綺麗な歯並びは社会的なアドバンテージを与える!インビザラインならワイヤーも入れずに歯並びを矯正

2016年09月19日 (月)

歯並びの治療方法として、インビザラインと呼ばれる方法をご存知でしょうか。歯並びを矯正するというと、金属のワイヤーを装着するといった方法をイメージする人も多いかと思います。インビザラインでは、ワイヤーを利用せずに歯科矯正を行います。インビザラインで歯の矯正をすることができれば、歯並びが改善されますので、アドバンテージとなるでしょう。今回は、インビザラインについて、初心者でも理解できるように解説していきます。

インビザラインは、ワイヤーを利用しない歯の矯正治療方法

インビザラインは、ワイヤーを利用しない歯の矯正治療方法

歯の矯正をしてみたいけれど、あのワイヤーをつけると、目立ってしまうので、矯正を行っていないという人もいるのではないでしょうか。ワイヤーを利用しないという課題解決のために開発された治療方法がインビザラインなのです。このインビザラインは、ワイヤーを利用しない代わりに、透明なマウスピースで矯正しますので、歯の矯正を行っていたとしても、周りの人からはほとんど気づかれません。ワイヤー矯正をする場合、ワイヤーは金属でできていますので、口の中に金属があることに抵抗があるかもしれません。それに比べて、金属を利用しないインビザラインは、体にとっても安全性のある方法だと言えます。

インビザラインとワイヤー歯科治療について

歯の治療を行うために、ワイヤーを利用しなければならないという状況になったとき、金属アレルギーで歯の矯正を行うことができなかったという人がいるのではないでしょうか。ワイヤー歯科治療は、歯医者の技術によって行われることになりますが、金属を利用するため、口の中をケガしてしまう可能性があり、口内炎の原因となってしまうことがありました。インビザラインは、金属を利用することなく、歯全体を矯正していくので安全で、金属アレルギーの人でも安心して歯の矯正を行うことができます。

まとめ

まとめ

今まで、歯の矯正をしてみたいと考えていたけれど、金属のワイヤーを利用する方法しか知らなかったために、矯正することをためらってしまっていた人もいるでしょう。しかし、インビザラインなら、透明なマウスピースですので、装置していることがワイヤーのように見えることがなく、周囲の人にも歯の矯正をしていることにあまり気づかないのです。また、インビザラインは、取り外すことも可能ですので、必要のないときには、横に置いておくことができます。
インビザラインを行う際は、歯の模型を作成しなければなりませんので、完成するまでに2週間は必要となることを、覚えておきましょう。