オールセラミックにすると食べ物の味が変わるって本当?

2018年03月19日 (月)
オールセラミックの治療は、金属を使わないので見た目がとても綺麗に仕上がります。そのため、芸能人など人前にでる職業の人がオールセラミックの治療をしているなんて話を聞いたことがあるかもしれませんね。オールセラミックのメリットはそれだけではありません。金属を使っていないので、食べ物本来の味を楽しむことができるようになるんですよ!

オールセラミックならストレスがない!

オールセラミックならストレスがない!

歯の被せ物で使われる素材として、金属やプラスチックのものがあります。金属の場合、微量ですが口内にとけだして金属の味がしてしまったり、土台がプラスチック製の歯は熱伝導が悪くなるので、食事中に違和感がでてしまい本来の「味」を感じることができないということもあります。食事中にこのようなストレスを感じてしまうと、味覚の働きが鈍くなり、美味しく食事をすることができません。その点、オールセラミックなら、自分の歯に馴染む素材なので、食事中に違和感を感じることはほとんどなく、味覚に影響を与える心配はありません。

オールセラミックと噛み合わせ

オールセラミックは歯並びを矯正することもできます。矯正によってかみ合わせが良くなると、食べ物をよくかんで食事することができるので、唾液が十分に分泌されるようになります。唾液の分泌と味覚が大きく関係していることはご存知しょうか?味覚は、食べ物が唾液に溶けて舌にある味蕾(みらい)という小さな器官に吸収されることで感じることができます。唾液の分泌が少ないと、この味蕾に味が吸収されにくくなるので、食事本来の味を楽しむことができなくなってしまうのです。このように、かみ合わせを改善するとは、食事の質も高めることができます。

食べ物本来の味を

食べ物本来の味を

上でお話したように、オールセラミックにすることで食事本来の味を楽しむことができます。食事は毎日、そして一生関わることです。食事の時間を、美味しく楽しむことは生活を豊かにすることにもつながります。
オールセラミックで歯が綺麗になると、自分に自信が持てるようになるでしょう。人前で食事をする時間も楽しむことができるようになるので、いままでよりも美味しくいただけるようになるかもしれませんね。金属で歯の治療をしたけれど食事中に違和感を感じる場合は、歯医者さんに相談してみましょう。オールセラミックの治療は、多くの審美歯科医院でうけることができますが、自費診療になるので事前によく検討することをお勧めします。