ドクターブログ

第12回永井塾開催

2017年06月27日 (火)

今回の議題も前回に引き続き、ドーソンテクニックについてでした。前回の復習と診療室でその手技について学びました。

小さい頃から虫歯治療で詰め物や被せ物をたくさんしている方、歯ぎしりや食いしばりの癖のある方は、正常な咬み合わせの位置からずれている可能性があります。

虫歯や歯周病など種々の原因により、正常歯列が欠損、崩壊し、時間が経過して症状が固定すると、咬合機能を行う歯列、咬み合わせなどに形態異常が生じ、障害を来たすようになります。

咬み合わせと聞くと、歯だけに注目が行きがちですが、咬み合わせは顎関節と密接に関係しています。

そこで、この失われてしまった正常歯列を回復する上で、顎関節を含めた顎の位置が正常な位置にあることが重要です。

 

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、医療法人社団 康佑会 永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター武庫之荘 往診 前田