ドクターブログ

咬み合わせ治療にかかせないプロビジョナルレストレーション

2016年10月17日 (月)

下の写真なんだかわかりますか?

 

C57.sc

C114.sc

C143.sc

C145.sc

DSC_0370 (1280x854)

 

実はプロビジョナルレストレーションという緻密に作られた仮の歯なんです。

見方によると、この仮の歯、本当の歯以上に綺麗ですよね。私も正直見とれてしまいます。咬合治療(咬み合わせの治療)では治療途中でこういった仮の歯を装着します。

仮の歯を経て、これよりも更に精密で美しく耐久性に富んだセラミックの歯に置き換わっていきます。逆に緻密な仮の歯がなければ咬合治療は出来ないのです。

当医療法人では設立当初から咬合治療(咬み合わせの治療)をたくさん手掛けています。

奥歯を失った際に、ただローコストだけを選択基準に簡単な入歯やブリッジを入れると、やがては咬み合わせが低く変化することが良く見受けられます。頻繁に虫歯を作り、総合治療をせずにその場その場で銀歯を入れ続けると、咬み合わせの高さがマチマチになって結局噛みにくい、次々にあちこちの歯が外れて来る、実は噛みあわせが悪い、といったことが起こります。噛まずに丸飲みになっている方もよくお見掛けします。そういうトラブルの解決策が咬合治療になります。

バランスのとれた、長持ちする正しい噛みあわせが得たい、その場その場しのぎでなく総合治療を受けたい、一つ一つの歯をほんとうに大切に治療したい、食事で困ることのない快適なお口を蘇らせたい、と真剣にお考えの方は是非ご相談ください。そういったお困りの方々のお役に立つことこそが私たちの使命です。

 

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、定期検診、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミックに力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、医療法人社団康佑会 理事長 永井康照