Nさん 85歳 男性

「自分の歯と全く同じかと言われると、完全に同じとは言わないけれど、何の遜色もなく何でも噛めるようになったし、非常に満足しています。」

治療を終えてNさんから頂いた言葉です。

上の歯を全て治療した後の状態

Nさんは、治療終了時85歳とご高齢でした。
これまで歯で困ったことはなかったのですが、数年前から歯がぐらぐら動くようになってきました。
Nさんはこれまで、歯の揺れてきたところは治らないのでそのままにするしか仕方がないと聞いていました。
これまで歯は丈夫であったのにとても残念に思い、かつての健康な歯を諦めきれずにいました。
そこでNさんは何とかしてほしい。と永井歯科に来院されました。

65歳を超えると、大きな治療はこれで最後にして、人生最後まで走り切れる治療が求められます。
それは健康保険で入れ歯を作る、健康保険で一部分に被せものをする、虫歯を詰めると言ったこととは内容が全く異なります。
きちんと歯周病治療を行い、1本1本の歯の治療を行うこともありますが、重要なのは咬み合わせです。
健康保険の部分入れ歯を入れてから歯が次第にぐらぐらになり、入れ歯の修理と作り替えを繰り返している方の数は少なくありません。
歯の本数が年々減っていく方は、全体の咬み合わせを考えないで詰め物、被せものや入れ歯の治療をしてきたからなのかもしれません。一度咬み合わせを専門的に見ている医療機関を受診することをお勧めします。当院では先々まで長持ちする咬み合わせを大切に考えて治療を行うよう心がけています。

Nさんの話に戻ります。

いろいろお調べしたところ、上顎が全体にわたって重度の歯周病であることが分かりました。

初診時のレントゲン 上の歯を支えている骨がわずかになっています
歯肉が腫れていて、歯周病になっています。長く伸びた歯もあります。 咬み合わせにも異常がありました

上顎の前歯が伸びて長くなっていますし、全体の噛み合わせも低くなっているようです。
まっすぐ閉じた時も一部分ばかりに力がかかり、横に歯を動かす際にも特定の部分が、がつがつと大きな力がかかっていました。咬み合わせのバランスが乱れています。

治療としては
1:歯周病の治療を行い残せる歯、残せない歯を判断します。
2:上顎を全体として治療し、上下でしっかり噛めるようになり、もちろん長持ちするように。
この2つが求められます。

1の歯周病に関しては患者さんの努力もあり2か月で治りました。
炎症もほとんどなくなり、歯周病菌の悪玉菌であるP.g菌の数も正常な数値になりました。

歯周病治療の後、歯ぐきの腫れもなくなりました。
歯周病治療で歯周病の悪玉菌であるP.g菌が大幅に減少しています

2の咬み合わせに関してはいくつか方法がありますが、上の歯だけを治せば大丈夫です。
イ.上顎の残せる歯を残して総入れ歯に準じた入れ歯であるレジリエンツテレスコープ
ロ.インプラントを使ったブリッジ

患者さんは、これまでの人生は歯で困っていなかったのに、入れ歯は嫌である。
とのことでしたので、インプラントのブリッジを選択されました。

歯周治療を終えると、上顎になんとか残せそうな歯もありました。残せる歯があるならば、本来はその歯を使ってブリッジをしたいところです。とはいえ歯周病で歯を支える骨は少なくなっているので弱い歯です。この残った歯だけでブリッジをしたのでは強度が足りず短期間でぐらぐらになってしまいます。

通常こういう場合のブリッジは、上の歯は全て抜いてインプラント4〜7本のブリッジをするのが中長期で見て手堅い治療方になると考えています。

今回Nさんには、上の残せそうな歯を活用し、2本のインプラントを補助的に追加することでブリッジの治療を行いました。
若ければ余命が長いので4~7本のインプラントが必要になりますが、Nさんは高齢者で余命が限られることから、インプラントは2本で大丈夫であると判断しています。
インプラントの本数を減らすと高齢者への体への負担を軽減する効果があります。

今回のブリッジは、ドイツ式入れ歯のなかでも、コーヌステレスコープブリッジとよばれる被せものになります。

特徴として
・歯とインプラントの上に1ピースのブリッジを装着します。
・入れ歯のバネがないので、見た目が綺麗で人に気付かれません。
・このブリッジは自分で簡単に着け外しが出来ます。
・ブリッジを外すと、単純な被せものなので一般的なブリッジより遥かに歯磨きが簡単です。
・万一壊れても外せるので修理が簡単に行えます。

デメリットとしては少し費用がかさむ点です。

しかし万一問題が起きた際修理が簡単にできるので、長く大事にお使いいただくことが出来ます。再治療に大きな出費がかからない点は反対にメリットとなり得ます。

インプラント手術では、コンピューター上でインプラントを植える位置をシュミレーションし、その通りの場所にインプラントを短時間で入れる技術があります。
これはコンピューターガイデッドサージェリーと呼びます。

Nさんにもこの方法を使い治療を行いました。
手術の日には歯科麻酔医が立ち合い全身管理を行い点滴でうたた寝の状態を作り治療を行っています。

40分間寝ている間に歯肉に小さな穴だけを開けて2本のインプラントを入れ終えています。
翌日も体の負担がほとんど残らなかったそうです。

コンピューターガイデッドサージェリーのシュミレーション
非常に快適に咬めるように回復しました
治療前と治療後のレントゲン

治療の期間、咬めなくては困ります。治療の全期間を通して仮歯を使って生活してもらいました。
この仮歯はNさんにとても好評で、以前よりも快適に咬めていました。
治療を終えてNさんは「あの仮歯で治療をおえても良かったです。」笑。と冗談をおっしゃっていました。

治療中の仮歯の様子 右下は仮歯を外したところ

 

実は日本でコーヌステレスコープ入れ歯を扱っている歯科医院は少数です。その理由は日本の歯科大学ではコーヌステレスコープ入れ歯を習得できないからです。日本の歯科大学で部分入れ歯といえば、留め金式のクラスプ入れ歯の技術が習得されます。健康保険の部分入れ歯も留め金式のクラスプ入れ歯が扱われているからです。医療の先進国ドイツでは留め金式のクラスプ入れ歯は、現在では扱われていません。クラスプを掛けた歯に栓抜きのような力を与え、歯を失い易いと考えられているからです。

留め金式のクラスプ入歯 栓抜きに似ていませんか?

ドイツ チュービンゲン大学で留め金式の入れ歯が使われなくなったのは1967年と今から50年以上前のことです。
日本で50年前と言えば、1961年の国民皆保険制度の完全化です。この時からすべての国民が健康保険の歯科医療を受けられるようになり、留め金式のクラスプ入れ歯は誰でも手軽に出来るようになっています。
日本の健康保険では歯科用インプラントもできません。顎の腫瘍などでごく限られた条件を満たす方にだけ保険適応されています。

インプラントとドイツ式入れ歯であるテレスコープ入れ歯を組み合わせた治療は、日本では極わずかな歯科医院でのみ取り扱われています。

全ては患者様の笑顔のために


■治療期間と費用
・期間 9カ月(歯周病治療期間2か月を含む)
・治療費 インプラント体1本25万円〜(税別)
コーヌス支台1本15万~(税悦)
ドイツ式コーヌスブリッジ150万円~(税別)

■リスクと副作用
天然歯は日常の清掃やメインテナンスを怠ると虫歯や歯周病になることがあります。
インプラントも日常の清掃やメインテナンスを怠ると、天然歯の歯周炎のようにインプラント周囲炎が起こります。神経の治療をしている歯は治療後に歯の根が折れたり抜けることがあります。

70代女性 Iさんの症例です。

皆さんにもこんなお悩みはありませんか。

年月が経ち、部分入れ歯の劣化に伴い、それを支えていた天然歯がある時から少しずつ弱ってなくなっていき「この先、上の部分入れ歯を支えている天然歯がなくなったらどうなるだろう、、、歯が全部なくなって総入れ歯になるのかな、、、食事はできなくなるのかな、、、、」

こんな漠然とした不安を抱かれた経験はありませんか?

Cさんはまさにこちらのケースです。
上下ともに天然歯がいくつか残っていたため、上は部分入れ歯。下はブリッジで問題なく生活されていました。
年月が経ち、部分入れ歯が劣化し不安に思われたのです。
Cさんはそれに加えて、部分入れ歯の針金も見えていたこと、下のブリッジの長さが長すぎてかっこ悪くて嫌だったことも治療に来られたきっかけでした。

たまたま永井歯科のチラシで「入れ歯はイヤ!」に目が留まり、とにかく話が聞きたい。
上下ともにこの先どんな治療方法があるのか知りたいと思い、永井歯科に相談に来られました。

永井歯科では、まずCさんのお話を伺い、口腔内の写真撮影、咬合審査を行いました。
咬合審査の結果をお伝えし、口全体を診て判断した結果から治療方法としてFO4を提案しました。

FO4とは、アメリカボストンの30年の歴史を持つバイコン社製のインプラントシステムを使ったブリッジです。
バイコンインプラントは一般のインプラントとは少し異なり、インプラントの長さが太く、短く、小さいのが特徴です。手術では小さい穴をあけるだけなので体への負担は少なくて済みます。
FO4では自分で取り外しができるテレスコープシステムを採用しています。掃除が簡単なので、将来介護生活になっても対応がし易いインプラントになります。

治療前に行うシュミレーション

シュミレーションから作ったドリルガイド。安全で負担の少ない手術が行えます。

インプラント手術の前には、コンピューターを用いて、インプラントの位置を決め、手術ではガイドを使って所定の場所にインプラントを入れています。
こうして丁寧に段階をふみ、手術を行っていきます。

①治療前→②インプラント埋入手術後 天然歯にて仮歯を支える→③インプラントを使った仮歯→④セラミックのインプラントブリッジ

インプラント手術の後は、埋入したインプラントをしっかり骨に固定させるためリハビリ期間を3~4ヶ月設けます。その間も常に食事がとれるように天然の歯を残して仮歯のブリッジを固定することにしました。
こうすることにより、食事も問題なくとっていただけます。

仮歯の段階から噛み合わせを考え、歯のラインを整えデザインがしっかりするときちんとした噛み合わせで生活できます。
Cさんも「もうこのままでいいかも」と仮歯にも満足されていたようです。

上下ともに、完成したブリッジを入れ治療は終了です。

治療後のセラミックのブリッジ

誰しも、初めての病院には不安があると思います。
Cさんもきっと不安の中、相談に来られたのです。
はじめにしっかりとお話を伺い、治療についてしっかりと説明させていただきました。

今回のようなケースでお悩みの患者様は多くいらっしゃると感じています。
悩みは同じでも一人一人の治療法は異なります。
年齢、体力、生活環境、一人一人異なります。その患者さんごとにしっかりと向き合い、その方に適した治療法を考えるようにしています。

Cさんが「この先生に任せてみたい」と思ってくださったことは、とてもうれしく感じました。

全ては患者様のために…

全て永井歯科の技工士が製作しました。

■リスクと副作用
インプラントは日帰りの手術が必要です。高齢や持病によっては出来ない場合があります。清掃の不良があると天然歯の歯周病に類似したインプラント周囲炎が起こることがあります。

■治療期間
1年間(リハビリの期間を含む)
治療の全期間、食事はできていました。

■費用
インプラント1本とスナップは36.3万円×2本。入れ歯は片顎45万円~ご相談に応じます。自由診療です。

「えっ あれ? どうやって取り外しするの?」
出来上がった入れ歯を見たYさんの第一声です。

完成したコンパクトな取り外せるブリッジ
右はカギを開けて ブリッジを外せるようにしたところ
左は外したところ 右は装着したところ

Yさんは50代女性。10年来当院に通われている患者様です。
当院に来院される前から右下(写真に向かって左下の部分)に一般的な外せないブリッジが入っていました。

〇が壊れて外れてしまったブリッジ。矢印では歯が折れて、歯を支える骨が溶けてしまっています。

このような長い橋渡し設計の一般的なブリッジは長期的には持たないことが殆どです。
以前から違和感はお持ちでしたが2年前にこのブリッジは壊れてしまいました。
奥から2番目の歯は折れて被せものと分離しており噛みしめる力を支えてはいません。
結局奥から2番目の歯は抜くことになりました。また一番奥の歯も掃除がしにくい設計です。銀歯を外してみると黒い虫歯が出来て虫歯の穴も開いていました。幸い虫歯を取り除いてその歯を再び活用することが出来ました。

奥から2番目の歯。歯とブリッジは外れて、くっついていません。
銀歯を外してみた状態。黒いところが虫歯で、矢印は虫歯の穴
インプラントが適さない骨質だった
虫歯は取り除かれ、歯を抜いたあとの穴は塞がってきました

こういったケースの場合インプラントが最もシンプルでスモールな処置となることが多いです。しかしながら、予算に問題ない方であったとしてもインプラントが出来ないケースはよくあります。Yさんの骨質はインプラントをしないほうが良いケースでした。
一般にはインプラントが出来なければ留め金式の部分入れ歯か長いブリッジを選択することになりますが、いずれもあまり良い方法だとは私は考えていません。
部分入れ歯だと針金に食べかすが挟まり噛むとぐにゃぐにゃとして異物感が残る。また留め金をかけた歯にダメージが加わり、歯が揺れてきて、次々に抜歯になるなど、なかなか長い時間軸で満足にお使いいただけない経験を沢山してきました。

実は日本でよく見かける部分入れ歯は、歯にダメージを加えるものとして、ドイツの大学では推奨されていません。ドイツではその代わりとして歯に優しいテレスコープ義歯(ドッペルクローネ)が教育されています。

またブリッジを作るという選択もありますが、傾斜した歯に再び長い距離のブリッジをかけるのは、力学的に歯に負担が大き過ぎて、ブリッジが外れたりあるいは歯が折れたり、掃除がしにくくて虫歯が出来たりと、多くのトラブルに遭遇しがちです。
ですので、こういったインプラントが出来ない患者さんに対して私が考える最適な答えは、ドイツ式入れ歯になります。

ドイツ式入れ歯の中でもリーゲルテレスコープという、いわば取り外せるブリッジです。
ちょうどさかさまにした紙コップを2つ重ねたような二重冠構造になっており、外れないようにレバー型のカギをかけて固定します。このリーゲルテレスコープでは2本の歯を繋いで1次固定した上に、更にその上から全ての歯を繋いで2次固定しています。
更に手前の2つの歯にかかる廻転沈下する力はシュレーダーゲシーベを装着することで、歯が大きく横に揺らされたり、一つの歯だけが廻転の支点にならないように工夫されています。

これは一番奥の歯が万一壊れたときに手前の歯2本を守るものとして効果を発揮します。また一般的なブリッジのように歯だけで力を受け止めるのではなく、歯と粘膜両方で力を受けとめている点も、歯への負担の軽減につながっています。
なるべく神経を抜かないで治療することも歯を長持ちさせるためのポイントで、これも古くからドイツで実践されてきた考え方です。掃除に関しては外冠を外してしまえばスリムでシンプルな形をしているので、歯ブラシが隅々まで簡単にできてしまいます。

つまりドイツ式のリーゲルテレスコープ義歯は丈夫で長持ち、そしてしっかりと機能し、装着感が良くて掃除が簡単です。
こうして考えると、改めてドイツの歯科医学は凄いと私は感心せざるを得ません。

矢印がシュレーダーゲシーベ。歯が大きく横に揺らされたり、一つの歯だけが廻転の支点にならないように工夫されている
力点は支点から遠い方が歯には負担がかからない
片側の奥歯を補うリーゲルテレスコープ義歯の構造

ここからは治療の手順です。
残すことが出来ない歯を抜いて、歯を抜いた穴が治るのを待ちます。
Yさんの場合は10ヶ月ほど待ちました。
その後支えになる歯の形を整えて型どりを2回、仮合わせを2回、装着を1回、合計5回の来院で治療を終えることが出来ました。

治療前→治療後  留め金がないので、自然な見た目です
治療前→治療後
治療後 ブリッジを外している状態
治療後 ブリッジを装着した状態 留め金は見えない
治療後のレントゲン

この写真は入れ歯をつけたところです。留め金がないので、入れ歯だと人に気付かれれません。

日常の入れ歯の着脱について

Yさんはどちらかというと器用ではないそうです。初めの1、2回は少し手間取った様子でした。舌で触りレバーが前の方にあることが分かると、簡単に着脱できるようになりました。装着感は非常によいそうです。

【動画】着脱しやすい、お手入れも簡単なドイツ式入れ歯

以前は左ばかりで噛んでの食事でしたが、今では両方の歯でしっかりと噛めるようになり、硬いお肉ももちろん大丈夫と満足されています。
Yさん自身、以前はインプラントや入れ歯ブリッジしかないと思っていたそうです。
今後同じ状況の方がいたら「選択肢との一つとして、私はこんな入れ歯型のものをしている、普通に不自由なく使えるということを伝えられる」とおっしゃっていました。
これから長く持たせるためにも私がしっかりお手入れしなければとも、笑顔でお話してくださいました。
こうした患者様の笑顔は、私が治療に向き合う上でとても励みになっています。

■治療期間と費用
・治療期間:1年
・費用はドイツ式入れ歯のページをご参照ください

■リスクと副作用
留め金式の入れ歯よりも全体でしっかり噛める入れ歯ですが、異物感を極度に感じる方は入れ歯治療を受け入れられない場合があります。