予防歯科

最も大切にしてるのは「歯を守ること」
虫歯を削って治すだけでは歯の健康は守れません。
定期健診で予防することで将来に渡って歯の健康を守ることができるのです。歯を守り、育てることが当院の使命です。

メンテナンス内容

メンテナンスは3~6ヶ月に一度を目安にしてご来院ください。

お口の健康検査

新たなむし歯や歯周病がないか?
きちんとプラークコントロール出来ているか?などを調べます。リスクファクターのチェック。

歯のクリーニング

専門家による機械を使った歯のクリーニング(PMTC)

スケーリング(歯石取り)

専用の器具を使って、普段のブラッシングでは取る事の出来ない歯石を除去します。

口腔衛生指導

お口の中のプラーク(歯石)の付着状況を検査し、1人1人に合ったプラークコントロールの方法を指導します。

フッ素塗布

むし歯へのリスクが高いと判断された場合には、フッ素を塗布してむし歯の予防を強化します。

その他の検査

必要に応じて、エックス線診査、唾液検査、細菌検査、3DSなどを行っております。

「治療」から「予防」の時代へ

歯科医院での治療が終わった後、このようなことを言われたことはありませんか?
治療が終わったのに、「なぜ定期的な通院が必要なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。
この疑問にお答えします。

予防歯科の重要性。歯は削るほど悪くなっていく?

予防歯科の重要性。歯は削るほど悪くなっていく?

「虫歯になっても、歯を削り治療をすると良くなる」
このような考えを持たれている方はたくさんいらっしゃいます。虫歯の部分を削って、硬い金属の詰めものやかぶせものをすることで、以前よりも歯が丈夫になったような感じがしますね。ただ、歯は治療するほど悪くなります。以前に治療した歯を再び治療すると、 さらに大きく歯を削ることになります。
再治療を何度も繰り返すと、最後には削る歯がなくなり、抜歯、そしてインプラントや入れ歯、ブリッジの治療が必要になります。
成人で虫歯治療を行う方の70~80%は、新しくできた虫歯の治療ではなく、以前に治療した歯を再び治療していると言われています。一度治療した歯は強くなったわけではなく、弱くなったという認識が重要です。
治療した後、虫歯が再発しないように、歯の予防、お掃除の正しい知識をもち、少しだけ今までと違う行動をとることが大切です。

歯磨きだけでは虫歯・歯周病は予防できない?!

歯磨きだけでは虫歯・歯周病は予防できない?!

残念ですが、歯磨き粉だけでは口の中の“ヌメヌメ”を全て落とすことは難しくなります。毎日、歯を磨いていても虫歯や歯周病になってしまうメカニズムです。
口の中の“ヌメヌメ”としたものをバイオフィルムといい、虫歯菌、歯周病菌などのバリアの役割をはたすものです。このバリアを破壊しなければ、虫歯菌や歯周病菌などに直接効果的な攻撃を与えることはできません。
このバリア(バイオフィルム)を取り除くためには、歯科医院で定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という“プロによる機械を使用した歯のクリーニング”を受ける必要があります。

定期的メインテナンスの絶大な効果

定期的な予防やメインテナンスを歯科医院で「受けた方」と「受けてない方」の年齢別の統計があります。
このデータによると、80歳になったときに残っている歯の本数にはお掃除を「受けた方」と「受けてない方」では9本近くの違いがでてくる結果になりました。

定期的メインテナンスの絶大な効果

歯を守るための一番簡単な方法とは?

どうしたら歯を守ることができるでしょうか。それは・・
「定期検診に通うこと」です。
「なんだ、そんなことか」と思われましたか? そう、そんなことなのです。
世界一の予防先進国スウェーデンでは国民の91%が定期検診に通っています。その結果、80歳で平均25本の歯を残すことが可能になっているのです。かたや日本人はたった2%の人しか定期検診を受診していません。定期検診を受けている人と、受けていない人の残っている歯の本数は、50代くらいから徐々に差が出始め、80歳では10本近くも違いが出ます。
定期検診に通ってお手入れをするだけで、これだけの差が出るのです。

今から定期検診に通うことで将来の歯の本数が大きく変わる

今から定期検診に通うことで将来の歯の本数が大きく変わる

定期検診のたいせつさをわかっていても、どうしても歯科医院に通うことを後回しにしてしまいがちです。
当院では、3~6ヵ月に1回の定期検診をおすすめしています。定期的に歯科医院に通うのはたいへんですよね。みなさん忙しい日々を過ごしてらっしゃいます。しかし、今までお話ししてきたとおり、歯を抜かざるを得ない状況になってからでは手遅れです。深刻になる前に対処するから問題は小さく済み、歯を失ってしまう危険を減らすことができます。
歯がたくさん残っていれば今から定期検診に通うことで将来の歯の本数が大きく変わってきます。
定期健診に関してはお子様も例外ではありません。健康な永久歯が生えてくるかどうかに影響します。

またすでに多くの歯を失ってしまった方も、1本でも多くの歯を守ることはとてもたいせつです。歯が残ってさえいれば、入れ歯が安定する、治療の幅が広がるといったメリットがあります。

どんな方でも定期検診を受けることが将来のよりよい生活につながります。ぜひ面倒くさがらず、しっかりと定期的に通われることを強くおすすめします。

少しでもお金を節約したい方へ
定期検診の受診料は、処置内容によって変わりますが、1回3,000円くらいかかります。少しでも家計の負担を減らそうと努力されている方ほど気になってしまうかもしれません。しかし定期的に来院されることは実はとても経済的です。
これまでお伝えしましたが、定期検診に来院されない多くの方が歯を失います。歯を失ってからインプラントを入れると1本30万縲怩S0万かかります。2本ならその倍です。入れ歯でも良いものを作ると同じくらいかかります。それを考えると定期検診に通って、1本でも多く歯を残せれば非常に安価に済みます。
また、治療に時間や期間がかかりますよね。歯が悪くなってしまうと、治療に何度も通わなくてはいけません。重症な方だと1年も2年も通院される方もあります。
このように金銭面、時間など価値の損失を考えても、定期検診が非常に経済的で得るものが多いことがおわかりいただけると思います。