歯抜けの自分とはさようなら!義歯で笑顔に自信を持とう!

2016年07月4日 (月)

美人を形容する言葉として「明眸皓歯(めいぼうこうし)」というものがあります。白く輝くきれいな歯は、明るい瞳と並んで昔から美人の条件とされてきたのです。
しかし、不幸なことにさまざまな理由によって、若い人でも歯を失うことがあります。例えば、激しいスポーツをしている場合。野球界の伝説的存在である王さんや長嶋さんも、現役時代に奥歯を失くしたそうです。また、アイスホッケーの選手なども、前歯を失くすリスクが高いようです。
歯周病といった歯の疾患でも、歯を失うことがあります。歯周病というと中高年以上がかかる病気というイメージがあるかもしれませんが、ある調査によると、30代以上の日本人の約8割が歯周病にかかっているとされています。歯周病になると歯茎が腫れて出血するばかりでなく、歯茎がゆるんで歯が溶け、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯並びがコンプレックスでうまく笑顔が作れないという人は大勢います。もし歯がなかったとしたら、ますます笑顔に自信がなくなるのではないでしょうか。

歯のあるなしで認知症や転倒リスクが変わってくる!

歯のあるなしで認知症や転倒リスクが変わってくる!

歯並びは、外見だけでなく全身の症状と関係してきます。歯がなかったり、歯並びが整っていないと、ものがうまく噛めません。そうすると食べ物がうまく消化できなくなり、胃腸などの内臓に負担がかかります。また、片側だけで噛んだりしていると、顔の筋肉がゆがんで、あごの骨に異常をきたします。その結果、片頭痛や肩こりといった症状に悩まされることがあります。
また、健康な歯を維持することは、健康で長生きすることにもつながることがわかっています。
ある地域の65歳以上の住民を対象に3~4年間追跡した研究の結果では、歯が多く残っている人、または、たとえ歯が少なくても義歯等を入れている人は、歯が少ない人や義歯を入れていない人と比較した場合、痴呆症や転倒などの健康を阻害するリスクが少ないことが
わかってます。
歯が20本以上残っている人や、たとえ歯がほとんどなくても入れ歯で噛み合わせを保っている人と歯がまったくない人とでは、認知症の発症リスクが最大で1.9倍もの差もあります。
また、義歯を使うことで高齢者の転倒リスクを半分に抑えられることもわかっています。きちんと歯がものを噛むことで、血液が脳に循環し、脳の働きを活性化すると考えられます。
こうした結果を受けて、厚生労働省と日本歯科医師会は、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動(8020運動)を展開しています。
2013年時点の日本人の平均寿命は、女性が86.61歳、男性が80.21歳となっていますが、全ての人が寿命まで健康でいられるわけではなく、2010年のデータによると、平均寿命と健康寿命との間には、女性では約13年、男性で約9年もの差があることがわかっています。長生きしても、寝たきりでは仕方がありません。健康で長生きするためにも歯並びを整えることが大切なのです。

歯を失ったら人工歯で補う適切な治療を

さて、ここまで歯と歯並びが健康に及ぼす影響についてお伝えしました。しかし、前述したように事故や病気で歯を失ってしまうケースは多々あります。その際は、適切な人工歯(義歯)で歯並びを補う治療をすることが大切です。
1本も歯がなくなった場合は、総義歯(総入れ歯)で歯並びを補います。これは、口の中の粘膜に沿って義歯をはめ込むタイプの入れ歯です。もし、自分の歯が一部でも残っていれば、部分入れ歯を使って補います。重度の歯周病で数年先には自分の歯が使えなくなることがあらかじめ予想できる場合などは、健康な歯を抜いてしまって総入れ歯にするという選択肢も出てきます。しかし、自分の歯が1本もないのとあるのでは、大きな違いがあります。また、患者さんの心理的にも、健康な歯が残っているのに抜歯して総入れ歯にしてしまえば、大きな負担を感じることでしょう。納得のいく最善の治療をするためにも、最近ではなるべく自分の歯を生かす治療方針で進めていく歯医者さんが多いようです。
ただ、こうした治療方針に関しては、患者さんごとの状態や希望によっても異なるので、納得いくまで歯科医と話し合うことが大切です。

歯並びが重要な芸能人やモデルに人気のインプラント

歯並びが重要な芸能人やモデルに人気のインプラント

歯並びが気になると言う場合でも、義歯で治療することは可能です。例えば、芸能人やモデルなど外見が大きく左右する職業の人たちがよく利用するのが、インプラントです。クギのようなインプラントと呼ばれる金具を骨に埋め込み、セラミックなどでできた人工歯をかぶせて歯並びを整えます。これだと、入れ歯と違って取り外しをすることなく、きれいな歯並びを半永久的にキープすることができます。

口元は顔の印象を決める重要なパーツ

初対面の相手を見る時、歯並びが気になるという人も多いのではないでしょうか。口元は、顔の印象を決める重要なパーツです。自信のある笑顔ですてきな印象をもたれるためにも、正しい歯科治療できれいな歯並びを実現しましょう。