Case.02 インプラントは出来ない。入れ歯にもリスクがある患者さん

  • セラミック
  • ドイツ式入れ歯
  • 咬み合わせ

歯を失ってしまったときの選択肢には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。噛み心地、強度などの点ではインプラントがもっとも天然の歯に近いと言われていますが、ケースによって入れ歯をご提案することもあります。

ある60代の女性は、奥歯が3本ない状態で当院に相談に見えました。
残っている歯は多いものの、歯並びがでこぼこしていて、「うまく噛めない」とお悩みでした。歯がないのは片側だけだったので、最初はシンプルにインプラントを入れようと考えました。

ただ、その方は骨粗しょう症とリウマチをお持ちでした。
どちらも骨の病気なので、念のため、インプラントを入れても大丈夫かどうか、主治医の先生に確認を取ることにしました。
確認したところ、先生からはOKが出たのですが、患者さんご自身が、手術をするには体力が心配ということでしたので、インプラントはやめて、ドイツ式入れ歯をご提案しました。

ドイツ式入れ歯は、つけたまま寝られますし、外れたり、ずれたりもしづらいので、インプラントができない方にとって最善の選択肢だと思います。

この方の場合、歯並びがでこぼこしていて、横を向いた歯が隣の歯にぶつかって、ボディブローのようにじわじわと痛めていたので、咬み合わせも徹底して調整しました。
もともと歯を失った原因である咬み合わせを治さないと、入れ歯を作ってもまた壊れてしまうことが多いからです。
歯がなくなっているのは奥歯だけでしたが、前歯の部分にも被せ物を作り、お口全体でしっかり噛めるようにしました。

一般的な部分入れ歯と比べて、ドイツ式入れ歯のいいところは、残っている歯を痛めないところです。前歯にもきれいな被せ物をしたので、見た目もよくなり、喜んでいただいています。

■治療期間と費用
・治療期間:10か月
・費用や治療法はドイツ式入れ歯のページを参照ください