ドクターブログ

阪大歯学部主催の若手支援セミナーで勉強してきました!

2017年06月10日 (土)

永井歯科医院の宮脇です。

6月3日にのまきたパーク歯科の福田先生と、大阪大学歯学部主催の『若手支援・社会復帰セミナー』に参加してきました。

このセミナーでは全6回で、内容は日常臨床で行うスタンダードな治療について、毎回異なるテーマで講義と実習をセットで受けます。

今回はその第1回目です!

 

第1回目は、河原敬先生によるレジン修復でした。

レジン修復は、早期発見した小さいむし歯だけを削り白い樹脂のもの(=コンポジットレジン)でつめるという治療です。

近年、むし歯だけを削り健全な歯質を残すという考え方が当たり前のものなってきました。

レジン修復は、その考え方を実践した最たるものだと思います。

ですから、治療の中でも患者様に行う頻度が多く、質の高い方法を学ぶ必要があります。

セミナーではまず歯学部の記念会館にて、この治療法の適応症、行うにあたって必要な器具、具体的な方法、コツを講義していただきました。

次に学生実習室に移動し、実際に教えていただいた方法、器具で模型を用いて練習しました。

大学病院の先生方に段階ごとに丁寧にチェック・指導していただき、より精密に行うことができました。

また、レジン修復のための最新の材料を使った自費症例を見せていただき、レジン修復の適応の広さを感じました。

今回習ったことを復習し身につけ、臨床の現場で活かしていきます。

永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター武庫之荘 歯科医師 宮脇聡子