気になる歯並び・・・大人になってから矯正するメリットとデメリットは?

2018年06月11日 (月)
子供の頃にはあまり気にならなかった歯並び。大人になってから歯並びが気になりだして矯正治療を始めたという方も最近では増加しています。矯正治療は、大人になってからで始めても遅くはありません!今回は大人になってから始める矯正についてお話します。大人になってから始める矯正には、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

見た目の変化

見た目の変化

矯正と言えば、第一に「見た目の変化」を求めて治療を始める人がほとんどで、これは矯正治療の一番のメリットと言えるでしょう。歯並びがコンプレックで口元を隠していた方も、矯正を行うことで口元を隠すことなく自然に笑うことが出来ます。見た目の変化は、性格や考え方も変化させ、プラスに影響します。また歯並びを変えることで顔の形がバランス良くなります。

噛み合わせの変化

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなってしまいますが、矯正により噛み合わせが改善することで左右の顎でしっかりと食べ物を噛むことが出来ます。しっかり噛むことによって食べ物の消化を助け、胃や腸などの消化器官の働きを良くすることが出来ます。また噛み合わせによって頭痛や肩凝り、姿勢の改善にも繋がります。

虫歯や歯周病になりにくくなる

歯並びが悪い状態では、自分の歯磨きでは汚れが落としきれない部分が多くなります。汚れが溜まっていくと、その部分は虫歯や歯周病の原因である細菌が繁殖しやすい環境になります。歯並びを整えてあげることで、歯ぶらしが届きやすくなり虫歯や歯周病のリスクを減少させることが出来ます。それによって口腔内が清潔に保たれるため口臭も改善されます。

治療中にトラブルが起こりやすい

治療中にトラブルが起こりやすい

大人の矯正では、成長が止まり位置が定まっている歯を動かすため、子供の矯正と比べると痛みと歯を移動させる時間がかかります。また大人の矯正の場合、歯を動かそうとしてもすでにある程度歯の位置が決まっているため、効果が見られないことがあります。このような場合は、矯正の治療をやめて被せ物を使った治療に移行しなくては歯並びが改善されません。

歯周病によって矯正が出来ないケースも

矯正は複雑な装置を装着するため、お口の中が不潔になりがちなので歯周病のリスクが上がります。また子供と比べて大人の方が歯周病に罹っていることが多く、歯を移動させている最中に歯のぐらつきや歯茎の腫れが気になることがあります。そのため重度の歯周病がある方では矯正の治療を受けることが出来ない場合もあります。

大人からでも遅くありません!

大人から始める矯正には様々なメリット、デメリットがありますが、大人から矯正を始めても遅くはありませんしメリットの方が多いのです。「今から矯正を始めようかな」とお悩みの方は、是非歯医者さんへ行って相談してみてはいかがでしょうか?貴方に合う治療を見つけましょう!