頭痛の原因は歯の噛み合わせにあるかもしれない…

2016年12月26日 (月)
一見関係がないと思われる頭痛と歯の噛み合わせ。その頭痛、もしかすると噛み合わせが原因かもしれません。

噛み合わせとは

ヒトは下の顎を上下左右に動かすことで噛む動作をおこなっています。この動作により下の顎の歯が上の顎の歯に接触した状態を?み合わせといいます。通常、?み合わせは年齢と共に歯の形が変わり、顎の筋肉の衰えや顎の関節部分が変化することで自然と変化していきます。

噛み合わせと頭痛の関連

噛み合わせと頭痛の関連

噛む筋肉は顎と頭の骨で繋がっています。噛み合わせが悪いことによってこの筋肉が緊張し、周りの神経や血管を圧迫することで頭痛の原因となります。またストレスがかかっている状態で噛み合わせのバランスを崩すと更に身体に負担をかけてしまい、自律神経が乱れてしまいます。自律神経をがみだれると症状の1つとして頭痛が起こってしまいます。

頭痛だけではない!全身の病気に繋がる頭痛

噛み合わせが原因で起こった頭痛。まさかその頭痛が原因で起こるとは予想もつかない病気になる可能性があります。頭痛は、脳の血行が急に良くなって神経が圧迫されることにより起きます。急に血行が良くなると脳出血や脳梗塞などの原因となってしまいます。また噛み合わせが悪くなり顎のバランスが崩れると肩こりや姿勢のずれも起こります。そうすると身体はストレスを感じ頭痛を引き起こしてしまいます。

首の骨が歪み頭痛を起こしている可能性がある

首の骨が歪み頭痛を起こしている可能性がある

噛み合わせが悪くなると首の骨が歪んでいく可能性があります。気付いたら猫背で顎を前に突き出し同じ姿勢を長時間取り続けている、なんてことはありませんか?実はその行動、歯の噛み合わせが悪いのが原因で首の骨が歪み、頭痛が起こっているかもしれません。この一連の関係は歯科だけではなく、脳神経外科でも報告されています。

噛み合わせを確認しましょう

以下の方法で簡単に噛み合わせをチェックすることが出来ます。これらがすべてあてはまると自分に合った噛み合わせと考えても良いでしょう。
① 下の歯が上の歯で1/3程度隠れている。
② 前歯にある上下の真ん中の線がずれていない。
③ 顎を開けても音や違和感がない。
④ 歯ぎしりやくいしばりをしていない。
しかし自分でチェックする噛み合わせだけでは本当に自分にあう噛み合わせとは限りません。開業している歯医者さんでも噛み合わせを確認してもらうことは可能ですが、噛み合わせの治療は複雑で困難です。より精密な検査、治療を受けた場合は設備の整った永井歯科へお越しください。