ドクターブログ

第5回若手支援セミナーに参加しました!

2017年10月24日 (火)

 こんにちは。永井歯科医院の宮脇です。

今月も大阪大学歯学部主催の若手支援セミナーに参加してきました。

 今回の内容は、中村俊雄先生による支台歯形成でした。支台歯形成は、カリエスの範囲が大きい歯にクラウン・ブリッジ(被せもの)で修復を行うために行います。この形成が過不足なく行えていないと、審美性が劣ってしまったり逆に脱離しやすくなってしまいます。なので、適度な切削量で適切な形態を付与する必要があります。

 最初に講義があり、クラウン・ブリッジのための支台歯形成の3原則を教えていただきました。臨床に則しており、とても分かりやすかったです。そして、上顎下顎・前歯臼歯の4箇所に分けてどの姿勢でどういう風にタービンを動かせば良いかも教えていただきました。

そしていざ実習へ。今回は右上の前から1番目を前装冠用に形成し、TEKを作りました。

講義中に教えていただいた左手でミラーとバキューム両方を持ちながら形成する方法を実践しました。監督の先生方にいろんなアドバイスももらえてとても為になりました。

そして最後にTEKの応用の仕方、そして日頃から各々の歯がどういう形態をしているかを意識して支台歯形成を行うためにカービング(歯型彫刻)やスケッチを行うことの大切さを教えていただきました。

今回の内容も非常に臨床的で、医院に戻って活用したいと思います!

 

永井歯科医院 歯科医師 宮脇