ドクターブログ

大阪SJCD研修会 レギュラーコース 第9回 を受講してきました

2018年01月29日 (月)

2018年1月16日.17日に歯科医の宮地と森が大阪SJCD研修会レギュラーコース第6回を受講してきました。

今回の講義では、審美について学びました。

歯科において、審美とは単純に歯の色を白くすることだけではありません。

歯の形態、歯の位置はもちろんのこと、歯茎の形、歯茎の対称性など、皆様の笑顔がきれいに見えるために必要な部分がたくさんあります。

人それぞれの顔貌と口元がいかに調和の取れるように治療を行うかが、審美歯科を行う上で重要な要素になっています。

私達は普段患者の皆様に、ただ1本1本の歯の治療を行っているわけではありません。

私達の考える治療のゴールは、いかに機能的に咀嚼ができるかです。

つまり、いかになんの問題もなく健康的にお食事を取ることができるかを目標にしています。

しかし、口元は、ただお食事をするための器官だけではありません。

口元は表情を表すための重要な部分です。

皆様が健康的に、なんの問題もなくお食事ができ、さらに口元を気にせず自然な表情が出来るように、今回学んだことを、さらに研鑽し、患者の皆様のプラスになる歯科治療として提供していきます。

永井歯科医院 歯科医師 森 周一郎