ドクターブログ

第17回永井塾

2017年09月26日 (火)

法人定例の院内Dr勉強会である永井塾が開催され、今回も多くのDrが出席しました。

今回はまず理事長からの総括のお話、その後、当院の所属Dr二名が日々の臨床を通しての症例発表を行いました。

まずは、「コンポジットレジンにて審美修復を行った一例」として、福田先生が発表されました。

レジン修復の基本や問題点、それぞれについてどのように対処していくべきかについて考察を行いました。

日々の臨床ではかなりの頻度で処置を行う身近な内容ですが、それだけに一つ一つの手技を正しく確実に行うことで、審美的にも患者さまにより満足して頂ける長期的に安定する結果を出せるよう取組んでいきます。

つぎは、のまきたパーク歯科の山本院長からの抜歯即時埋入、即時荷重インプラントについての発表でした。

通常は歯を失ってから、骨の成熟を待ちインプラントの埋入手術を行いますが、抜歯即時埋入を行うことで抜歯と同時にインプラントを入れていくことが可能になります。また、十分な初期固定が得られた場合はその日のうちに仮歯が入ります。術後、噛めなくてお食事に困られることがなく、また仮歯が入ることで審美的にも苦痛を感じることなくすごして頂ける治療法になります。

もちろん、このような結果を出すためには経験とともにCTなどのデータに基づいた診断が非常に重要になります。

当法人では、すべての患者さまに対し資料を収集し治療計画を練ることを日常的に行っています。

プレゼンテーションを通じ多くのディスカッションがなされ、今回も学ぶことの多い定例勉強会になりました。

全スタッフで共有し、より患者さまの一生涯のプラスとなるより質の高い医療を目指します。

 

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、のまきたパーク歯科 歯科医師 谷佐知子