製作完了まで全ての工程をドイツの精密咬合器上で行います
仮合わせの歯
完成義歯
完成義歯
インプラントと下の入れ歯はずれない

今回はリハビリ用の入れ歯として、Mさんが以前お使いの入れ歯を改造して使用しました。骨の条件が良かったのでリハビリ入れ歯のためにインプラントを1本増やし、オペ直後から食事をしやすくしました。
来院から約1ヶ月後には、リハビリ入れ歯でも、かなり噛めるようになり食事を楽しまれるようになっていました。
漬物もバリバリと噛める!これだと噛めるとのことでした。

インプラント治療直後の様子。追加で1本余分にインプラントを入れて入れ歯を固定しました。


因みに、追加で1本入れたインプラントやリハビリ入れ歯と繋ぐ費用はMさんには頂いておりません。治療の初めにしっかり診断と予測を立てて、内容と費用が決まったら少しくらい追加が出てもご請求はしないことが殆どです。こちらとしては患者さんが無事噛めるように良いと考えられることをしてゆくだけです。もちろん患者さんに説明を都度します。反対に患者さんにおいては途中で良いアイデアを提案される度に、どんどん追加の費用が出たら安心して治療をうけれないであろうとの配慮です。

話は脇にそれましたが、Mさんの話に戻ります。

そこから治療はお休みしました。


5ヶ月開けて来院していただき、粘膜も骨の状態も安定していたので、本当の入れ歯の製作に入りました。
かたどりが2回、仮合わせが1回、装着が1回の合計4回です。
完成後に、当たるところを2度調整したのみで
粘膜は痛まず、しっかり噛めるようになったので治療は終了となりました。
食事は、かつては食べれなかったかつ丼を普通に楽しめます。たこ焼きのタコだって、餅、たくあんだって何でも食べられるようになりました。

入れ歯完成時。入れ歯とインプラントをスナップボタンのような装置でぱちんと固定しています。
治療後の口元

どの角度から見ても自然な口元に仕上がりました
下が治療後。横顔が引き締まり、素敵です。

Mさんは治療を終えて、
治療の金額がこれまでの治療よりも高額であること、遠方であることも全く問題なかったそうです。
たとえ遠方であってもしっかりした歯科医院で診てもらいたいと今では確信しています。
自分と同じような症状で悩まれている方がいらっしゃったら、自信をもって紹介したい!と思っているそうです。

何よりも「毎日、昼ごはんに何を食べるかって考えるのが楽しくて仕方がない」と満面の笑みのご様子でした。

■リスクと副作用
インプラントは外来での手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。

■治療期間
8ヶ月(抜歯、リハビリ入れ歯での待機期間を含む)

■費用
インプラント1本とスナップは36.3万円×2本。入れ歯は片顎45万円~ご相談に応じます。自由診療です。