ドクターブログ

歯周内科治療ベーシックセミナーに参加してきました!

2018年06月4日 (月)

こんにちは。のまきたパーク歯科の宮脇です。
先月27日(日)に新大阪丸ビル別館にて開催された歯周内科治療ベーシックセミナーに参加してきました。

歯周病は現在虫歯を抑えて歯を失う原因の1位になっており、一度罹患すると完治することは難しい感染症です。
歯周病を起こす菌に対してヒトの免疫反応が働くことによって起きるので、細菌か免疫反応に働きかけて治す方法が研究されてきました。
その中で歯周内科治療は、薬で菌を減らすことによって歯周病を治療する近年開発された治療方法です。

実際の歯周内科治療は、
①PCR検査(最近のDNA検査)で歯周病菌の種類と量調べる
②検出された菌に対して効果を発揮する薬剤を内服
③一度に歯垢歯石を除去(onestage full mouth disinfection)
④その結果どの種類の菌がどれだけ減ったかをPCR検査で確認

ブロックごとに回数を分けたり、抗生剤を使わない従来の歯周治療よりも、効果が出易く、しかも効果が持続される特徴があります。

セミナーを受けて、歯周内科治療についてさらに学び、今後当法人でも積極的に取り入れて患者様によい良い治療を提供できたらと思います!

のまきたパーク歯科 歯科医師宮脇