ドクターブログ

残り少ない歯を守るための一例

2016年12月18日 (日)

IMG_6912

 

この写真はクーゲルホックという、天然歯をアンカーにして総義歯を動かなくするための裁縫のスナップのような装置です。この患者さんには2本のクーゲルホックて義歯を安定さることができました。残っている歯に低い位置から側方力をかけるため、義歯の留め金をかけた歯がグラグラして次々に歯が抜けて来る。といったトラブルが激減します。お野菜やお肉の線維が留め金にひっかっかるといったことからも解放されますし、非常に優れたシステムです。

私たちは、お口全体にとって何が最も適しているのか?といった視点でまず治療計画を考えます。そのうえで内容・咀嚼効率・装着感・治療期間・費用・保険が効く・効かないなど利点欠点についてお伝えし治療方針を決めてゆきます。費用が安価であることだけを真っ先に考えると、最も大切にしないといけない本質、「何がお口にとって良いのか?」という大事な軸からぶれてしまいます。気が付いたら歯医者さんが単に費用が安いだけを理由に治療方針を勝手に決めてしまった。といったトラブルが起こらないように、私たちは必要な情報を適切にお伝えし治療法を選択してもらえるように心がけています。

永井歯科医院 院長 永井康照