小児歯科

まるで友達の家に来たような歯科医院でありたい
これが当院の小児歯科のコンセプトです。
キッズスペース完備で、親御さんも、お子さんにも安心の体制を整えております。
子供のころから、進んで歯科医院に行く習慣をつけることが将来的に歯を守ることにつながります。

当院のお子様の治療に対しての考え

「歯医者さん=怖い」というイメージの払しょく、安全・確実な治療
「歯医者さん=怖い」というイメージの払しょく、安全・確実な治療

当院のお子様の治療に対して「楽しんで来院していただく」をコンセプトにしております。お子様にとって歯医者さんが嫌いな場所にならないでほしい。という院長の思いから、この基本方針ができました。
「歯医者を嫌いになってしまうと、自分からすすんで行こう。という気持ちがなくなります」
小さいころはお父さん・お母さんが一緒なので、お子さんもしぶしぶ来院してくれますが、親御さんの手を離れてしまうと、その後、歯科医院に来院するかどうかは、本人の意思となります。

虫歯・歯周病は予防するためには日々の歯みがきだけでは、不十分です。どんなに丁寧に、毎日歯磨きをしていてもそれは変わりません。
詳しくは予防歯科をご覧ください。

楽しんで来院していただく
楽しんで来院していただく

お子様に楽しんでご来院いただくために、当院では様々な工夫をしています。
キッズスペースを完備し、お子様のためのスペースを確保していますので、親御様にも安心です。
治療中、モニターでお子様向けのテレビ番組、アニメなどをご覧いただけます。
お父さん、お母さんが治療している間も安心です。

治療後のご褒美!!
キッズコーナー
永井歯科医院ではお子様に治療を頑張ったご褒美としてガチャガチャを用意しています。
これを楽しみに来院するお子様もいらっしゃいます。
小さい時は、このような楽しみを設けることで、「歯医者=怖いところ」というイメージを少しでも取り除くことができればと思っております。

お子様の歯を守るために大切な「知識」について

歯の弱点は『酸』

虫歯は、風邪などと同様に「感染症」です。
生まれたての赤ちゃんは虫歯のもととなる菌はいません。
なので、虫歯にはならないのです。
多くの場合、生後1歳7ヵ月から2歳7ヵ月の間で周囲の大人との交流でうつるといわれています。

虫歯のもととなる菌への感染の時期を遅らせることにより、将来的に虫歯の数が減少するという統計があります。

~虫歯の原因菌から子供を守る3つの方法~
  1. 感染源を取り除く(お母さんのお口の中を清潔な状態に)
  2. 感染経路を断つ(お子様に虫歯菌が移るのを防ぐ)
  3. 抵抗力を強める(虫歯菌から子供の歯を守る)
感染源を取り除く
感染源を取り除く
「マイナス1歳からの虫歯予防」という言葉を聞いたことがありますか?
赤ちゃんが生まれた時点は0歳です。
マイナス1歳とは、お母さんのお腹にいるときです。
その時点からお子さんへの虫歯感染の予防するための取り組みを行うというものです。
感染経路を断つ
感染経路を断つ
お母さんのお口の中を清潔に保つことは重要なことです。
実際には、妊娠中から子供が小さい時期のお母さんのお口の中は、虫歯菌が増える傾向にあります。
妊娠中は、つわりがあることで、食事が不規則になったり、吐き気がし歯磨きが不十分になります。
また、出産後も子供中心の生活となり、精神的にも肉体的にも、時間的にもゆとりのない生活で、お口の中を清潔に保つ余裕がなくなります。
抵抗力を強める

抵抗力を強める

母親から子供に虫歯菌が移ると、免疫力が弱い子供は早い速度で虫歯菌が増え、虫歯がすぐに広がってしまいます。
そして、子供の歯は柔らかいので、ぼろぼろの黒い歯になります。
虫歯菌から子供を守るために、歯科医院では抵抗力を強める対策として、次のような取り組みをしています。

歯磨き指導、生活習慣指導、食生活習慣指導

歯磨き指導、生活習慣指導、食生活習慣指導
子供が楽しんで歯磨きができるように指導します。歯磨きはとても大切な虫歯予防の方法です。
しかし、しっかりと汚れを落とせていなければ意味がありません。虫歯の予防を効果的に行うために、歯磨きの方法をていねいにお教えします。また、お母さん方のために、乳幼児の仕上げ磨きの指導も行います。
仕上げ磨きは子育ての大切な要素です。きっちり磨いて、お子様の歯を守りましょう!
ご希望の方には適切なハブラシもお選びします。

虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント

虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント
歯の溝は複雑で、ブラッシングのみでは虫歯の予防が難しい部分です。
虫歯になる前に奥歯の溝を、フッ素を配合した樹脂で埋める治療法です。
食事をする際にもっともよく使用する奥歯は、歯ブラシが届きにくいため、汚れがたまって虫歯になりやすい歯です。
シーラントを行うことにより、歯の溝を浅くして、虫歯になりにくくします。

フッ素塗布

フッ素塗布
「フッ素」とは、歯の表面のエナメル質を強くする働きのある物質です。
乳歯にフッ素塗布をすることで歯の表面でフルオロアパタイトという酸に強い結晶となり、エナメル質を強くします。
フッ素塗布の効果は歯の「表面をコーティングするもの」ではなく「歯の表面を強くするもの」です。
フッ素乳歯や生えたばかりの永久歯にとてもに効果があります。

お子様の歯並び、気になりませんか?

お子様の歯並び、気になりませんか?

子供の歯から大人の歯への生えかわりの際、少しのボタンのかけ違いにより歯並びが悪くなってしまうことがあります。
その症状を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることができます。
このことを咬合誘導と言います。

かみ合わせの誘導は大人の歯が全部生えてからの矯正治療とは違って、歯を抜いたり、無理に歯を動かしたりするものではありません。
早い段階でに適切なかみ合わせの誘導を行うことで、歯並びが安定し、後戻りしにくくなります。
ケースによっては大人の歯の矯正治療が必要なくなる場合があります。

咬合誘導 歯並びが悪くなる可能性がある場合、悪くなる前に対策を行うことです。
矯正治療 既に悪くなった歯並びを整えることです。