横顔美人は歯並びで決まる!

2018年01月22日 (月)
歯並びは顔の印象を変えます。歯並びが綺麗な人の笑顔はとても気持ちいいですね。噛み合わせが悪い人は、横顔のラインにも影響をあたえてしまいます。横顔は自分であまり気にしたことがないかもしれませんが、周りの人はいつも正面から見ているわけではありませんよね。今回は美しい横顔に関係する、歯並びと横顔の関係についてお話しいたします。

横顔が美しく見えるには

横顔が美しく見えるには

横顔が美しく見えるには何が関係していると思いますか?鼻先と顎先を結んだ線を「e-ライン」と言いますが、このe-ラインが横顔を綺麗にするか否かに関係していると言われています。この2つの先頭を結んだe-ラインに唇が接触していれば歯も顎の骨の関係も良好と言えますが、線上に唇が届いていない、または超えている場合は歯並びに何かしらの問題がある可能性が高くなります。また、e-ラインが整っていない場合は、顎の骨に異常があるとも考えられます。
では、歯並びの中でもどの部分を意識した矯正治療をするのでしょうか。それは臼歯部よりも前の歯です。小臼歯と呼ばれる小さな歯から前歯にかけて不調和が見られると歯並びは悪く見えます。横から見てもその部分に不調和があると唇が前に出ている印象や、顎が前に出ている印象を受けやすくなります。

唇を出す、凹ませる

前歯が出ていれば唇も前に出てしまいます。前歯が凹んでいれば唇も凹みます。e-ラインよりも前後どちらに出ているかを歯医者が診断して歯科矯正を行えば適切な歯の移動ができます。唇の前後関係については、上下の前歯が関係しています。歯の生えるスペースが足らない場合は小臼歯を数本抜いて歯を並べ直します。抜歯してから歯を並べ直すので治療期間は多少長くなります。歯の並ぶスペースがしっかりと確保されるので、治療効果が高いと言い換えることもできます。

横顔を整える方法

横顔を整える方法

前述でも紹介しましたが、歯が前後に出ていればそれを矯正治療で整えることによって唇の前後関係が改善されるので、横顔が整います。歯の生え方や顎の形が原因で横顔のバランスが整っていない時は、顎へ外科手術をする必要もあります。顎のバランスが悪いと咬合関係も悪いことが多いのです。歯並びを矯正するときは、しっかりした咬合を目指しています。矯正治療をして噛み合わせが悪くなることはありません。咬合のバランスが整っていれば、必然的に横顔も整います。横顔のバランスが良くなれば…横顔美人になれますね!