ドクターブログ

大阪SJCD研修会 レギュラーコース 第6回 を受講してきました

2017年10月23日 (月)

2017年10月21日.22日に歯科医の宮地と森が大阪SJCD研修会レギュラーコース第6回を受講してきました。

今回の講義では、歯周外科の症例発表を行いました。

私たちが普段から手掛けている歯周病の外科治療を発表し、講師の先生方に、注意すべき事を指導いただきました。

また、被せ物を入れるための準備として歯の削り方や仮の歯の作り方を学びました。

歯は、単純に削れば良いというわけには行きません。

噛み合わせの負担が適切に伝わるように、そして被せ物を適切に作ることが出来るように削る必要があります。

また、仮の歯も、治療中ならば過度に負担がかからないような形でを作らなければならない場合もあれば、完成した被せ物と同じ効果を持つ仮の歯である必要がある場合もあります。

 

最終的に被せ物が入った時に、適切に、そして効果的に機能するための準備がいかに大事かを、今回実習を通して学ぶことが出来ました。

今回学んだことは、さらに研鑽し、患者の皆様のプラスになる歯科治療として提供していきます。

永井歯科医院 歯科医師 森