ドクターブログ

Dawson academy Japanの講義を受けてきました。

2017年05月24日 (水)

こんにちは。永井歯科医院の技工士鈴木です。
5/20(土)、5/21(日)に埼玉県浦和市のMAXIS Inplant instituteにて、理事長と共にDawson academy Japanの講義を受けてきました。
講師はDr,Cobb。 二日間かけて治療計画についてレクチャーしていただきました。

患者さんが来たときにまず最初にすることは診断です。
口腔内写真、顔貌写真を撮影して、ドーソンテクニックでCRバイトを採り模型をマウントして診断をする。
全てのケースでこの手順を踏みます。例外はありません。ですのでいきなり虫歯を削ることはありません。
顎関節に問題がありCRバイトがとれなければ歯の治療には進まず、関節の治療を先に行います。

治療計画にはドーソンウィザードを使います。
ドーソンウィザードとは、記録をとったものを入れると、患者様の審美と機能にとって最適な治療計画が視角化されるプログラムです。

世界的咬合学の権威であるピーター・E・ドーソン先生の裏付けがある診断が、パソコン上に現れるすばらしいソフトです。
買ったその日からあなたもドーソンに!

今回の研修内容をスタッフに伝え、患者さまの一生涯のプラスになる治療を追求していきたいと思います。

永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター武庫之荘 鈴木