ドクターブログ

株式会社ラザロの村田社長による特別講義!

2017年08月31日 (木)

8月19日の診療が終わった後、株式会社ラザロの社長である歯科技工士の村田彰弘さんを外部講師としてお招きし、補綴の特別講義を行っていただきました。

株式会社ラザロは自費専門の歯科技工所で、康佑会でも全顎的な治療が必要な患者様の技工物を依頼しています。

今回は補綴について講義していただきました。どの話もとても刺激的でしたが、当院で積極的に取り入れている治療法であるAGCブリッジの症例の話は特に興味深かったです。

AGCブリッジはインプラントを応用した治療法です。利点は、インプラントの差し歯部分を歯科医師が歯科医院で外すことができるのでメインテナンスが容易であること、作製法に由来する適合精度の良さがあります。実際の患者様の症例をスライドを用いて講義していただいたのですが、その適応範囲の広さに驚嘆しました。

 またその他にも、新しい歯科材料「ペクトン(pekkton/PEKK)」の有用性や村田社長が実際参加された2017年度のケルン国際デンタルショーについてなど、これからの歯科医療の話は、聞いていて患者様により良い治療を提供できる期待に胸が膨らみました。

口腔内のことを理解した歯科医師と歯科技工士が連携して初めて良質な技工物が作製され、患者様のお口の中でしっかり機能します。

欧米への留学経験があり、より良い新しい歯科技術を意欲的に求めて日々活動されている村田社長の今回の講義を聞き、刺激を受けこれからもより一層精進していこうと思いました。

永井歯科医院 歯科医師 宮脇聡子