歯ブラシだけじゃダメ!「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」で歯周病を徹底ケア!

2017年09月4日 (月)
歯を失ってしまう原因の一つである歯周病。歯周病の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないので、歯周病の患者さんのほとんどが歯周病に感染していることに気づかず、知らず知らずのうちに進行してしまうということです。そのため、自分は歯周病ではないかと疑うことなく、歯医者さんに行って初めて歯周病とわかるケースや、進行がかなり進んでから気づいて、歯科治療をしなければいけなくなるということが多い病気なのです。そんな恐ろしい病気である歯周病ですが、軽度の進行度合いであれば歯ブラシなどのセルフケアでも治すことができます。今回は、歯周病に対してできるセルフケアについてご紹介したいと思います。

歯周病はどうやって始まるの?

歯周病はどうやって始まるの?

歯周病とは歯茎の炎症からはじまり、進行が進んでいくと歯槽骨まで溶かし、歯を支える土台である歯茎や歯自体の機能を低下させていきます。歯周病の原因は、歯や歯茎の周りにこびりついた歯垢や汚れの蓄積です。歯垢や汚れが蓄積していくと、歯石と呼ばれる固い物質ができます。歯石ができると、細菌が繁殖しやすくなって歯や歯茎に対して毒素を出すことで虫歯や歯周病を起こします。歯石が出来上がると、歯ブラシでは取り除くことができないので、歯医者さんに行って歯石除去をしてもらわないといけません。そのため、できるだけ歯石ができないように、お口の中の環境をきれいに保っておくことが、歯周病の予防にも欠かせないのです。万が一、歯石がたまり、もうすでに歯茎の腫れや出血が見られるという方がいれば、歯科治療をすぐに始めることをおすすめします。

歯周病の原因である歯石を作らないようにするにはどうしたらいいの?

歯石は、歯垢や汚れがたまると形成される、文字通り固い固まりです。歯垢は初期の段階では柔らかく歯ブラシや指などでこすれば取り除くことができますが、時間がたつにつれて固くなっていき、およそ48時間で歯石になるといわれています。そのため、食事が終わってから歯や歯茎にたまった歯垢は少なくとも48時間以内であれば歯石にならずに歯ブラシなどで取り除くことができます。
歯ブラシをするときには、ご自身の歯にフィットした歯ブラシで磨いてあげるようにしましょう。また、毛先が広がっていると磨く力が弱まって歯垢を十分に掻き出せないので、毛先が広がっていないものを使うようにしましょう。歯ブラシはゴシゴシ力強く磨くのではなく、同じ個所を小刻みにできるだけ20回~30回ほど磨くイメージで動かします。歯は側面だけでなく上、背面の3面がありますので、3面についた歯垢をそれぞれ磨いてあげるようにしましょう。特に、歯と歯茎の境目は歯ブラシが届きにくいので、丁寧に磨くのが大切です。歯茎にたまっている汚れを掻き出すイメージでブラッシングして汚れを落としましょう。
また、歯ブラシがどうしても届かない歯と歯の隙間を磨くためには、歯間ブラシやデンタルフロスを使うといいです。歯間ブラシは、歯と歯の間にたまった歯垢を掻き出すのにとても効果的です。歯間ブラシを歯と歯の隙間に対して直角にゆっくりと挿入し、歯茎を傷つけないように前後に動かして汚れや歯垢を掻き出しましょう。間違った方向に入れると折れてしまったり、歯と歯の間に挟まってしまうこともあるので、鏡を見ながらブラシの方向を確認し挿入しましょう。
歯間ブラシの選び方のポイントは、歯間に無理なく挿入できて、きつさを感じないサイズのものを使うことです。サイズは小さいものでSSS~大きいものでLLとメーカーや種類によって数多くあります。歯間ブラシを使ったことがないという人は、まずは小さめのものから使用してみるといいでしょう。大きすぎると歯と歯の隙間に入らずに磨くことができません。逆に小さすぎても歯垢を落とす効果が弱まりますので、どのサイズを選んだらいいか迷った時には、歯科医院でご自身に合うサイズを選んでもらうのもいいでしょう。歯と歯の隙間にばらつきがあるという場合には、同じ歯間ブラシをつかうのではなく、それぞれの隙間に合ったいくつかの種類の歯間ブラシを使うようにしましょう。
人によっては歯間ブラシが入るほどの隙間がないという人がいるかもしれません。無理に歯間ブラシを挿入すると、歯茎を傷つけて腫れの原因になってしまうこともありますので、歯間ブラシが入らないという人は、デンタルフロスを使うといいです。デンタルフロスも歯間ブラシと同様に、歯と歯の間にたまっている歯垢を糸で取り除いていきます。歯間部にデンタルフロスを挿入してから前後にゆっくりと動かして、歯垢を取り除きましょう。

おわりに

おわりに

歯周病は歯を失ってしまう可能性のある怖い病気である一方で、実は毎日のセルフケアで十分予防ができる病気でもあります。歯周病の原因である歯垢を歯ブラシや歯間ブラシなどでしっかり毎日ケアすることができれば、感染のリスクを大幅に下げられますので、セルフケアを習慣づけて歯周病にならないようにしましょう。