スタッフブログ

ビジネスコーチング基礎講座受講

2017年04月25日 (火)

事務長の田中です。今日は東京までビジネスコーチングの研修会に行ってきました。私たちの業務は日常、指示命令が圧倒的に多いのですが、少し込み入った問題や長期的な課題を解決するには、個々の自発的な行動変革が必要です。そんな場面ではコーチングが威力を発揮します。

 

コーチは本人が努力するのを手助けするもので、答えを出すのはあくまで本人。主に傾聴と質問によって本人自身が答えを見つけていきます。

コーチングはテーマ設定、現状把握、ゴール設定、課題抽出、解決策、行動計画、進捗フォローの7ステップを行き来しながら進みます。今日はロールプレイングを交え、普段の自分の癖を指摘してもらう貴重な機会を得ました。

この講座はビジネス向けとはいえ、傾聴と質問で、クライアント自身が答えを見つけ行動変容していくという姿は、医療面接とも通じるもので、慢性疾患と共存するタイプのクライアントにはたいへん有効だと感じました。

院内の人財育成のみならず、診療の場面でもコーチングを取り入れていきたいと思います。