ドクターブログ

3/17 のまきたパーク歯科で静脈内鎮静を行ったインプラントオペがありました。

2017年03月21日 (火)

静脈内鎮静法とは、手に点滴をとりそこから鎮静薬や静脈麻酔薬を投与していきます。投与後は、眠くなるような感じになり、恐怖心や不安感が和らいで、楽な気分で治療を受けることができるものです。

今回の患者様は、すでに下顎に2本インプラントを埋入されており、3本目のインプラント埋入の手術でした。
前回、長時間の手術でしんどい思いをされたとのこと。
そのため、今回は鎮静を用いた手術をご提案しました。

鎮静が終わったあとお話をお伺いすると、
最初の歯茎への局所麻酔の時の記憶だけで、その後の記憶は覚えていないとのことでした。

20170319100549

インプラントだけではなく、抜歯や普通の虫歯治療でも行うことができるので、
音が苦手とか、歯科治療が怖い方や一度にたくさん治療したい方などご興味のある方は一度ご相談ください。
とてもリラックスした状態で、歯科治療を受けていただけます。

はまうらパーク歯科 予防・CTインプラントセンター立花 福田