ドクターブログ

第22回!永井塾

2017年12月15日 (金)

今回の永井塾は、当院でも行っています静脈内鎮静法についてはまうらパーク歯科の玉井先生が講義して下さいました。

静脈内鎮静法とは、治療前に点滴をとり、そこから鎮静薬や静脈麻酔薬を投与します。痛みや恐怖心、不安感が和らぎ、リラックスした状態で治療を受けることができます。

歯科治療恐怖症の方や、嘔吐反射の強い方への治療インプラント治療など安心して受けていただくために当院では麻酔科医が一緒に担当させていただきます。

静脈内鎮静法については、これまでのブログでも度々ご紹介させていただいております。是非ご覧下さい。

患者さまの安全のため、事前準備は勿論、術中術後の対応など麻酔科医だけでなく、私たちも情報を共有する必要があります。とても勉強になりました。

歯科治療を不安に感じていらっしゃる方、ご興味のある方は、いつでもご相談下さい。

 

永井歯科医院 歯科医師 室井茉央