審美歯科とホワイトニングの違いって?

2016年07月25日 (月)

審美歯科とホワイトニングの違いとは一体はどのようなことでしょうか。審美歯科の診療科目のうちのひとつに、ホワイトニングはあります。ですので、ホワイトニングは審美歯科に含まれているということです。では、ホワイトニングとはどのような工程で行われるものでしょうか。

審美歯科におけるホワイトニングは2種類

審美歯科におけるホワイトニングは2種類

審美歯科におけるホワイトニングは、自宅で歯を綺麗にするホームホワイトニングと、審美歯科にいって歯を綺麗にするオフィスホワイトニングがあります。薬剤を使って歯を綺麗にすることは同じですが、基本的にオフィスホワイトニングのほうが強めの薬剤を使って歯科医師がホワイトニングしてくれますので、歯が何トーンか綺麗になります。自宅でのホームホワイトニングの場合は、マウスピースで歯の型をとって、薬剤を染み込ませて、数分から数十分おいて洗い流します。これを何度か繰り返すことによって、薬剤によって歯が綺麗になります。一方で、オフィスホワイトニングの場合は、まずは歯科医師が口のケアしてくれます。歯石などを取り除いて、ホワイトニングする下準備を行います。そして、ホームホワイトニングよりも強めの薬剤を歯科医師が管理した上で、塗布して数分おいたあと、洗い流します。これを数回繰り返します。ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングも、この一連の流れを、数日おきに行います。それによって、輝きのある美しい白い歯になっていくのです。最初の1回では効果が実感できないかもしれませんが、根気よく何度もホワイトニングを繰り返すことによって、歯が綺麗になっていきます。

審美歯科とホワイトニングの違い

審美歯科とホワイトニングの違い

審美歯科では、ホワイトニングだけをしているのではありません。矯正や歯を削ったり、歯の表面だけを白いコーティングでおおうラミネートベニアという方法もあります。保険で入れた銀歯をめだたなくしたり、噛みあわせを良くしたりなど、審美歯科の取り扱っている範囲は広いです。歯並びを気にしている場合は、矯正治療を行ってもいいですし、歯を削って綺麗に並ぶようにかぶせることもできます。歯肉が目立って嫌だという場合は、笑うと気になる歯肉の部分を削って見えないようにすることもできます。歯肉が黒ずんでいる場合は、それをケアしてピンクの歯肉に戻すことも可能です。ホワイトニングだけでなく、口元のバランスや見栄えにまつわるすべてのことが可能なのが、審美歯科の特徴です。