歯周病

歯を失ういちばんの理由はむし歯ではない

歯を失ういちばんの理由はむし歯ではない

歯を失う原因はむし歯がいちばん多いと思われていますが、実は違います。歯を失う最も多い原因は「歯周病」です。なんと約8割の人が歯周病にかかっているとも言われています。
歯周病とは、歯ぐきを支えている骨が溶けてしまう病気です。そして歯周病が進行すると歯が抜け落ちてしまいます。
本来、一度、骨が溶けてしまうと、元には戻りません。
そして、歯槽膿漏(歯周病)にかかると、自分では気づかないうちに、強烈な口臭を周囲で周りに不快感を与えます。
また、歯周病は歯を失うだけではなく、色々な病気との関連性が多数報告されています。

歯を守るためには、歯茎の治療が重要

歯を守るためには、歯茎の治療が重要
歯を失う原因のNo.1である歯周病。歯を守ることを最重要視している当院では、歯周病治療に力を入れています。

歯周病はこんなに怖い病気

歯周病によって一度溶けてしまった歯槽骨という骨は元には戻りません。また歯周病は初期の段階では自覚症状がないので、気がついた時には手遅れで、一度にたくさんの歯を抜かなくてはならないというケースもあります。もしかしたら、あなたも気づいていないだけで、歯周病が進行しているかもしれないのです。
さらに、歯周病になると口臭がきつくなったり、糖尿病、心臓血管疾患、肺炎、呼吸器疾患、早産、低体重児等の疾患に関係があることがわかってきました。

歯周病と全身疾患の関連性

心筋梗塞、狭心症
歯周病菌の影響により動脈硬化を起こす物質が血管内に出ます

脳梗塞
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいという研究結果があります

糖尿病
歯周病になると糖尿病の症状が悪化します

妊娠性歯肉炎
妊娠するとホルモンの影響で歯肉炎になりやすくなります

低体重児・早産
妊娠している女性が歯周病になると低体重児、および早産のリスクが高くなります

誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎の原因の多くは歯周病菌です

早めの来院が重要!

歯槽膿漏(歯周病)の怖いところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれ、ガンや脳卒中と同じで、痛みがないため、自分では気付かない間に病気が進んでしまい、気付いたら、手遅れになってしまっていることです。
下記のセルフチェックに当てはまるものが1つでもありましたら歯科医院への来院をおすすめします。

歯周病セルフチェック

  1. 歯磨きをすると歯ぐきから血が出る。
  2. 歯肉が赤く腫れている。
  3. 歯茎から膿が出る。
  4. 食べ物が歯と歯の間にはさまりやすい。
  5. 昔より歯が長くなったように見える。
  6. 朝起きた時に口の中がネバネバする。
  7. 歯がグラグラする。
  8. 歯が浮いた感じがある。
  9. 口臭があると人から言われる。

歯を磨いても歯周病は防げない?

歯を磨いても歯周病は防げない?

「歯を守るためには、歯磨きしていればいいんでしょ?」

残念ながらこれは間違いです。もちろん歯を守るために自宅での歯磨きは欠かせません。しかし歯磨きだけでは歯周病やむし歯を防ぐことはできません。

歯周病やむし歯の原因は、歯周病菌、むし歯菌といった細菌です。口の中には100億以上の細菌がいると言われています。この細菌のかたまりが歯垢、歯の表面に白く付着しています。これらの細菌が毒素を出し、歯を支える骨を溶かしてしまうことで歯周病になってしまいます。

歯垢は歯ブラシで落とすことができます。しかし毎日ていねいに歯磨きをしているつもりでも、どうしても磨き残しがでてきてしまいます。それは私たち歯科のプロでも同じです。

残った細菌はバイオフィルムという膜を作ります。このバイオフィルムに守られた歯垢がさらに固まってしまったのものが「歯石」となるのです。歯石は表面がざらざらしており、細菌の格好の巣となります。細菌はどんどん繁殖し、歯周病を進行させてしまうのです。