ドクターブログ

インプラントのかぶせの精度

2016年11月2日 (水)

この写真はインプラントのかぶせを作る模型です。
セラミックのかぶせとアバットメント(インプラントの土台)とインプラント本体をスクリューでつなぐスクリュー固定という方法です。
インプラントのかぶせを作る場合は、かなりの精度が要求され、少しでも狂いがあると全く適合しないかぶせが出来上がってしまいます。
ですので、通常の治療よりも時間や高価な材料を使用しなくてはいけません。そうすると自然にインプラントの費用が高くなってしまいます。
インプラント治療は体の中に入れる物ですから妥協はできません。インプラントは高い、と思われがちですが、高い故の理由があるのです。

IMG_6094

IMG_6093

のまきたパーク歯科 予防・CTインプラントセンター伊丹 山本