スタッフブログ

日本歯科衛生学会 第13回学術大会

2018年09月18日 (火)

9/15〜17に福岡で開催された日本歯科衛生学会 第13回学術大会に参加してきました。

口から食べる倖せの追求-地域包括ケア時代の多職種連携-というテーマで
「栄養状態から考える糖尿病と歯周病」
「地域包括ケア時代に地域との連携を深める為に歯科衛生士に必要なこと」
「病院における言語聴覚士の取り組み」
「地域における歯科衛生士の現在の取り組み」
「漢方やアロマテラピーなどの観点も含めて口から食べて自然治癒力を高める」
というような講義を受けて来ました。

これからは多職種連携や地域と関わり、その方も診ていくことが求められています。そして、その事がより一人一人の患者様の為になると思います。

まだまだ未熟ですし、分かりやすく話を伝えることが苦手なので、今後様々な方と協力していく為に少しずつどうしたら簡潔に分かりやすくお伝え出来るかを考えていきたいと思いました。

他県のがんセンターで働いている専門学校時代の同級生とも学会で会えて、頑張っている友人に刺激を受け、私もこれからもっと勉強して自分の目指している歯科衛生士像に近づけるように頑張ろうと思いました。その友人と博多ラーメンやもつ鍋やゴマ鯖や明太子などの博多のご当地料理も食べ福岡は美味しいものがたくさんでした。

食べる事が好きな私ですが、講演の中で高齢者の方に「一番幸せを感じる事、楽しみな事は何ですか?」と聞いた時のNo.1は『食事』だそうです。人を良くすると書いて「食」その食事を死ぬまで美味しく食べられるお手伝いを出来る衛生士になる為に、これからも頑張りたいです。

永井歯科 訪問歯科衛生士 濱名明日香