インプラントを長持ちさせるコツ!

2017年07月10日 (月)
歯を失った部分への画期的な治療法である「インプラント」。ブリッジや入れ歯と違い違和感がなく、天然歯同様に噛むことが出来ると言われているインプラントですが、治療費が高く、安易に手を出せないという人も多いのではないでしょうか。インプラントはきちんとしたケアを行うことで半永久的に使用することができ、入れ歯やブリッジを何度も付け替えるよりも安くなることがあります。今回はインプラントの治療を受けた、あるいはインプラントの治療を考えている人にお勧めのインプラントを長持ちさせるコツについて紹介します。

歯医者さん選び

歯医者さん選び

何事も最初が肝心なように、インプラントの治療を初めて受ける時も歯医者さん選びが大切です。インプラントのネジは骨に埋め込むため、周囲の血管や神経などの組織の位置や状態から全身状態まであらゆる検査が必要になってきます。設備が整っており、なおかつ実績のある歯医者さんを選びましょう。またインプラントのみでなく様々な治療法を提案し、親身なって考えてくれるのが良い歯医者さんと言えるでしょう。

適切なブラッシング

歯の健康を保つために最も重要とされている歯磨きですが、インプラントにおいても歯磨きは重要です。特に歯と歯の間や、歯と歯茎の隙間は汚れが溜まりやすい構造をしているのでデンタルフロスなどの清掃補助器具を併用するとなお良いでしょう。汚れを落とさず放置していると、インプラント周囲炎という歯周病に類似した症状を引き起こし、インプラントを取り外さなくてはいけない事態になります。毎日の歯磨きは欠かさず行いましょう。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンス

インプラントの治療後1~2年は3ヶ月に1回、その後は1年に1回インプラントや周囲の状態などを見るために、歯医者さんから定期的にメンテナンスを受けるように言われます。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、早期発見によって治療が可能となるものが手遅れになってしまいます。メンテナンスは面倒がらずにきちんと受けましょう。また、違和感を覚えたらすぐに歯医者さんへ行きましょう。

まとめ

インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれているほど、性質において非常に優れています。インプラントの治療は1本から全顎行うことが出来て半永久的に使うことが可能ですが、やり直しになってしまうと治療費もかさばってしまう上に、最悪の場合インプラントの土台となる骨がダメになり治療が受けられなくなってしまうことがあります。きちんとしたケアを行うことでインプラントを長持ちさせましょう。