ドクターブログ

Dawson academy 受講

2017年05月5日 (金)

先週、埼玉県浦和のmaxis implant instituteにて米国フロリダに本拠を置くDawson academyのトップ6人インストラクターの一人Leonard Hess先生から3日間 顎位の採得と関節の診断の講義とトレーニングを受けていました。

日常の治療に際して適切な咬み合わせを与えることが必要です。

咬み合わせの採得は咬み合わせ治療の出発点であると同時にゴールになります。

その際顎の素直な動きを正確に採得し、診査診断することが非常に重要になります。

私はこれまで様々な咬合の大家の先生から咬み合わせの採得を学んできました。

中でもこのドーソンのテクニックは水平位で採得しているにもかかわらず、正確な採得ができるよう工夫されているのが興味深いポイントです。

それは水平で採得するのですが独自の回転運動を下顎頭に与え重力の影響を回避し、同時に下顎頭に3段階のローディングテストを加えることで、筋肉あるいは骨格に異常がないかを鑑別するプロセスを取り入れている点がとても秀逸です。

これからDawson academy流の診断から治療計画、治療を習得することがとても楽しみです。

学んだ内容は法人勤務の歯科医師と技工士と共有し、よりよい診療を行えるようにしています。

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院

永井歯科医院予防・CTインプラントセンター武庫之荘 はまうらパーク歯科予防・CTインプラントセンター立花  のまきたパーク歯科予防・CTインプラントセンター伊丹  理事長 永井康照