スタッフブログ

PECメインテナンスオープンコースを受講

2018年12月18日 (火)

12月16日、山本浩正先生のPECメインテナンスオープンコースに行ってきました。

講義の内容は、患者様にとってのメインテナンスの意義や、患者様へのポジティブなアプローチの仕方などについて学びました。
生涯にわたって自分の歯で食べる楽しみ、おしゃべりする楽しみを持ち続けてほしい。そのためにはむし歯や歯周病で悪くなったところの治療だけでなく、病気の原因であるバイオフィルム(バイ菌の塊)を定期的に取り除き、むし歯や歯周病から歯を守るためにメインテナンスをすることがとても大切です。
メインテナンスを続けた人は、そうでない人と比べて歯が3倍長持ちするというデータもあります。
患者様の生涯にわたるお口の健康管理を安心してお任せいただけるよう、今後も日々努力してまいります。

永井歯科・矯正歯科 歯科衛生士 馬場

花田真也先生の床矯正ベーシックコースセミナーに参加

2018年12月3日 (月)

12月2日、新大阪で花田真也先生の床矯正ベーシックコースセミナーに参加してきました。

床矯正治療には2種類あります。
①バイオセラピー
歯並びの不正の原因を考え、改めること。
・食事の環境を見直す。
・悪い習慣をやめる 。
(指しゃぶり、口ぽかん、頬杖など)
②メカニカルな矯正治療
取り外しのできる装置を使用し、機能的に治療すること。

何気ない日々の習慣や癖が、実は子供の顎の成長や歯並びに影響しています。装置を使用すれば歯並びが改善すると思われがちですが、悪い習慣を改善しなければ、装置で歯並びを治しても必ず元に戻ります。
歯並びが悪くなった原因はどこにあるのか、解決のためにはどうしたらいいのか、患者様にしっかり説明、指導できるよう今日学んだことを診療に活かし、今後も勉強を重ね研鑽を積んでいきます。

永井歯科・矯正歯科 歯科衛生士 馬場朱梨

ベーシックコースのはまちえ研修

2018年11月27日 (火)

11月24日にベーシックコースのはまちえ研修がありました。


今回は超音波スケーラーの威力を確認するためにうずらの卵を使用し、表面を削りました。


一番強いパワーで当てるとすぐにうずらの卵は割れてしまいました。
卵が割れるということは歯に同じパワーで当てると傷がついてしまうということがわかりました。
硬い歯石を除去する時、プラーク除去する時、必要に応じたパワーで施術することの大切さを改めて知りました。
今日からの診療に活かせるよう復習し、日々練習をしようとおもいます。

永井歯科・矯正歯科 歯科衛生士田中志織

11月22日 訪問チームで救命講習を受けました

2018年11月22日 (木)

尼崎市内には、全部で9台の救急車があります。
年間の出動件数は3万件にもなり、1日の稼働率は日本でもトップで毎年件数が更新されてると聞きました。
そのため、救急車を呼んでも全て出払ってしまっていたら、待つしかありません。

待っている間私たちでもできることは、心肺蘇生とAEDを使い救急車が来るまで繋げることです。

いつどんな時でも対応できるよう、訪問チームでも毎年講習を受けています。
講習では、心肺蘇生の訓練、AEDの使い方を習いました。
心肺蘇生の胸骨圧迫は、思っているよりとても力が必要で、1分間に100回~120回の速さで圧迫します。できる限り、中断せず、絶え間なくすることが重要だと教わりました。

AEDでは、今まで心臓を動かす道具だと思っていましたが、実は、一旦心臓を止める道具だと知りました。昔に比べて、かなり改良され、初めて使う人でも簡単に使えるように作られています。

大切な方の命を助けるために、年に1度は、講習を受けるのが良いと感じました。

医療法人社団 康佑会 訪問部 松下恵子

濱田智恵子先生による1日SRPセミナー

2018年11月20日 (火)

11月18日濱田智恵子先生による1日SRPセミナーを受講しました。

今回私ははまちえ先生による1日SRPセミナーを受けるのはこれで2回目です。

SRPの上達にはまずは基本の持ち方であったり、疲れにくいポジショニングを身につけることが大事です。

SRPでの不安な点を今回改めて復習できたと思います。
基本を忘れず、日々の練習も続けていきます。

のまきたパーク歯科・矯正歯科 歯科衛生士 中村

1 / 3612345...102030...最後 »