フロスで取った歯垢が前より臭い!歯周病の可能性も疑いましょう

2018年07月9日 (月)
デンタルフロスをした後って、つい臭いをかいでしまいませんか。「ちょっとはしたないけど」と思いつつも、クンクンやってしまう人も少なくないでしょう。
しかしその習慣は、決してはしたない行為などではないのです。口の中の異常は臭いとして現れることがあり、歯科医も患者の口臭を計測することがあるくらいです。
口臭の強さで体調が推測できることもあります。
フロスで取った歯垢が悪臭をはなっていたら歯周病かもしれないので、歯科クリニックにかかりましょう。

口の臭いで体調判断?

口の臭いで体調判断?

口臭は健康に関する情報の宝庫です。口臭には一時的な口臭、生理的口臭、病気の可能性がある口臭の3種類があります。
一時的な口臭はタバコを吸ったりニンニク料理を食べたりしたときのものなので、健康とは関係ありません。
生理的な口臭は、朝起きた直後や緊張したときに口臭が強くなる現象です。生理的な口臭は、体調がすぐれないサインであり、ストレスが大きくなっていることを測るバロメーターでもあります。
病気の可能性がある口臭が最も深刻で、原因はこれだけあります。
●口の病気:歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔(ぜったい、舌の表面の汚れ)
●鼻の病気:蓄膿症(副鼻腔炎)、咽頭炎、膿が溜まっている状態
●内臓の病気:糖尿病、胃病、肝臓病、腎臓病、腸の不具合

なぜ歯周病が悪臭を発生させるのか

口臭の原因として、ここでは歯周病にフォーカスを当てます。
歯周病が悪臭を出すのは、歯周病菌が歯や骨を溶かすときに毒素を発生するからです。その毒素の臭いは「卵が腐ったよう」と言われることがあります。
歯周病には「歯磨きをすると必ず血が出る」「歯が浮いたような感覚がある」といった症状もありますので、これらの症状と口臭の悪化が起きたら、迷わず歯科医に相談しましょう。

フロスが「こそぎ取った」歯垢の意味

フロスが「こそぎ取った」歯垢の意味

歯周病による口臭について考えるとき、使った後のフロスの臭いにも注意する必要があります。
歯周病は、歯周病菌が歯と歯肉の境の溝に侵入することで発生します。歯をしっかり磨かないと、歯周病菌は溝をさらに深く掘っていき、歯の奥へ奥へと進んでいきます。そうして歯を支えている骨を溶かしていくのです。

フロスは、歯と歯肉の境目にしっかり接触します。つまりフロスで歯間をゴシゴシやると、フロスに歯周病菌や毒素が付着するのです。また、歯ブラシのようにミントの香りがついた歯磨き粉を使わないので、ブロスは「歯の臭い」がしっかりわかるのです。
だから歯をきれいにした後のフロスの臭いをかぐようにすると、いち早く「歯周病の臭い」を感知できるのです。

悪臭はよくない証(あかし)

食べ物が腐ると悪臭をはなちます。人の体でも似たことがいえます。口臭が強くなったら、体のどこかに異変が生じているかもしれないのです。
歯周病が発する悪臭は、体のSOSとみなしましょう。臭いに敏感になって、歯周病の初期段階で治療に取りかかりましょう。