高齢者も安心な口腔ケア用品が増えています!

2018年04月16日 (月)
高齢者にとって、口腔ケアというのはとても大切なものです。高齢になると身体の機能が衰えるために、自分の力で口腔環境を整えることが難しくなってしまいます。そうなれば、虫歯や歯周病になりやすく、痛みも感じにくくなるため、進行に気づかず放置してしまうこともあります。もちろん、定期的に歯医者さんで診察を受けることも必要ですが、自分で毎日のケアをしっかりと行っていくことも怠ってはいけません。そこで今回は、高齢者にも安心な口腔ケア用品をご紹介しましょう。

体の機能が衰える

体の機能が衰える

体の機能が衰えれば、唾液の分泌も減少してしまいます。唾液というものは、細菌の増殖を防ぐ作用があり、その唾液が分泌されなくなれば口の中も乾きやすくなり細菌はどんどん繁殖していきます。その結果、虫歯や歯周病になってしまうのですが、高齢者の場合、痛みに気づかず放置してしまうケースが多く見られます。虫歯になれば、噛み合わせも悪くなり、咀嚼する能力も衰え、十分に栄養を摂取できなくなってしまいます。そして、免疫力の低下や認知症の悪化というような悪影響を及ぼしてしまうのです。

口腔ケアがもたらすもの

口腔ケアを正しく行っていくことにより、そういった悪影響を避けて通ることが出来るはずです。また口腔ケアは、年齢とともに低下してしまった味覚の改善にも効果的で、いつまでも食べる楽しみを失わないでいられることから、ストレスの軽減にも大いに役立っています。

これを使ってケアしましょう!

これを使ってケアしましょう!

高齢者でも安心して使用できる口腔ケア用品をご紹介します。

■360°歯ブラシ
普通の歯ブラシですと、高齢者の方は力が入りにくくなり手に痺れを感じたりすることもあります。360°歯ブラシなら、全面にブラシの毛がついているので歯ブラシの角度を変える必要がありません。

■保湿ジェル
高齢者になると、口の中が乾きやすくなってしまいます。そのままにしておくと、口の中の細菌が増殖していまいますので、寝る前に乾燥している部分に軽く塗り、乾燥を防いでいきましょう。

■歯磨きウエットティッシュ
水を使わずに口腔ケアが出来るものです。口の中をすっきりさせたいときにお勧めでしょう。

■スポンジ歯ブラシ
歯ブラシの毛の代わりにスポンジがついているものです。歯茎を傷付けることなく優しく汚れを落とすことが可能です。

口腔ケア用品は最近ではこのようにいろいろな種類があります。定期検診の際などに歯医者さんに自分にあっているものはどれか相談してみるとよいでしょう。