インプラント体と骨が結合し始める約2週間はデリケートな時期!

2017年05月29日 (月)
インプラントの治療は、外科手術を伴うので、治療後は安静にしていなければいけません。治療後、普通の生活に戻るまでの間はとてもデリケートな時期ですので、歯医者さんの指示に従って、食事や飲酒、タバコなどの嗜好品、仕事はもちろん、歯磨きや運動なども気を付ける必要があります。

インプラント治療後、どれくらい安静にしていないといけないの?

インプラント治療後、どれくらい安静にしていないといけないの?

インプラント治療は、通常の歯科治療で行う治療とは異なります。インプラント治療によって、歯肉を切開したり、自然歯を抜歯したりするため、お口の周りの神経は過敏になっており、抜歯後の歯肉は出血もしやすくなっています。そのため、食事や歯ブラシでも出血を起こし、そこから細菌が侵入して感染症を起こしてしまうこともあります。
歯肉の組織自体は、とても再生力が高いため、インプラント治療における切開後、10日~14日後に抜歯が行われます。歯肉の傷もだいたいこの期間である程度回復してくるため、通常の生活に戻れるのは抜歯後のおよそ2週間程度と言われています。ただ、抜歯したからといって、100%元の状態に戻ったと過信しすぎるのもいけません。歯医者さんに治療後の回復具合を聞いて、食事や歯ブラシの仕方などのアドバイスをもらうことが大切です。

インプラント治療後、食事はどうすればいいの?

インプラント治療後、歯肉は治療によってとてもデリケートな状態になっています。強い力がかかると傷口が広がったり出血してしまうこともあります。食事の時も同様で、傷口が落ち着いてくるまでの2週間くらいは、できるだけ刺激のないものを召し上がるようにしてください。以下に記載したものは控えるといいでしょう。

・熱いお味噌汁やスープ
・するめなどの噛みちぎらなければいけない固い食べ物
・刺激が強い香辛料などが入ったカレーなど

健康的な状態であれば何でもないものでも、治療後のデリケートな状態では、熱い物や固い物、辛い物は避けたほうがいいでしょう。おかゆやおじや、スープなどは効率よく栄養を吸収できる食べ物ですが、熱過ぎるとよくないので、冷ましてから召し上がるようにすれば大丈夫です。また、繊維のある野菜や果物もそのまま食べるのではなく、ミキサーにかけるなどして繊維を細かくしてから摂取するといいでしょう。回復のために欠かせない栄養補給ですが、摂取の仕方には十分ご注意を。

インプラント治療後、お酒はいつごろから飲んでいいの?

インプラント後の飲酒についても、気になるところですね。食事の時と同様に、2週間はアルコールの摂取を控えたほうがよいでしょう。特に、治療後の3日間はアルコールの摂取は必ず控えてください。治療後3日間というのは特にデリケートな期間で、治療による腫れや痛みがピークとなる期間でもあります。仮にこの期間にアルコールを摂取しまうと、腫れや痛みが増したりして傷口からの菌の感染のリスクが高まってしまいます。そうなってしまえば、せっかく治療を行ったインプラントがだめになってしまうことにもつながります。普段からお酒を嗜んでいる人にはとても酷なことかもしれませんが、インプラントがきちんと結合するまでの間は禁酒しておくことが大切です。

インプラント治療後、歯ブラシはどうやってしたらいいの?

インプラント治療後、歯ブラシはどうやってしたらいいの?

インプラント治療後の歯ブラシも、とてもデリケートに優しく行ってあげる必要があります。歯医者さんによっては、インプラントを埋入した周囲の歯のブラッシングは2週間程度控えるように指示する人もいるほどです。これは、歯ブラシが治療した患部にダメージを与えることで、治りが遅くなったり、出血してしまうことを避けるためです。歯ブラシで患部をゴシゴシ磨いて傷口が広がってしまうばかりか、歯ブラシに付着した細菌が患部から侵入して感染症を起こすこともありますので、歯ブラシは患部から近い歯も含めて、ブラッシングを控えるようにしましょう。とはいえ、歯ブラシをしなければ不快感も残り、嫌なものです。そういった場合には、歯磨きの代わりに洗口剤を使って、インプラント周囲の歯垢を落とすようにしましょう。また、治療後は歯科医院に消毒を受けに行くことがありますので、その際に汚れを落としてもらうようにするのもよいでしょう。治療から2週間後も固い歯ブラシでゴシゴシ磨くのではなく、なるべく毛先が柔らかいもので最初は優しく磨いていくようにしましょう。傷の治り具合によって、歯ブラシの硬さも徐々に調整していくことが大切です。

インプラント治療後、仕事はいつ頃から復帰できる?

なかなか仕事が休めないという人もいるかもしれませんが、最低でも治療の翌日はお休みをとってください。歯の治療とはいえ、インプラントは外科手術を伴うため、体力は想像以上に奪われていることがあります。また、疲労やストレスは治療後の回復にとってとてもマイナスなものです。体は元気であっても、極力負担をかけないような生活を送ることが大切です。治療する歯医者さんとも相談して、いつごろから仕事復帰できるかを検討しましょう。