ドクターブログ

第10回永井塾が開催されました

2017年05月25日 (木)

今回の内容は、診査・診断の重要性と、前回の続きとして顎関節症についてでした。

 

診査・診断がどうして重要になってくるのでしょうか。

私たちは、患者さまの一生涯のプラスになる歯科医療を追求しています。

そのためには一本一本の歯の治療だけでなく、その歯が今後また悪くならないよう、そして適切に口の中で機能するような総合治療が必要です。

診査・診断は、総合治療を行う上で最も重要な項目にあたります。

実際の症例を見ながら、どのように診査を行い、どのような診断をしていくかを全員で共有しました。 

私たちは、患者の皆様が来院した際にいきなり治療を始める事をしません。

詳しくお話を伺い、レントゲン写真やお口の中の写真を撮影し、歯茎周りの健康状態を確認したりと様々な検査をし、精査を行なっています。

 

例えば人間ドックでは、血液検査を行い、胸部のレントゲン写真を撮り、体温・血圧を測定し、心電図を図り、全身状態をチェックします。

その情報から改めて体がどんな状態か、どんな病気かを判断します。

同様にお口の中も細かい検査が必要です。

 

『現在お口の中がどうなっているのか』に加え、

『どのような経緯で現在に至ったのか』

『このままの状態でいるとどうなってしまうか』

という、過去、現在、未来を総合的に判断、診断し、お伝えするよう努めています。

 

お口の中に不安のある部分のある方はぜひ一度来院ください。

詳しく診査・診断を行い、適切な治療を進めてまいります。

また、のまきたパーク歯科では、新たに歯科ドックを実施しています。

口臭検査、唾液検査、細菌検査を取り入れ、皆様のお口の中の状態をさらに詳しく診断する事ができますので、詳細などお気軽にお問い合わせください。

 

↓↓↓歯科ドックの詳しい情報はこちらから↓↓↓

歯科ドック

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、のまきたパーク歯科 予防・CTインプラントセンター伊丹  森