ドクターブログ

セラミック治療

2017年05月27日 (土)

本日、土曜日はインプラントのかぶせの装着と、天然歯のセラミックのかぶせの装着を行いました。

大阪にある自費専門の技工所で作っていただいてます。

噛み合わせもバッチリ合って患者様は満足して帰られました。

 

 

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、のまきたパーク歯科 予防・CTインプラントセンター伊丹  山本

第10回永井塾が開催されました

2017年05月25日 (木)

今回の内容は、診査・診断の重要性と、前回の続きとして顎関節症についてでした。

 

診査・診断がどうして重要になってくるのでしょうか。

私たちは、患者さまの一生涯のプラスになる歯科医療を追求しています。

そのためには一本一本の歯の治療だけでなく、その歯が今後また悪くならないよう、そして適切に口の中で機能するような総合治療が必要です。

診査・診断は、総合治療を行う上で最も重要な項目にあたります。

実際の症例を見ながら、どのように診査を行い、どのような診断をしていくかを全員で共有しました。 

私たちは、患者の皆様が来院した際にいきなり治療を始める事をしません。

詳しくお話を伺い、レントゲン写真やお口の中の写真を撮影し、歯茎周りの健康状態を確認したりと様々な検査をし、精査を行なっています。

 

例えば人間ドックでは、血液検査を行い、胸部のレントゲン写真を撮り、体温・血圧を測定し、心電図を図り、全身状態をチェックします。

その情報から改めて体がどんな状態か、どんな病気かを判断します。

同様にお口の中も細かい検査が必要です。

 

『現在お口の中がどうなっているのか』に加え、

『どのような経緯で現在に至ったのか』

『このままの状態でいるとどうなってしまうか』

という、過去、現在、未来を総合的に判断、診断し、お伝えするよう努めています。

 

お口の中に不安のある部分のある方はぜひ一度来院ください。

詳しく診査・診断を行い、適切な治療を進めてまいります。

また、のまきたパーク歯科では、新たに歯科ドックを実施しています。

口臭検査、唾液検査、細菌検査を取り入れ、皆様のお口の中の状態をさらに詳しく診断する事ができますので、詳細などお気軽にお問い合わせください。

 

↓↓↓歯科ドックの詳しい情報はこちらから↓↓↓

歯科ドック

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える歯科医院、のまきたパーク歯科 予防・CTインプラントセンター伊丹  森

Dawson academy Japanの講義を受けてきました。

2017年05月24日 (水)

こんにちは。永井歯科医院の技工士鈴木です。
5/20(土)、5/21(日)に埼玉県浦和市のMAXIS Inplant instituteにて、理事長と共にDawson academy Japanの講義を受けてきました。
講師はDr,Cobb。 二日間かけて治療計画についてレクチャーしていただきました。

患者さんが来たときにまず最初にすることは診断です。
口腔内写真、顔貌写真を撮影して、ドーソンテクニックでCRバイトを採り模型をマウントして診断をする。
全てのケースでこの手順を踏みます。例外はありません。ですのでいきなり虫歯を削ることはありません。
顎関節に問題がありCRバイトがとれなければ歯の治療には進まず、関節の治療を先に行います。

治療計画にはドーソンウィザードを使います。
ドーソンウィザードとは、記録をとったものを入れると、患者様の審美と機能にとって最適な治療計画が視角化されるプログラムです。

世界的咬合学の権威であるピーター・E・ドーソン先生の裏付けがある診断が、パソコン上に現れるすばらしいソフトです。
買ったその日からあなたもドーソンに!

今回の研修内容をスタッフに伝え、患者さまの一生涯のプラスになる治療を追求していきたいと思います。

永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター武庫之荘 鈴木

インプラントオペ見学に行ってきました

2017年05月22日 (月)

こんにちは永井歯科医院の技工士鈴木です。

先日、三重県の宇治山田歯科にインプラントオペの見学へ行きました。

九州歯科大学准教授の正木千尋先生がオペをされるということで、当法人でもほぼ毎日インプラントのオペがありますが、大学の先生のオペを見学できる機会は滅多に無いので、貴重な経験でした。

今回のケースは、上顎の歯を全て抜いて4本インプラントを入れる「オールオン4」という治療法です。

当法人のホームページにも載っていますが、「オールオン4」は、インプラントを入れたその日に仮歯が入り、当日から通常の食事がとれるという魅力があります。またインプラントの本数も4本と最小限で、患者様の体への負担も少なく、価格もおさえられます。

今回の患者様も、たいへん満足して帰られました。

患者さんの笑顔は、我々にとってなによりも励みです。今後も一生涯のプラスになる歯科医療を追求していきたいと思います。

 

兵庫県の尼崎、伊丹、西宮、宝塚の方々を中心に、予防歯科、メインテナンス、インプラント、オールセラミック、ジルコニアセラミック、咬み合わせ、矯正歯科に力を入れ、地域の健康を支える永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター武庫之荘 鈴木

はまうらパーク歯科で静脈内鎮静を行った治療がありました。

2017年05月20日 (土)

はまうらパーク歯科で静脈内鎮静を行った治療がありました。

歯科恐怖症と強度の嘔吐反射をお持ちの方で、今回で3回目の治療でした。

処置内容は、前回の治療部位の続きで土台の装着と被せものの型どり、前歯の虫歯治療です。

 

嘔吐反射が強い方でも、半分眠った状態で型どりをすることができます。

処置時間はおおよそ2時間で、ご希望に合わせて一度にできる処置はまとめてすることが可能です。

 

静脈内鎮静法とは手に点滴をとり、そこから鎮静薬や静脈麻酔薬を投与していきます。

そうすると眠くなるような感じになり、恐怖心や不安感が和らぎ、楽な気分で治療を受けることができるものです。

嘔吐反射が強い方で、普段から歯ブラシも口に入れられないような方でも、鎮静法を用いれば、歯のメンテンナンスや虫歯治療などの処置を行うことができます。

 

歯科治療が怖い方や、一気にたくさん治療したい方などご興味のある方は一度ご相談ください。

 

 はまうらパーク歯科 予防・CTインプラントセンター立花 福田

1 / 3123