歯石が付着しやすい人とそうでない人の生活習慣の違い

2017年03月6日 (月)
毎日の歯磨き、結構時間をかけてしっかりと行っているはずなのに、歯科検診の際、歯医者さんに「結構歯石溜まっていますね、きれいにしましょう」と言われたことはありませんか?どうして毎日きちんと歯を磨いているのに歯石は着いてしまうのでしょうか。実は、歯石問題は生活習慣に関係するといわれていて、歯石がつきやすい人とそうでない人がいるんです。

歯石ってどうしてつくの?

歯石ってどうしてつくの?

そもそも、歯石はどういった仕組みで歯に付着するのかご存じですか?歯石は、歯磨きの際に磨き残してしまうなどして口の中に残ってしまった歯垢が、唾液に含まれるミネラル成分と結びつくことで再石灰化し固まることでできます。つまりは、歯磨きをしても磨き足りずに除去できなかった歯垢がそのままになっていると、お口の中の唾液に作用されて固まり歯垢になってしまうというわけです。また、唾液の分泌が多いほど、歯垢が歯石になる可能性が高いということにもなります。いきなりかたまりができるわけではなく、歯垢が再石灰化してどんどんこびりついていくことで歯垢が増えていくのです。

歯石がつきやすい人、つきにくい人

体質や生活習慣などで、歯垢つきやすい人とつきにくい人はたしかに分かれます。まず、体質面で比べてみると、歯垢がつきやすい人は

● 唾液の量が多い
● 唾液がよりアルカリ性に近い
● 唾液の質がサラサラとしている

という特徴があります。歯垢の再石灰化をうながす唾液に含まれるミネラル成分は、アルカリ性に近い唾液の方がより多く含まれるので、唾液がアルカリ性に近ければ近いほど歯垢が再石灰化しやすい環境であるといえます。また、ねばねばとしている唾液よりもさらさらと粘着力の弱い唾液の方が、歯垢が再石灰化しやすいともいわれています。一方で、アルカリ性により近い唾液は、口内の細菌が繁殖しやすい酸をアルカリ性で中和したり、酸で溶けてしまった歯を修復する作用もあるため、アルカリ性に近い唾液を持つ人は虫歯になりにくいともいわれ、利点でもあります。

反対に、歯垢がつきにくい体質の人は唾液が酸性よりになっていることがありますが、虫歯には注意した方がよいでしょう。
体質面で比べてきましたが、次に生活習慣面で考えていきましょう。こんな生活習慣がある方は、歯垢がつきやすい方といえます。

● 甘いものをよく食べる
● 柔らかい食べ物ばかり食べている
● ずっと何かを口にしていたり、間食が多い
● 3食後歯を磨くが、特に意識せずさっと磨いている

あてはまるものはありませんか?これらはすべて、歯垢がつきやすくなる生活習慣です。甘いものは糖分がとても多く含まれています。糖分は、お口の中の細菌たちの栄養となります。甘いものばかり食べていると、それだけで口内細菌を元気にしてどんどん繁殖させてしまいます。また、柔らかい食べ物は粘り気があることが多いので、歯や歯ぐきのすき間などにぴったりとくっついてしまうことが多いです。歯ブラシで磨きにくい部分についてしまうと、なかなか取り除くことが難しくなります。さらに、ずっと何かを口にしていたり間食が多いと、常に食べものが口の中にあることになり、こちらも口内細菌の繁殖や歯垢を増やす原因になります。唾液も出ますから、歯垢が再石灰化しやすい環境にもなります。そしてなにより盲点であるのが、歯磨きの仕方です。毎食後歯を磨いていても、1本1本丁寧に磨けていなければ意味がありません。また、毎回同じ部分を磨いていては、磨けていない部分に歯垢がたまりそれが再石灰化して歯石となってしまいます。歯磨きは回数が多ければよいというものではなく、どれだけ磨き残しをなくすかが大切です。3回以上磨いていても歯石がたまるということであれば、たった1回でも時間をかけて丁寧に1本1本を磨き、歯に歯ブラシを当てる角度や方向も変えて磨き残しのないよう注意深く磨く方が、歯石対策には効果的です。

歯石をつきにくくするには、歯垢の除去が大切

歯石をつきにくくするには、歯垢の除去が大切

先ほどからご説明しているように、歯石は歯垢が唾液に含まれるミネラル成分と結びついて再石灰化し固まったものです。ですから、歯石を少なくしようと思うならば、その元である歯垢を除去しなければいけません。もっと言えば、歯垢がたまらないようにしっかりと歯磨きやデンタルフロスをつかうなどしてケアしなければいけないのです。歯磨きはもっとも基本的なデンタルケアの方法ですが、その仕方が正しくなかったりきちんと磨けていなければ効果がありません。ご自身の磨き方が正しいかどうか不安な方は、歯医者さんで歯磨き指導をしていますから、まずは正しい歯磨き方法を習得しましょう。また、歯磨きだけであった日々のケアにデンタルフロスやデンタルリンスなどのケア用品をプラスして、総合的に歯の健康を保っていくこともおすすめです。ただ、それでも歯石はついてしまうものではあるので、定期歯科検診でしっかりと除去することもお忘れなく。